Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

小林泰三『モザイク事件帳』[2008年3月]


今回の依頼を受けて改めて
ミステリとはなんぞやと考えることになった。

精密な論理が、そこはかとない黒い笑いを
構築する待望のミステリ連作集。 (08年2月刊『モザイク事件帳』)

小林泰三 yasumi KOBAYASHI

 

 初の連作ミステリ短編集である。実のところ連作短編集は過去にも出したことがあるのだが、ミステリの連作短編集は初めてである。そもそもミステリのみの短編集もたぶん初めてじゃないかと思う。
 今回の依頼を受けて改めてミステリとはなんぞやと考えることになった。ミステリの定義は古今東西、老若男女、大勢の方々が試みられているので、いまさらわたしがどうこう言う資格も能力もないのだが、とりあえずミステリを書かなくてはならないのだから、自分なりの定義がどうしても必要になるのでご勘弁いただきたい。
 注意しなければならないのが、ミステリというのはエンターテイメントの中でも特に活気がある分野なので、とりあえず「ミステリ」と銘打っておこうとする動きがあることである。「サイエンスミステリ」とか「歴史ミステリ」とか「恋愛ミステリ」とか「ホラーミステリ」とか「幻想ミステリ」と言われているものが本当にジャンルミックス的な作品なのかというと、ほとんどはそんなことはなく単に「SF」だったり、「歴史小説」だったり、「恋愛小説」だったり、「ホラー小説」だったり、「幻想小説」だったり、「ミステリ」だったりするのである。
「謎の解明があればミステリでいいのではないか」という意見もあるだろう。しかし、そもそも「謎」の要素をいっさい含まないエンターテイメントは極めて考えにくい。もしなんの謎もないのなら、所謂「ネタバレ禁止」などという配慮はいっさい不要になるだろう。また謎解き以外のすべての要素を排除したミステリというのもまた考えにくい。それは小説ではなく、パズルに近いものになってしまう。仮に書けたとしてもそれがミステリの本流にはなりえないだろう。
「だったら、エンターテイメントは全部ミステリでいいんじゃないか?」
 まあ、それでもいいんだが、「ミステリを書いてくれ」と言われて、普通の恋愛小説や歴史小説を書いて渡したら、喧嘩を売っていると思われかねない。ここは現実的な大方の読者が同意できる定義にしておく必要があるのである。

 ミステリとは、探偵(役)が殺人事件の解明を行う物語である。

 これはかなり狭めの定義だと思うが、殆どの有名なミステリは網羅できるだろう。ただし、怪盗ものなどが定義からはずれてしまうため、もう少し広めの定義も考えてみた。

 ミステリとは、探偵(役)が謎の解明を行う物語である。

 つまり、冒険が主でその過程で謎の提示と解明があるようなものはミステリには含めないということである。ミステリは、あくまで謎解きが主テーマであって欲しい。
 という訳で、今回の短編集の各作品には必ず探偵(役)が登場し、謎解きに挑んでいる。以前からの小林作品読者にも、ミステリ読者にも楽しめるものになったと思うので、書店で見つけた時に手にとっていただければ幸いである。

(2008年3月)

小林泰三(こばやし・やすみ)
1962年、京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、デビュー。98年「海を見る人」が第 10回SFマガジン読者賞国内部門を受賞し、同短編を表題作とした2002年刊行の短編集では、第22回日本SF大賞候補作となった『ΑΩ(アルファ・オメガ)』に続き、第23回日本SF大賞候補作となる。ホラー、ハードSF、ミステリなど、幅広いジャンルで創作活動を展開している。著書に『密室・殺人』『肉食屋敷』『目を擦る女』『脳髄工場』などがある。

夢枕獏『遙かなる巨神』まえがき[2008年3月]


二〇代の夢枕獏が、ここにいる。
圧倒的な筆力で描かれた最初期幻想SF傑作集
(08年3月刊『遙かなる巨神』創元SF文庫版まえがき[全文])

夢枕 獏 baku YUMEMAKURA

 

 ぼくの最初期の短編集である。
 この中に収められている話の多くは、二〇代に書かれたものだ。
 商業誌デビュー作となった「遙かなる巨神」(発表時は「巨人伝」であった)、「カエルの死」もこの中に入っている。
 デビューが二十六、七歳。
 今年(二〇〇八年)ぼくは五十七歳になった。
 今は、デビューまでよりも、デビューしてからの方が、長く生きてしまっている。
 なんとも不思議なことだ。
 たぶん、デビュー直後には、『魔獣狩り』を書き出していたと思う。その『魔獣狩り』は、今も書き続けられていて、おそろしいことにまだ、完結していない。
 二〇代の夢枕獏が、ここにいる。二〇代の頃は、まさか、自分が、こうやって五十七歳になって、このような本の“まえがき”を書くことになるとは考えてもいなかった。
 この本の中で“タイポグラフィクション”とページタイトルが入っているものがあるが、これは、もともとは“タイポグラフィック・ストーリー”と呼ばれていたものだ。
 タイポグラフィクションは、後になってぼくが命名したものである。
 活字で遊ぶこういった手法は、以前からあって、長い作品の一部としてやられてはいたものの、ここまで確信犯として作品化したのは、たぶんぼくが最初だと思う。
 このやり方は、CMなどで何度もパクられており、中にはほとんどぼくの作品そのものといっていいようなものさえあったが、くやしいというよりは、パクられて嬉しいという気分の方が大きかったような気がする。
 いやいや、なつかしい。

二〇〇八年二月二十二日                     
九十九乱蔵「黄石公の犬」を脱稿した夜、小田原にて――
夢枕 獏
(2008年3月)

夢枕獏(ゆめまくら・ばく)
1951年神奈川県小田原市生まれ。東海大学文学部卒。1977年、〈奇想天外〉誌に「カエルの死」が掲載されデビュー。1989年の『上弦の月を喰べる獅子』で第10回日本SF大賞、第21回星雲賞を、1997年の『神々の山嶺』で第11回柴田錬三郎賞を受賞。他の作品に〈キマイラ・吼〉〈サイコダイバー〉〈陰陽師〉等のシリーズ、『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』など。『遙かなる巨神』は、最初期の幻想SF作品の精華を集成した傑作集である。

太田忠司『奇談蒐集家』[2008年2月]


一ミステリ作家として一歩を踏み出すときにも、
乱歩と同じことをしたいと願った。
幻想の現実化=現実の幻想化。

夜ごと“魔法のお店”で繰り広げられる、安楽椅子探偵奇談。
(08年1月刊『奇談蒐集家』)

太田忠司 tadashi OHTA

 

 江戸川乱歩の初期短編のいくつか――『二銭銅貨』『赤い部屋』『人間椅子』など――には、同じような苦い読後感がある。
 冒頭から尋常ならざる雰囲気で物語が語られ、読者をその異様な世界へと誘う。物語は次第に怪異で奇抜な様相を呈し、遂には驚愕すべきクライマックスを迎える。
 しかし次の瞬間、思っても見なかったどんでん返しが読者を待っている。それまで語られてきた不可思議な物語は一瞬にして現実の出来事へと還元させられ、『赤い部屋』のラストの一文を借りるなら「どこの隅を探してみても、もはや、夢も幻も、影さえとどめていないのであった」という状態に置かれることとなる。
 本格ミステリとはこの世ならぬ出来事を論理の力によってこの世の出来事に落とし込む小説形式である、とも言える。ならば乱歩のこの趣向は本格として「あり」なのだろう。だが乱歩独特の語り口による異様な世界に浸っていた読者にとっては、いきなり手品のネタを明かされたような、お化け屋敷に百ワットの照明を灯されたような、そんな興醒め感を覚えさせるものでもある。
 本格ミステリの読者であると同時に怪奇幻想小説の愛読者でもあった僕にとっても、その遣り口は実際のところ、苦いものだった。そのままあっちの世界にいさせてくれてもいいじゃないか、と初読のときは思ったのだ。
 なぜ乱歩が作品の終わりをこのような形にしてしまったのか。まだミステリの世界に入ったばかりだった十代の僕は、ずっとそのことを疑問に思っていた。日本に本格探偵小説を根付かせるため、あえて幻想が理知に敗北する物語を書いたのか、それとも読者をただ煙に巻きたかっただけなのか。
 しかし「現し世は夢、夜の夢ことまこと」と言い切った乱歩が、『押絵と旅する男』という至高の幻想小説を作り上げた乱歩が、そんなことをするだろうか。
 その疑問に自分なりの解答を得たのは、作品を何度も読み直した後のことだった。
 乱歩は二銭銅貨に隠された暗号を、椅子の中に潜む男を、偶然を利用して次々と殺人を重ねていく男を、すべてありふれた現実の世界に引きずり込んでしまった。しかしそれを逆の方向から見れば、幻想の世界が現実の世界と直結させられたということでもあるのだ。
 つまり、乱歩は幻想と現実の統一を試みたのだ。もっと言うなら、現実の中に幻想を忍び込ませ、現実の破壊を目論んだのだ。
 これを牽強付会の論と言われても、反論はしない。しかしその当時の僕は、これこそが真実だと思った。そして乱歩こそが幻影の城主である理由、他の誰でもない存在である理由を知った、と思った。
 以来、一乱歩読者としての僕は、一ミステリ作家として一歩を踏み出すときにも、同じことをしたいと願った。
 幻想の現実化=現実の幻想化。

 『奇談蒐集家』は、その想いが結実したものだ。
 毎回、語り手が持ち込む奇談は、ひとりの人物によって現実へと解体され、無残な姿を晒すこととなる。
 そこだけ取り出せば、奇談とはミステリを成立させるための道具立てでしかない。
 しかし僕の思惑は、抱え込んでいた奇談を白茶けた現実へと変えられてしまった人々の心の中に生まれた空虚、その暗黒の中にある。
 書き下ろした最終話において、暗黒を抱え込まされた人々のその後について触れた。彼らの変化は自らの中にあらたな幻想を抱え込んだ姿でもある。頼りなくも強固な現実を生きながら、彼らの中には新たな幻想、あらたな奇談の胚芽が宿っているのだ。
 そして奇談蒐集家と、その助手――奇談を現実へと解体し続けてきた彼らも、最後には自らが奇談となる。いや、彼らはそもそも現実ではなく、奇談の中にこそ居場所を見つけるべき存在だったのだ。
 僕の希望としては本作の読後、乱歩の諸作品を読んだときと同じように「別にこんな終わりかたにしなくてもいいのになあ」と感じてもらえれば、ある意味成功だったりする。この作品では読後の苦さをこそ味わってもらいたいのだ。

(2008年2月)

太田忠司(おおた・ただし)
1959年愛知県生まれ。名古屋工業大学卒業。81年、「帰郷」が「星新一ショートショート・コンテスト」で優秀作に選ばれる。『僕の殺人』に始まる〈殺人三部作〉などで新本格の旗手として活躍。2004年発表の『黄金蝶ひとり』で第21回うつのみやこども賞受賞。〈狩野俊介〉〈霞田兄妹〉〈探偵・藤森涼子〉〈新宿少年探偵団〉など多くのシリーズ作品ほか、『ミステリなふたり』『月読』『甘栗と金貨とエルム』『五つの鍵の物語』など著作多数。

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり