Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

短編ミステリの二百年【第137回】小森収


mysteryshort200


 ジェイムズ・ホールディングは、1960年代から80年代にかけて、ヒッチコック・マガジンとEQMMで活躍した、短編専門の作家です。ヒッチコック・マガジンの作家を読んだときに「密輸品」という佳作があることを紹介しましたが、ここではEQMM発表の作品を中心に、あらためて見ていくことにしましょう。
 ホールディングの名を憶えている人が、まず思い起こすのは、ルロイ・キングという合作のミステリ作家(エラリイ・クイーンがモデルなのは明らかですね)、つまりマーティン・ルロイとキング・ダンフォースのふたりが探偵役を務めるシリーズでしょう。ふたりとその細君の四人が、世界周遊をしている客船ヴァルハラ号で各地を巡り、そこで事件に遭遇するのです。シリーズの第一作はThe African Fish Mysteryで、これは未訳ですが、題名が地名+名詞+Mysteryとなっていて、全編そのように統一されています。エラリイ・クイーンの初期の長編を踏襲しているのです。最初の邦訳は「香港宝石の謎」でした。ふたりの細君の宝石が盗まれるという発端で、犯行可能なのは停泊中の船体を塗りなおしていた、塗装工のクーリイたちだけです。すぐに気づいたので、彼らが岸壁を出るところで身体検査が実施されます。ところが、宝石が出てこない。身体検査が始まったので、咄嗟に隠したに違いない。その方法は? というもの。
 暗号解読が主たる興味の「イタリア・タイル絵の謎」――タイルの絵から単語を連想するところが、外国人の私には恣意的に見えて買えません――は別格として、シリーズはおおむねハウダニットですが、謎の設え方も解決も、さして面白いものはありません。ハウダニットからは少々はずれた「おしろい箱の謎」の、高級なおしろいを二箱もなぜ海にまいたのかというのは、なかなか巧みな謎の出し方ですが、解決は感心しません――というより、腰砕けでしょう、これは。毎回出てくる作家夫妻でさえ、とても描写されているとは言えず、軽く書かれたシリーズものの域を出ません。読んだ中では、カードマジックの方法をあてる「日本カードの怪」が、巧妙なコンゲームと見せて実は、というハートウォームな解決が微笑ましい出来ですが、鍵となる日本人女性の名に、もう少しリアリティがあればと思わせます。もっとも、『世界ミステリ作家事典[本格派篇]』で、森英俊が出来がいいとしているのは、未訳の二編なので、そういうことなのかもしれません。
 ホールディングのもうひとつのシリーズは、趣味的でおおらかな国名シリーズとはうってかわって、フォトグラファーと呼ばれる殺し屋を主人公としたクライムストーリイです。主人公のマニュエル・アンドラダスは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロでカメラマンを生業とするかたわら、金のために組織からの指示で殺人を請け負う殺し屋です。警察から組織への依頼で、未解決の猟奇的な連続殺人犯を見つけだして殺す「カメラマンと殺人鬼」、本命馬に騎乗する騎手を、競馬の開催日までに殺せという――フォトグラファーはカメラマンの仕事として、その騎手を撮影したことがあったので、堂々と会いに行くのです――「抹殺者とジョッキー」、国策会社ふうの大企業ケミカル・ブラジル社の支配人として迎えられているアメリカ人が標的の「抹殺者マニュエル」といった具合に、一作一作工夫がこらされていて、こちらの方が、国名シリーズよりも楽しめる仕上がりになっています。
 私が推薦するのは「写真屋と葬儀屋」という一編です。標的の葬儀屋を下見に行って帰宅すると、いつのまにか当の相手が、自分のスタジオの前でこちらを見ている。その刹那、相手が同業者で、自分が標的だと察知するという話。組織が殺しあいをさせるという不条理な展開が不気味な上に、単純に相手を先に殺せばいいというものでもありません。その切り抜け方が巧みで、黒いユーモアをともなったサゲも見事でした。「抹殺者とジョッキー」も、ぬけぬけと標的に面会して、殺しの前に依頼の背景を調べてしまう展開が面白い。この二編が読む価値ありでしょう。
 ジェイムズ・ホールディングには、安易に流れることが、往々にしてあって、思いつきをあまり深く検討していないのではないかと思わせることがあります。「カメラマンと殺人鬼」の殺人鬼の正体を気づく冒頭などが、そうです。フォトグラファーと組織との関係にしても、末端の一殺し屋が、こんなに主導権を握れるものかと思うこともしばしばです。「写真屋と葬儀屋」のサゲは、組織全体ではなく、組織の末端には、それなりに使えないヤツがいるという結末なので、成立したものでした。

 ではノン・シリーズのクライムストーリイに目を転じてみましょう。
 いかにもヒッチコック・マガジン流というのが「爪楊枝」という、ショートショートふうの短編です。主人公が自分の犯した殺人について喋りたいという衝動にかられたというのが、まず、いかにもな冒頭です。妻が開いたパーティで、彼女に言い寄った男を死に到らしめるのですが、それは陰湿な方法でした。爪楊枝で相手のネクタイに染みをつけ、ホステス役の妻が当然やるであろう行為が、結果的に、その男に死をもたらす。そのことを妻に打ち明けたいという欲求が、冒頭の衝動――この衝動の中身が薄いので、話を作る段取りにしか見えないのが苦しいところです――なのでした。医学的というか薬学的なアイデアで、ひとつ書きましたという姿勢が露骨で、アイデアストーリイという言葉が、否定的な意味で用いられるのは、こういう場合なのですが、それでも結末のつけ方まで、ヒッチコックタッチではありました。
「脱獄お世話します」は日本語版EQMMの掲載ですが、ヒッチコック・マガジンに載ってもおかしくありません。主人公の囚人が、看守から脱獄用の三点セットを買わないかと持ちかけられます。足音を消すためのゴム(靴の裏に貼る)と刑務所内の地図(脱出経路の矢印付き)、そして独房の鍵です。これで、単に脱獄できましたでは、お話にならないだろうと思って読み進めていると、さして魅力的ではないオチを迎えます。「爪楊枝」のように、医学的なアイデア一発で書かれたのが「奇妙な被告」です。誘拐犯が、人質を連れて逃亡中に居眠りをして捕まってしまうという事件で、どんなに重大な局面でも、意に反して眠り込んでしまうことがあるという知見で、ひとつ書いたのでしょうが、「爪楊枝」に輪をかけて、アイデア頼みが露骨な上に、精神疾患による無罪獲得について、どうみても無茶な理解しかしていないようです。
「スワップ・ショット」は、故買屋とそこにブツを持ちこんだ男(ソニーのテレビというのが時代色ですね)のやりとりで、あれよあれよという展開を狙ったのでしょうが、そこに、この作家の甘さというか手軽さがあるように思えます。たとえば、ロバート・シェクリイのショートショート「では、ここで懐かしい原型を……」を、とりわけ、その中の「変装したスパイ」を思い出してみてください。ジェイムズ・ホールディングの温さかったるさが、分ろうというものです。同じことは、ファンタスティックかつ少々脱力もののオチを持つ「最後の決め手」にも、あてはまります。
 MWAが年刊傑作選として出していた短編集の1977年版『今月のペテン師』に収められた「再発見」の冒頭につけられた文章に、この作家には「美術の逸品とそれにからんだ陰謀家たちを扱ったものが、いくつかあります」とあります。「再発見」そのものは、米仏ふたつの美術館に所蔵されていた彫像が、実はもともとひとつだったことを、ひとりの学者が発見したところから始まり、その話自体はそれなりに面白いのですが、後半の意外性をもとめたオチのつけ方が、とってつけたようなもので、むしろ不要に見える。贋作を扱った「適正価格」にしても、美術詐欺の話として驚きがない。
 さまざまな寄港地を舞台にしたルロイ・キングの国名シリーズはもちろん、フォトグラファーのシリーズも舞台はリオ・デ・ジャネイロと、この作家は外国を舞台にすることを好みます。しかし、かの地の描写は通り一遍であることが多く、最後まで、60年代のアメリカ人の海外理解の限界を出ないように見えます。同時代のアヴラム・デイヴィッドスンと比較すると、分りやすいのではないでしょうか。あるいは「モンバサへの客」です。元ハンターで、独立運動後もアフリカに残って警察官となっている白人の主人公が、豹が町を徘徊していると通報を受ける。経験を生かして、見事に豹を発見します。そこまではなかなか面白い。ところが、後半になって呪術師についての密告者が現われ、クライムストーリイふうになると、途端にアイデアを消化するのに手いっぱいになります。アヴラム・デイヴィッドスンとまでは言いません。ジョー・ゴアズの海外ものと比べても、かの地が書割にすぎないのです。「密輸船長フォン」に登場する台湾人船長など、明らかに、この作家の手にあまっています。それでも「パチャカマックの財宝」は、インカ帝国考古学の権威である教授が、悪漢二人と財宝のありかを巡って対決し、一通り読ませる冒険小説になっていました。思い返せば「密輸品」も、半ば出来心で密輸の片棒をかついだ観光客の不安が描けていたのが、サスペンス小説特有の美点となっていました。そういう物語をしっかり作ることが、いかに大切かということです。

 70年代に入って、ジェイムズ・ホールディングは新しいシリーズを始めます。図書館付きの警察官という、珍しい職業で、いまでこそビブリオ・ミステリということばで包摂できますが、そんな言葉など耳にしない時代でした。
 未訳のLibrary Fuzzがシリーズ第一作と思われますが、同年の「たかが小説本」が、本国版掲載から、あまり間をおかずに邦訳されました。主人公の「ぼく」ことハル・ジョンソンは、公立図書館付きの警察官(というのが、本当にいるんですかね)で、貸出超過になっている本を回収し罰金を徴収するのが、おもな業務です。官と民の違いはあっても、職掌はダン・カーニー事務所に近いのでしょうか。ちょっと前までは殺人課の刑事で、そのときの上司がランドール警部。きなくさい事件に遭遇すると、そちらに通報し協力するのです。
「たかが小説本」はシリーズも初めの作品だけあって、ケチな故買犯罪と思ったものが実は……という、このシリーズらしいアイデアとオチをもっていて、書き方もいきなり主人公が灰皿を投げつけられるところから始めると、工夫しています。それが、75年の「警官魂」になると、ランドール警部(この訳ではランダル)から図書館の本について照会がくるという冒頭から、本の中に麻薬事件の重要な証拠となる写真のネガが見つかるという展開です。ただ、このお話の作り方は、相当に雑で、主人公を無理やり事件に関係させている作者の手つきが目立ちます。そして、最後にはランドール警部から「おまえはそれでも巡査なんだ」と言われます(原題はStill a Cop)。この部分には、意外に大きな意味があります。
 78年の「沈黙の蜂の巣」はハルが図書の回収に行って、死体となった相手を発見します。事件は恐喝事件に発展し、図書館の本を使った現金受け渡しの方法が見つかる。そういう意味で、図書館刑事の関わり方は、もっとも自然です。ただし、毎回主人公が死体の発見者になるのは無理でしょう。これが同じ78年の「『戦争と平和』を借りた男」になると、貸し出した本の書き込みから放火事件を発見するという、苦しい展開ですし、80年の「セクシーなご褒美」に到っては、ランドール警部が手間を惜しんで、ハルに図書館の貸し出し情報を尋ねてくるというきっかけから、かなり強引に空き巣事件の果ての殺人を手繰り寄せます。
 もともと、重犯罪とは無縁な図書館付きの警官を、読者の興味を引くような犯罪に関係させるのは、かなり無理がある。〈日常の謎〉というような流儀を知っていたら、また話は別かもしれませんが。ともあれ、職務上主人公が接することの出来る図書館の個人情報は、ランドール警部という警察権力にだだ漏れです。ひどいときには、それで昼飯にありついたりします。おそらくはミステリとしての作話の都合という、それだけの事情で。ここには法月綸太郎が同名のシリーズキャラクターの短編作品をめぐって、実際に司書をしている読者からの投書をきっかけに、個人情報に対する警察の介入という重大な問題とその実際について再考をうながされ、それをもとに書き改めたという真摯さは、かけらもありません。この作家の安易さというのは、つまり、そういうことなのでしょう。

※ EQMMコンテストの受賞作リスト(最終更新:2014年11月5日)



短編ミステリの二百年1 (創元推理文庫)
モーム、フォークナー他
東京創元社
2019-10-24


短編ミステリの二百年2 (創元推理文庫)
チャンドラー、アリンガム他
東京創元社
2020-03-19


短編ミステリの二百年3 (創元推理文庫)
マクロイ、エリン他
東京創元社
2020-08-24


お見逃しの本はありませんか? プレイバック新刊2020年3月


みなさまこんにちは、見習い編集部員KJです。
2020年は新型コロナウイルスの影響で、日常生活や行動様式が大きく変わってしまいました。
4月に緊急事態宣言が発令されて以降、自宅で過ごす時間が長くなった方も多いと思います。
そんな時間の使い方の一つとして読書はいかがでしょうか? とはいえ、緊急事態宣言下の4・5月は休業中の書店が多く、ネット通販も生活必需品が優先されることが多かったため、気になる書籍を買い損ねている方も多いのではないでしょうか。
そこで、コロナ禍真っ只中の3・4・5月に小社から刊行された書籍を、3回に分けて改めてご紹介したいと思います。
今回は3月刊行作のあらすじと見どころなどを、私KJがプレゼンいたします!




天才的な頭脳と美貌を持つが、とびきりクールなニューヨーク市警の刑事、キャシー・マロリーが活躍するシリーズ最新作!
消えた修道女と盲目の少年を巡る事件の真相は? ラストが胸を打つ傑作です。




第26回鮎川哲也賞受賞作『ジェリーフィッシュは凍らない』に連なる、〈マリア&漣〉シリーズ第二弾、待望の文庫化!
薔薇の蔓で覆われた密室、その中で発見される、切断された首となぜか縛られて放置された生存者、二つのパートから語られる謎めいた構成……どの要素をとってもわくわくする本格ミステリです。




第4回創元ファンタジイ新人賞優秀賞受賞作。砂漠を舞台に“水使い”が活躍する、異世界ファンタジイです。
小さいころ、地元の川を浮き輪のような靴を履いて渡ろう! という体験学習をしたことがあります。水蜘蛛族というワードからそんな思い出がよみがえりました。私はひっくり返って川に落ちたのですが、水蜘蛛族のもとへ身を寄せたミイアは水を意のままに操ります! 羨ましい!




ローカス賞受賞、ヒューゴー・ネビュラ賞候補となった本格宇宙SFです。
数学と暦による物理法則を超越した“暦法”、それを駆使し広大な宙域を支配する国家“六連合”。この国の若き女性軍人にして数学の天才と、彼女に宿った史上最悪の反逆者にして伝説の戦術家の運命は!? 個性的なふたりの主人公、東アジア風の文化が広がる世界設定といったユニークさが魅力の本作。三部作のトップを飾る記念すべき第一巻を、ぜひ!




オリンピック間近の東京で起こる物流テロに、長距離トラックドライバーたちが立ち上がる!
このコロナ禍では物流の重要性を痛感させられました。奇しくもオリンピックは延期になりましたが、本作は今こそ読むべき小説です。




『湿地』「ミステリが読みたい!」海外篇第1位など各種ランキングを席巻した、〈エーレンデュルシリーズ〉第4弾の文庫化。本作では湖で発見された白骨の謎が、30年以上前の事件と関係していて……。
浮かび上がる、時代に翻弄された人々の哀しい真実に胸が締め付けられます。


第1巻が本格ミステリ大賞【評論・研究部門】にノミネートされた『短編ミステリの二百年』待望の第2巻! 本作ではハメット、チャンドラー、アリンガムなど1920年代から50年代までの傑作短編ミステリ11編と、それらの発展・多様化を概観した評論を収録しています。
8月には第3巻が刊行されますので、このタイミングで是非前巻もお読みください!        




『源氏物語』には知られざる続編があった!? 平安の宮中を脅かす怪奇の数々に、紫式部と清少納言が挑む。推理作家にして古典文学者の著者が贈る、傑作長編と短編やエッセイも収録した傑作選です!




主人公・宗像が幼いころひと夏を過ごした謎の洋館。小説家となるも第二作を書きあぐねている彼が、再び訪れたそこで何を見出すのか?
知性派・笠井潔の異色作ともいえる、豪壮な洋館が読者を異界へと誘う、妖しく恐ろしい幻想洋館綺譚。
ミステリ好きにも幻想小説好きにもオススメです。


気になる書籍はございましたか? 未読の方はこの機会に是非、書店に行ってお買い求めください!

英国SF協会賞受賞作、ガレス・L・パウエル『ウォーシップ・ガール』(三角和代訳)8月上旬刊行!


8月上旬刊行の創元SF文庫『ウォーシップ・ガール』は、イギリスSF界の人気作家が贈る、2018年英国SF協会賞長編部門受賞に輝いた傑作スペースオペラです。

IMG_2089
(『ウォーシップ・ガール』カバー色校正紙とくらり)

【あらすじ】
星間紛争中のある重大事件にかかわり、心に傷を負った重巡洋艦のAI〈トラブル・ドッグ〉は、終戦後にみずから軍を辞した。その後艦の武装を下ろして人命救助団体に加わり、新たな艦長サリーらと共にレスキュー活動に勤しんでいた彼女は、あるとき遭難信号を受信する。すべての惑星がオブジェのように彫刻されている謎の星系・ギャラリーで、民間船が何者かに撃墜されたというのだ。急ぎ駆けつけた〈ドッグ〉は、銀河の命運を賭けた戦いに巻きこまれる。はたして14歳のAIは銀河を救えるか?


 本書の読みどころはなんといっても、魅力あふれるキャラクターたちの活躍ぶり。主人公のひとりである巡洋艦〈トラブル・ドッグ〉と、彼女とコンビを組む艦長サリー・コンスタンツ、そして艦に乗り込むことになるスパイのアシュトン・チャイルド、過去に闇を抱えた詩人オナ・スダク――かれらはみなタフだけれども、それぞれに戦争の影を引きずってもいます。とりわけ〈ドッグ〉の健気さ・愛らしさは、応援したくなることまちがいなし。そして、彼らを見守るエンジニアのノッドもいい味を出しています。そんな彼らが銀河の命運を賭けた戦いに挑むスペースオペラ、ぜひお楽しみに。


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり