Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

小路幸也『HEARTBLUE(ハートブルー)』[2007年12月]


もう一度きちんと
活躍させてやりたい。
予想外の反響から生まれた、
再会のその後の物語。

07年11月刊
『HEARTBLUE(ハートブルー)』
小路幸也


 のっけから、すいません、と謝りますが、ここの話は『HEARTBLUE(ハートブルー)』の前作である拙作『HEARTBEAT(ハートビート)』を読んでいただいている、という前提で話を進めさせていただきます。あとがきなんてものを書くのは本当に初めてでして、じゃあいろいろといいわけさせてもらおうかな、なんて考えたのですがそれもまぁ男らしくない。ならば、もう少し続けさせてもらう予定のこの『HEARTシリーズ』(今考えた)がどういうふうに出来上がったのかを解説させてもらえばいいかなと。

 委員長と巡矢。

 この二人の物語を考えたのは、実はもう十年ぐらい前です。もう記憶がおぼろげになっているんだけどたぶんそれぐらい。まだデビュー前、某新人賞への投稿を続けていた時期に〈十年後に再会の約束をする高校生〉という前作『HEARTBEAT』のベースそのままのネタで書こうと思いつき、筆を進めました。

 完成した物語は、この二人にヤオが絡む、〈過ぎ去った青春のホロ苦いけれどもさわやかなラブストーリー〉でした。委員長である原之井は●●ではないし、巡矢は世界で活躍するCGデザイナーではないし、ヤオは●●されてなんかいない(すいません、一応未読の読者のためにそこだけは伏せ字で)。

 前述の某新人賞。既にそこの最終候補の常連になっていた私は編集者さんとも馴染みになっていて、事前に読んでいただきました。結論としてはもう少し練り直した方がはるかにおもしろくなるだろうということでお蔵入りに。

 その後デビューして、東京創元社さんからお話をいただいたときに、彼らのことを思い出しました。

 委員長と巡矢を、もう一度きちんと活躍させてやりたい。

 再度プロットを練り直して担当になっていただいたK島さんのオッケーもいただき、完成したのが前作『HEARTBEAT』でした。

 まぁほとんど話題になることもなかったんですけど、読んでいただいた方の中で何故か〈巡矢〉に人気が集中してしまったんですね。これはまったく予想外でした。

 次作も〈委員長〉が主人公で〈巡矢〉はサブで行こうと思っていたのだけど、なるほど〈巡矢〉を中心に据えるという手もあるか。そう考えると、その方が素直にさらにその次へと話が繋がるな、というわけで、生まれてきたのが〈巡矢〉を主役に据えた新作の『HEARTBLUE』です。

 何せ●●が元の大ネタになってしまっている物語ですので、その部分をどう処理するかで何度かやりとりしました。少し情緒的かつ前作の後日談的な部分に走りがちだった僕のプロットを、K島さんからの提案でよりシンプルな方向にしようということになり、互いに苦い思いを抱いた警察官と巡矢が二人で事件を追うという物語に整理されました。

 実は『HEARTBEAT』のラストのページで、新たな事件を示唆する電話が掛かってきていて、それがシリーズ第二作になる予定だったんですけど、そこへのブリッジとしてこの『HEARTBLUE』が生まれたというわけです。なので、『HEARTBEAT』のラストページを読んで、この事件が次回の物語に違いない! と思われた方すいません。あの事件は、さらに次回で展開しようと思っています。あくまでも予定ですけど。


(2007年12月)

小路幸也(しょうじ・ゆきや)
1961年北海道生まれ。2003年、『空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction』で第29回メフィスト賞を受賞しデビュー。06年、『東京バンドワゴン』で一躍注目を集める。少年たちを主人公にしたノスタルジックな味わいのファンタジー、あるいは青年たちを活写した青春小説の書き手として活躍中。著作は他に『HEARTBEAT(ハートビート)』『東京公園』『シー・ラブズ・ユー』『カレンダーボーイ』など。

岸田るり子『ランボー・クラブ』[2007年12月]


この作品は、
どうしても埋もれさせたく
なかったのです。
アルチュール・ランボーの詩「母音」の
強烈なインパクトから生まれた、
鮎川哲也賞受賞作家、
渾身の本格ミステリ。

07年11月刊
『ランボー・クラブ』
岸田るり子


  このコーナーには以前、第22回配本の『出口のない部屋』で書かせていただいたことがあります。前回の作品は一つの部屋に閉じこめられた三人の男女の謎に迫る、という閉塞的な設定でしたが、本書は、色に関わる謎が核となっていて、アルチュール・ランボーの「母音」という詩が連続殺人事件の予告に絡んでくるミステリです。
 実は、この作品はある賞の候補に残った作品を改稿したものです。ですから、デビュー作である『密室の鎮魂歌(レクイエム)』、二作目の『出口のない部屋』より先に書いたものです。
 この作品には非常に愛着があったので、どうしても埋もれさせたくない、という思いから、大幅に改稿し、東京創元社より出版していただく運びとなりました。
 今年は12月に理論社のミステリYA!より『過去からの手紙』が刊行されるなど、二か月連続して新刊が出るため、矢継ぎ早に作品を生み出していると誤解されがちですが、決してそういうわけではありません。

「母音」という詩は、その昔、初めて読んだ時、アルファベットを色に置き換えるという斬新な発想と言葉の選び方に強烈な印象を受け、そのまま私の心に刻み込まれていました。
 プロットをあれこれ考えているうちに、ランボーのこのインパクトある発想をミステリとして利用してみたい、そんな気持に駆り立てられました。
 いったん作品の中に取り入れてみると、物語を作っていく段階でいろいろなことが自然と符号していきました。
 はじめは原本と翻訳本を読み比べながら、言葉を選んでいましたから、宇佐見斉訳や自分が直訳した文などがまぜこぜになっていましたが、今回改稿するに当たって宇佐見訳を使わせていただくことにしました。

 私は、思春期から両親の都合上渡仏し、フランスで教育を受けながら、その国での将来は期待できない、いわば異邦人として過ごしました。
 また、帰国してからは、異国の教育を受けたことで自分では自覚しないまま、メンタル面で周りと齟齬が生じてどうしてもうまくいかない、加えて、そういう人間にある種のレッテルを貼りたがる日本社会、そういった諸々の因子が重なって、この国特有の和を大切にする人間関係にとけ込むことができませんでした(と、あれこれ自分なりの理由をつけていますが、もしかしたら元から協調性のない性格だったのかもしれません)。
 そんな自分の境遇のためか、私はマイノリティーの人間に惹かれるところがあるのかもしれません。
 この作品では、他の人と色の認識が異なる、いわゆる色覚障害の少年を登場させています。これにはモデルとなる知人がいて、その人の視点を参考にさせていただきました。
 他人と異なる、ということは、周りと気持ちを共有しにくい孤独な環境におかれるため、自分のアイデンティティーそのものに疑問を抱いてしまいます。
 主人公の少年は、色覚障害であることを含めて、自分に関わる不可解な謎を掘り起こしていくうちに、家族からも追いつめられ、逃げ場を失っていきます。
 一方、女探偵は体育会系で体力に自信はあるが、掃除は苦手。事務員の加代と部下の健一に常日頃からがさつと皮肉られています。
 少年の絶望的な境遇を一方のパートで描いていますので、女探偵のパートのほうを、多少の息抜きの意味をこめて、コメディタッチにしてみました。

 舞台は今回も京都。家から徒歩一、二分のところにある「妙心寺」という禅宗のお寺も登場します。
 JRの駅まで行くのに約500メートルほどある北門から南門への参道の通り抜けを常日頃していますから、子供の頃からなじみのあるお寺です。しかし、いざ、小説の舞台として登場させてみると、何気なく通り過ぎていた寺院のそこかしこに新しい発見があり、私の中で更に縁深い場所となりました。

 ランボーの詩というだけで、面倒だと思わないでください! 謎解きの展開を大いに楽しんでいただければ幸いです。


(2007年12月)

岸田るり子(きしだ・るりこ)
1961年京都市生まれ。魚座。パリ第七大学理学部卒業。2004年に『密室の鎮魂歌(レクイエム)』で第14回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。著作は他に『出口のない部屋』、『天使の眠り』、『ランボー・クラブ』、訳書に『細菌と戦うパストゥール』(共訳)がある。最新刊は『過去からの手紙』。

門井慶喜『人形の部屋』[2007年12月]


私たちの「文化」への態度を、
私はなるべく茫漠としたまま、
輪郭のはっきりしないままに
考えたいと
かねがね思ってきました。
『天才たちの値段』で
鮮烈な印象を与えた新鋭が贈る、
あたたかなタッチで描かれた愉しい連作。

07年10月刊
『人形の部屋』
門井慶喜


 単著としては二冊目の単行本になります。

 何しろ前作『天才たちの値段』(文藝春秋刊)ではずいぶん大きな名前を連ねました。たとえば、

ボッティチェッリ
大航海時代の海図
フェルメール
正倉院御物
 我ながら、まことに豪勢この上ない。ところで今回の『人形の部屋』を書くに際しては、はじめから正反対の方向を目ざしました。無名というか無銘というか、より私たちの日常生活に密着した文化財とつきあおうとしたのです。否、それどころか、あんまり生活に密着しすぎて、もはや文化財とは呼べなくなっているような材料をも。すなわち、

フランス人形
万年筆
花ことば
お子様ランチ
 など。

 ただし、これは私――作者――が気分転換を欲したせいではありません。ましてや、いわゆる「新たな読者を掘り起こす」ことを狙いとしたわけでもない。そういう意図もまあ皆無ではないけれど、結局、いちばん大きな理由は、私がそもそも人間の文化というやつを上記の両極端のうちに存在すると考えている、というところにありました。

 私たちは美術館へ行く。そこでは世界の名だたる名作とじつにあっさり対峙することができます。私たちは家へ帰る。帰れば戸棚には旅行のおみやげのひとつも置いてあるでしょう。ところが私たちが、そのどちらに対しても、

「きれい」
 とか、
「いいね」
 とかいう言葉を発するのは、よく考えると不思議なことでした。モネの風景画と、九谷焼の花瓶とが等しく「きれい」であるはずがない。からです。両者は質的にまったく別のものであり、同列に評価するのは無理があるからです。しかしともかく私たちの口はそう言葉に出すのだし、出して疑うことを知りません。

 これは趣味の分裂にほかならない、不統一にほかならないと決めつけると悪いことのようですけれど、どうでしょう、あるいは趣味の幅がうんと広いと積極的に評価すべきと言うこともできます。どちらを採るかは人それぞれでしょう。どちらにしても、二十一世紀に生きる私たちの「文化」に対する態度がおよそこういう茫漠たる、輪郭のはっきりしないものであることは、誰もが認めざるを得ないのではないでしょうか。

 そういう私たちの「文化」への態度を、私はなるべく茫漠としたまま、輪郭のはっきりしないままに考えたいとかねがね思ってきました。というか、その一部分をむりやり明確にして「これが文化だ」と決めつけることは避けたかった。世界はわざわざ狭くするには及ばないからです。
 となれば、その最善の方法、かどうかはともかく、少なくとも最も端的な方法は、二冊の本にそれぞれの極端を担当させ、それによって両者の中間を予感することにほかなりません。そういう仕事を、いわば小説家としての出航時におこなうを得たことに、私はとても満足しています。

 本作の主人公、八駒敬典とつばめの父娘は、お料理を作ったり、パソコンを見たり、本を読んだり、言い争ったり、泣いたり、笑ったり、……いろいろしながら、こういう点ではまさしく二十一世紀の日本人の典型でありました。しかしまあ、そんな小難しいことは抜きにしても、彼らとの血のかよった人間どうしのつきあいから、私はさまざまなことを学んだ気がします。もしも私が小説の女神に感謝を捧げるとしたら、それは、彼らと出会わせてくれたことに対して以外ではあり得ません。

 書き終えたいまは、ただただ八駒家の加餐を願うばかり。


(2007年12月)

門井慶喜(かどい・よしのぶ)
1971年群馬県生まれ。同志社大学文学部卒。2003年、短編「キッドナッパーズ」で第42回オール読物推理小説新人賞を受賞してデビュー。06年に刊行した『天才たちの値段』は、美術ミステリとしての濃厚な面白さと新人離れした完成度で話題となった。豊富な知識を縦糸に、物語を横糸にして巧みに独自のミステリを織り上げる気鋭。

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり