Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

共働きでも無理なく子育てできる社会って? 久山葉子『スウェーデンの保育園に待機児童はいない』ここだけのあとがき


ここだけのあとがき


「なぜスウェーデンに住むことになったんですか?」
 スウェーデンでも日本でも、人と知り合うたびにそう訊かれる。無理もない。スウェーデンに住む日本人は普通、仕事で赴任してきているかスウェーデン人と結婚しているかのどちらか。家族全員日本人なのに何食わぬ顔でスウェーデンの地方都市の一軒家に暮らすわたしたちは、確かに摩訶不思議な存在だ。
 わたしたちがスウェーデンに住むことになったいきさつは、本書の冒頭に詳しく書いたのだが、一言で言ってしまうと「もっと親子で過ごす時間がほしかったから」という点に尽きる。移住を決めたのは、子供が1歳2ヶ月で保育園に入って間もなくのことだった。わたしも仕事に復帰し、家族三人毎日慌ただしく暮らしていた頃だ。
 海外に住もうと言い出したのは夫だった。わたし自身は海外なんてかえって大変そうだし、ちっとも気乗りがしなかった。それに日本での仕事を辞めて、無職の状態でスウェーデンに渡らなければならない。向こうで仕事が見つかるかどうかも心配だった。
 つまりわたしはかなり嫌々スウェーデンに移住したのだった。しかし9年間住んでこの国の働きやすさや子育てのしやすさに慣れた今、この国以外にはもう住めないだろうと感じている。日本では大学を卒業して以来ずっとサラリーマンとして働いてきたが、スウェーデンに移住してからは翻訳を中心に、フリーランスで好きな仕事を自分のペースでやっている。仕事が楽しすぎて締め切り前に夜更かしを強いられても苦にならない一方で、必要なら誰に気を使うことなく平日に子供と一緒に過ごすこともできる、そんなフリーランス生活がとても気に入っている。

 しかしあのまま日本にいたら、フリーランスになる勇気を持てただろうか。夢だった翻訳者になるために、正社員の仕事を辞めていただろうか。辞めない理由はいくつもあっただろうが、そのなかでもとりわけ“子供が保育園に入れない可能性が高まる“というのが決定的な要因になっていただろう。しかしスウェーデンでは、正社員でもフリーランスでも、はたまた就職活動中でも、4カ月以内に必ず保育園に入ることができる。その制度がわたしの夢を叶えてくれた部分も大きい。
 自分はありがたいことに、こうやってスウェーデンでのびのびと好きな仕事と子育てを両立させられているが、それではわたしが移住してから日本はどうなったのだろうかと見やると、待機児童の問題や過酷な残業が原因の悲しい事件のニュースが目に飛び込んでくる。
 同時に、日本の皆さんの「日本はこのままじゃいけない。どうにか変わらなきゃ」という切実な思いも伝わってくる。しかし、具体的にどう変わればいいのか。その点が明確にならないことへの苛立ちのようなものも感じる。
 そこにわたしが「日本もスウェーデンみたいになれば?」としたり顔で言うつもりはまったくない。ただ、スウェーデンのような社会もあるのだということを、今後の日本を考える材料にしてもらえればと思ってこの本を書き始めた。社会が変わるためには、社会制度と個人の意識の両方を発展させていかなければいけない。だからこの本ではスウェーデンの社会制度がいかに素晴らしいかということよりも、スウェーデン人がどういう意識で社会を作り、暮らしているのかに焦点を当てた。
 例えばスウェーデンも日本も規定上は一日8時間労働、有給の日数もそれほど変わらない。なのにどうしてスウェーデン人はパパであろうとママであろうと5時に帰れ、夏休みを5週間も取れるのだろうか。

 なぜスウェーデンでは女性がこれほど社会進出しているのだろうか。なぜパパたちはこれほどイクメンなのだろうか。社会制度が充実しているからというだけではなく、個人レベルの意識から生まれてくる要因もある。
 その一方で、北欧礼賛本を書くつもりもなかった。日本のメディアが「北欧はこんなに進んでいます」「社会福祉がこんなにすごいです」と伝えているのをよく目にするが、実際に暮らしてみると、それはスウェーデン社会のごく一部にすぎない。かといって、どの国にもいいところと悪いところがあるし――というのともちょっとちがう。そうではなく、精神的な豊かさを手に入れるためには、手放さなければいけない物質的快楽や便利さもあるということなのだ。その現実を伝えたいと思った。
 精神的な豊かさと物質的な豊かさのどちらを選ぶのか。わたし自身も移住当初は日本の便利な生活を恋しく思ったが、その答えが自分の中ではっきりしたとき、スウェーデンに骨をうずめる覚悟が決まった。
 わたしはジャーナリストでも社会学の研究者でもない。ただ、一人の子供の親として、働く社会人として、スウェーデンに暮らした実感を伝えたくてこの本を書いた。自分と同じように子育てや仕事とのバランスに悩む日本の方々に、こんな社会や考え方もあるんだよというのを知らせたくて。

久山葉子

韓国の囲碁界が急成長した理由とは? 鄭壽鉉/洪敏和 訳『韓国の囲碁はなぜ強い』


 囲碁は、3000年ほど前に中国で生まれたとされている。日本に伝わったのは、朝鮮半島を経由して5,6世紀のことのようだ。正倉院には聖武天皇愛用の碁盤が残されているし、平安時代には『枕草子』『源氏物語』にも当時の囲碁の流行が記されていて、当時の貴族が囲碁を嗜んでいた様子が分かる。

 その後日本の囲碁は、互先置碁制から自由着手制へと変革され、飛躍的に深遠なものとなっていった。それは、第一手から自由に着点を選ぶもので、ここから布石や定石とかの概念が出現し、これまでとは様相が一変した。それは安土桃山時代と推測され、日海(初代本因坊算砂)が関わっていると言われている。算砂(さんさ)は、織田信長、豊臣秀吉そして徳川家康に仕え、江戸幕府によって最初の名人碁所となった。本因坊家は、四世道策(どうさく)、一二世丈和(じょうわ)、一四世秀和(しゅうわ)や棋聖と言われた秀策(しゅうさく)等を輩出した。

 他に井上家、安井家などがあり、切磋琢磨して囲碁は増々深化していった。しかし明治時代になり、幕府の扶持を失った囲碁界は困窮し、幾多の紆余曲折の後、1923年に日本棋院が設立された。

 昭和初期には、木谷実と呉清源によって「新布石」が試され、スピード重視の布石が提唱された。その後、旧布石と新布石の長所を結びつけた「総合布石」の時代となっていく。そんな中、本因坊秀哉(しゅうさい)が引退し(川端康成の『名人』で有名である)、その名跡を毎日新聞に譲渡し、1939年には本因坊戦が始まり、プロの碁界は選手権争奪の時代になった。新聞碁が人気を博する時代となって、現在に至っている。

 韓国では、囲碁を学ぶために趙南哲(チョ・ナムチョル)などの若者たちがやって来た。そして日本の制度に倣って、プロ棋士の制度が作られた。しかし実力では、日本の囲碁と格段の差があった。1970年代初めには、韓国と日本の交流試合で、日本は12勝1敗の成績を記録している。日本の囲碁の歴史は、謂わば世界の囲碁の歴史であるが、韓国囲碁界は日本の囲碁をその歴史も含めて、徹底的に研究した。江戸時代の棋譜なども当然研究した。

 20世紀後半から、韓国囲碁界は強くなり、1989年には曺薫鉉(チョ・フンヒョン)九段が第一回応氏杯世界大会で優勝し、その後の世界大会で韓国棋士は23連勝した。その後中国も台頭し、世界戦で勝つのは韓国か中国の棋士になり、日本囲碁界は低迷を続けている。

 本書はその原因を探るもので、日本の「唯美主義」つまり石の形と美学を重視する囲碁の伝統がその一つであるとしている。日本の囲碁には打ってはいけないとされる手があり、それが強さを阻害している。次の一手を考えつくと何の制約も感じないで打ってしまえる人と最初からその手を思いつかない人の違いといえよう。自由着手制へと移行したことと同じようなことが起こっているようだ。韓国囲碁の次の一手は、柔軟で革命的であった。

 そして最近ではアルファ碁の登場から、AIが囲碁を変えようとしている。囲碁の深化と進化は続いている。

コミック第1巻も同時刊行! 弥助に魔の手が迫る、緊迫のシリーズ第8弾 廣嶋玲子『弥助、命を狙われる 妖怪の子預かります8』


 マッグガーデンのマグコミで好評連載中の〈妖怪の子預かります〉シリーズのコミック第1巻が、今月発売になります。
Minoru先生のキャラクターデザインで、漫画家の森野きこり先生が原作の世界を見事に再現しています。1巻では梅吉がなんともいえずキュート!
是非原作と併せてお楽しみください!


また「妖怪の子預かります」原作小説(東京創元社)×コミカライズ(マッグガーデン)コラボキャンペーンも開催中。詳細はこちら。

1906youkainokobanner

抽選で豪華賞品も当たるキャンペーンとなっておりますので、たくさんのご応募をお待ちしています!



 主人公なのに、ここのところ弥助の出番が少ないとお思いの皆様、大変お待たせいたしました。ようやく弥助が、そして千弥が物語の中心に戻ってきました。
 ただし、今回の弥助はのっけからとんでもないことになっています。
 どうとんでもないか、詳しいことは7巻と8巻をお読みくださいませ。とはいえタイトルでもおわかりのとおり、一言でいえば命を狙われているわけです。
 “弥助命”の千弥が、そんな状況で指をくわえて黙っているはずがない。弥助を長屋に閉じ込め、外との接触を一切断ってしまおうとします。
 自分が狙われていることは重々承知している弥助ですが、さすがにそれでは息が詰まってしまいます。月夜公が太鼓長屋に張った結界から出ないことを条件に、千弥は弥助の妖怪の子預かりを認めるのですが……。

 毎回物語を賑わすゲストキャラクターの妖怪たち。今回も茸の妖怪茸坊、あざみの妖怪化けあざみ、鏡妖怪の長・雲外鏡、犬の土鈴の付喪神・赤狛と多彩です。
 そして毎巻お楽しみの巻末短編では、仲人屋の十郎の過去が明らかになります。何故彼が人間を捨てて妖怪になったのか……。こちらも必読です!


 妖怪奉行所は、日夜妖怪たちが入れかわり立ちかわりやってきては、助けを求める場所。妖狐族の大妖、月夜公が奉行をつとめる東の地宮では、烏天狗一族が代々与力、同心から牢番までの一切を担っていた。なかでも飛黒はそんな烏天狗の筆頭であり、月夜公の右腕だ。
 ある日飛黒が双子の息子右京と左京を連れてきた。華蛇族の初音姫の乳母である女房の萩乃は、初めての子を身ごもった初音姫の世話におおわらわで、家に帰ってくることも稀、双子は淋しい思いをしていたのだ。それに加えて双子も将来は奉行所でお役目につく身、今のうちに奉行所の中を見学させておこうというわけだ。
 今日も今日とて夫婦喧嘩の仲裁、淵の主の脱皮の手助けと、てんてこ舞いの烏天狗達。だが、その陰で右京と左京だけでなく、月夜公の最愛の甥、津弓、さらには妖怪の子預かり屋の弥助をも巻き込むとんでもない事件が静かに進行していた。
 コミックも大人気、シリーズ第7弾。

 コミック版『妖怪の子、預かります』をご覧になりたい方は、マッグガーデンのマグコミへ。毎月25日更新! 森野きこり先生の描く、原作の雰囲気そのままの弥助や千弥、妖怪達に会えます。



「我ら猫のあやかしの、人のそばにいたがるものが多いことよ。わらわはこれまで人を恋しいなどと思うたことはないが……。人とはそれほどに良いものなのであろうか」
 猫の眷属を統べる大妖、王蜜の君は気まぐれで名高い。“ならば試してみようではないか”とばかりにやってきたのは、なんと妖怪の子預かり屋を営む、太鼓長屋の弥助のところだった。
 気まぐれな猫族の姫の居候に、弥助べったりの千弥がいい顔をするはずはなく、力の弱い小妖の玉雪に至っては、王蜜の君の存在が怖くて弥助の家に近づけなくなる始末。
 そんななか、弥助の周辺で猫絡みの事件が頻発する。おまけに仔猫を狙う不気味な女が出現するに至って、猫の守り手たる王蜜の君も放っておけず、密かに事件の裏を探り始める。

 今回は(化け)猫だらけ! 大人気お江戸妖怪ファンタジイ第六弾。



「俺の許嫁がさらわれた! 取り返すから、手を貸してくれ」長屋に飛び込んできた久蔵の絶叫に、弥助は仰天した。
 久蔵は弥助たちが住む長屋の大家の息子で、親の手伝いをすることもなく遊び回り、あちこちの女と恋を楽しむ筋金入りの遊び人だったが、最近は許嫁ができたといって、すっかり大人しくなっていたのだ。
 だが、そもそも人さらいなら、八丁堀なり、十手持ちの親分にでも訴えるのが筋ではないか。ところが、久蔵の許嫁初音は妖怪、しかもいいところのおじょうさんだというのだ。
 え? 許嫁が妖怪? 驚きのあまり言葉を失う弥助だったが、これまでになく真剣な面持ちで頼み込む久蔵に、千弥は厄介事が大好物の大妖、妖猫族の姫、王蜜の君を紹介する。
 王蜜の君の手引きで初音がさらわれた先、華蛇族の屋敷に忍び込んだ久蔵だったが……。

 弥助の天敵、遊び人久蔵に降りかかる災難を描く、人気シリーズ第5弾!

 初音に仕える蛙の従者青兵衛、寝言猫のおこね、月夜公に仕える烏天狗の飛黒の三人の妖怪が宴会をひらき、主の愚痴をこぼし合う愉快な短編「従者達、宴を開く」も収録。



 江戸の貧乏長屋、太鼓長屋に養い親の千弥と住む弥助は、小柄で色黒で、子狸を思わせる愛嬌のある、どこにでもいそうな少年。だが、侮るなかれ、弥助は実は妖怪の子を預かる妖怪の子預かり屋という裏の顔(?)を持っているのだ。
 今日も弥助のもとに子供を連れた妖怪が……。

 小さな白い石を四朗と名付け、いつか命が宿って子鼠になる日が来ると信じる三匹の鼠たち、取り憑いた相手に寝言を言わせる寝言猫、銀や鋼の錆を舐めとるさびなめ……。
 なかでも今回弥助が苦労したのが、化けいたちの宗鉄のひとり娘みおだった。

 宗鉄は八歳になる娘を預けたいと連れてきた。山奥で、他人と接することなく暮らしていたのだが、母親が亡くなり男手ひとつではどうにもならなくなったのだ。母親が亡くなる少し前から、父に対してすっかり心を閉ざしてしまっていた。白い仮面をつけ、ひたすら周囲を拒絶するみお。

 だが、弥助のもとに預けられる子妖怪達と接するうちに、みおに変化が……。
 大人気のお江戸妖怪ファンタジー第四弾。



 大変お待たせいたしました、〈妖怪の子預かります〉第3巻では、読者の皆様が一番知りたかった、弥助の大甘の保護者にして盲目の美青年千弥と、狐の妖怪で妖怪奉行所の奉行の因縁がついに明らかになります! 犬猿の仲といった感じのふたりの過去にいったい何があったのか、びっくりすること請けあいです!
 ほかにも、可愛いとファンの多い子妖怪津弓と梅吉が大活躍するエピソードや、妖怪の花見に迷い込んだ久蔵の話、兎の妖怪玉雪の過去など、絶対楽しめる春夏秋冬のエピソード、そして1巻で募集し、2巻で結果を発表した〈妖怪オリジナルキャラクター〉で選出された妖怪が登場する短編「忘れじの花菓子」を収録しています。

 恐ろしい妖怪にどきどきし、可愛い子妖怪たちに心癒され……。弥助と仲間たちが繰り広げる妖怪ワールドを心ゆくまでお楽しみ下さい!

 2017年には4巻、5巻も刊行が決定。こんどはどんな妖怪に会えるのか! 楽しみにおまちください。



 うぶめに気に入られ、正式に妖怪の子預かり屋の助手となった弥助。
 気味の悪い妖怪除けの札に悩まされるあかなめの親子や、母を捜す健気な子猫の妖怪りん、千弥を婿にと望む華蛇族のわがままな姫君初音など……。養い親の千弥の助けも借り、弥助は次々とやってくる妖怪たちの問題を解決していく。
 そんなとき、妖怪の子どもたちが行方不明になるという事件が発生。仲良しの梅の子妖怪梅吉に頼まれ、行方不明の友だちを探しに浅草にいった弥助だったが、子妖怪のはいっこうに見つからない。仕方なく土産に飴細工でもと思っていたところ、声をかけてきたのが自分と同じくらいの歳の娘おあきだった。香具師の娘だというおあきは、いい飴細工師を知っているからと言って、弥助を連れて行くが……。

 妖怪たちと少年の交流を描いた、ちょっと怖くて心温まる、大人気シリーズ第二弾。

 弥助は十二歳。養い親である按摩、千弥と共におんぼろ長屋暮らしをしている。貧乏ながらも平和な毎日を過ごしていたが、ある夜、いきなり恐ろしげな烏天狗にさらわれ、妖怪奉行所につれていかれる。悪夢を見た弥助が鬱憤晴らしに割ってしまった石が、子預かり妖怪うぶめの住まいだったというのだ。妖怪の御奉行である妖狐の月夜公に、「罰として、新たな住まいが見つかりうぶめが戻るまで、うぬが妖怪子預かり屋になれ」と命ぜられる弥助。
 それからというもの、梅の妖怪、どじょうの妖怪、酒好きの鬼、泣き虫の妖狐の若君……と、次々と子どもを預けにやってくる妖怪達に振り回される日々が始まる。
 だが、そんなある日……

 ちょっぴり怖くて、心温まるお江戸妖怪ファンタジー。
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】




Amazonライブリンク