Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

反響続々! 芦花公園『とらすの子』書店員さんの感想をご紹介します


芦花公園『とらすの子』発売から約1週間が経ち、おかげさまで続々と反響が届いております!
そこで本日は、事前にお読みいただいた書店員さんから寄せられた感想をご紹介したいと思います。


何が起こっているのか、どうしてなのか、とにかく謎の解明がされるのかどうか気になって仕方がなかった。
だけど読み進めるうちに、これは触れてはいけない。知ってはいけない。ただただ関わった人々が無事にやり過ごせますようにと祈る気持ちすらあった。
――宮脇書店ゆめモール下関店 吉井めぐみ 

心がザラつく作品でした。
陰惨なのに、なぜか清々しさを感じる。
彼らを死に誘う元凶の魔女の、淫蕩な魅力。関わってはいけないものと関わってしまった時、人が辿る運命は一つしかない。逃げ果せない悲喜劇を見たい方に手に取ってほしい。
――スーパーブックスあおい書店春日店 H・N 

どう足掻いても、抜け出せない底なし沼でした。ホラーを読んでいるのに、どうして共感してしまうのか。身に覚えのある、拗らせた誰にもいえない気持ちを、引き摺り出されました。
――卓示書店河口湖BELL店 K 

なんて魅力的な恐怖なのだろう。何かが起こる度怖くて、底知れなさを少しでも払拭しようとページをめくる手が止まらない。そして同時に「もっとやれ」とどこかで思ってしまう。どうやら私もおそろしい“モノ”に出会ってしまったようだ。
――ジュンク堂書店吉祥寺店 田村知世 

達成感から虚しさへ 狂気から正気へ
相反する感情に翻弄され、あえてドロドロになって沈みたい衝動にかられて一気読みでした。おもしろかった。
――喜久屋書店小樽店 渡邊裕子 

美しいマレ様が気になり、とまらずに読んだ。容赦ない上に、想像を超えた壮大なストーリーが広がっていく……それでもやはり感想を書くのも怖いのだ!!
――うさぎや矢板店 山田恵理子 

読み始めたら止まらない‼︎
まさにノンストップホラー!!
人間の欲や思い込みをここまでホラーに仕立てる腕は、流石芦花先生!
読後は、「現実に起こりませんように!」とひたすら祈るのみです。
――文真堂書店ビバモール本庄店 山本智子 

一体、何人殺されるんだ? 気持ちが悪くなる位に人が死んでいく。憎しみで犯人を殺したくなる。けれど憎みきれない。それは何故か。心を救済してくれる物語だからです。
――文教堂ブックトレーニンググループ 青柳将人 

神のような美しさ、煌めく漆黒の瞳、見つめられたら秘めた本心を吐露せずにはいられない。好きなように惨殺できるほどの圧倒的な魔力を持っているのに、とらすの会のメンバーを互いに疑心暗鬼にさせ仲間同士で糾弾し合うよう仕向け、人の心を弄ぶ残酷さがたまらない。面白かったー!!
――ジュンク堂書店名古屋栄店 西田有里 

怖いもの見たさ、だけではない、何某かに惹かれるように読み進んだ。分かりやすい怖さではない、じわじわきいてくるやつだこれは。正体がはっきりせぬまま、半端に放り出されて、余計に怖さが募る。
一筋縄ではすまない展開に目を開かされるだろう。その後がこんなに恐ろしい小説もない。あとを引く怖さ。もう、早く忘れたいと思う自分がいる( ;∀;)
――水嶋書房金剛店 浦辺千栄子 

弱ったところへ容赦なくつけ込まれる様、理不尽に振るわれる暴力、増幅していく悪意…こ、怖すぎる。最後の展開も絶句。読み終わった今寒気が止まりません。
――紀伊國屋書店鶴見大学ブックセンター 伊勢川詩織 

ページを開く前から本当の恐怖は始まっている。
この物語を読み始めたら、読む前のあなたには戻れません。
覚悟はいいですか?
――うさぎや栃木城内店 江頭杏奈 

芦花先生ならではの人間の醜い感情やホラー描写がクセになります。先生の他作品が好きな人には嬉しい展開もありとても怖く、そして楽しむことが出来ました。
――紀伊國屋書店新宿本店 玉本千幸 

あらすじだけでも滅茶苦茶怖いのに、どうなってしまうのか!! とおそるおそる読み始めたら…本当に一気読みです! 読むのを止めたら呪われそう! マレ様に出会ってしまったら、誰も彼もが虜になるでしょう。 
――丸善名古屋本店 竹腰香里 


書店員さんたちの感想を読んで少しでも気になった方は、まずは下記画像&リンクから『とらすの子』を覗いてみてください。


特別増量版の試し読みは8月17日(水)までの限定公開です!

直木賞作家・結城昌治のハードボイルドを凝縮した最強の入門書!『日本ハードボイルド全集5 幻の殺意/夜が暗いように』


創元推理文庫では2021年4月から、〈日本ハードボイルド全集〉全7巻を刊行開始しました。

日本におけるハードボイルドの歴史――特にその草創期において重要な役割を果たした6人の作家をひとり1冊にまとめ、最終巻となる第7巻は1作家1編を選んだ傑作集とする――本全集は、そんなコンセプトからなる文庫内叢書です。収録される作家および作品選定を務めるのは北上次郎、日下三蔵、杉江松恋の書評家三氏。お三方のうちひとりが各巻の責任編集となり、残るふたりがそれをサポートするかたちでの、鉄壁の布陣となります。

7月20日に発売された第6回配本は、杉江松恋氏が責任編集を務める、結城昌治を特集した第5巻『幻の殺意/夜が暗いように』。個人の巻としては本書が最後となります。ユーモア本格『ひげのある男たち』、スパイ小説の先駆『ゴメスの名はゴメス』、日本推理作家協会賞を受賞した警察小説『夜の終る時』、直木賞受賞の連作短編集『軍旗はためく下に』、さらには評伝小説『志ん生一代』等々……多彩な作風で知られる結城昌治の、ハードボイルド分野での成果をまとめた一冊となります。

40025

【収録作品】
『幻の殺意』(長編)
「霧が流れた」
「風が過ぎた」
「夜が暗いように」
「死んだ依頼人」
「遠慮した身代金」
「風の嗚咽」
「きたない仕事」
「すべてを賭けて」
「バラの耳飾り」

高校生の息子が殺人犯として逮捕された! 平凡な会社員である田代の身にある日突然もたらされた悲報。あくまで息子の無実を信じる男が、ぎこちない探偵行の果てに知る真実とは……。映画化もされた忘れがたき傑作長編『幻の殺意』を巻頭に、『暗い落日』などで知られる私立探偵・真木が登場するすべての短編(「霧が流れた」「風が過ぎた」「夜が暗いように」)、通俗ハードボイルドの楽しさあふれる佐久&久里の連作、真木シリーズと並ぶシリアスタッチの紺野弁護士もの……さらにはノンシリーズや後期の秀作など合わせて9短編を収録し、結城昌治のハードボイルド小説での業績を総括した、入門編に最適の一冊です。

巻末の書き下ろしエッセイは志水辰夫先生による「異能の人」。生前会うことはかなわなかったものの、長年にわたり結城作品の熱心な読者であった志水先生が、ハードボイルド以外の結城作品も含めてその魅力を熱く語られています。

そして解説は書評家の霜月蒼氏が執筆。結城昌治のハードボイルド観と作家活動においての実作の変遷を丁寧に読み解いていく、あふれる結城愛とたしかな分析が論の両輪として作用した、見事な解説にして結城ハードボイルド論となっております。エッセイ、解説も本編と合わせ必読の内容です。

次回はいよいよ最終巻となる第7巻『傑作集(仮)』。惜しくも一巻とはならなかったものの、国産ハードボイルドの歴史を語る際には欠かせない作家たちの短編をひとり一編で収録するアンソロジーをもって、〈日本ハードボイルド全集〉は完結を迎えます。最後までよろしくお願いいたします。

   *  *  *

〈日本ハードボイルド全集〉全7巻◎創元推理文庫
北上次郎・日下三蔵・杉江松恋=編

収録作品=『死者だけが血を流す』「チャイナタウン・ブルース」「淋しがりやのキング」「甘い汁」「血が足りない」「夜も昼も」「浪漫渡世」
巻末エッセイ=大沢在昌/解説=北上次郎

収録作品=「野獣死すべし」『無法街の死』「狙われた女」「国道一号線」「廃銃」「乳房に拳銃」「白い夏」「殺してやる」「暗い星の下で」
巻末エッセイ=馳星周/解説=杉江松恋

収録作品=『他人の城』「憎悪のかたち」「溺死クラブ」「殺しに行く」「ガラスの街」「腐ったオリーブ」
巻末エッセイ=太田忠司/解説=池上冬樹

収録作品=『冷えきった街』「色彩の夏」「しめっぽい季節」「美しの五月」「緋の記憶」「数列と人魚」
巻末エッセイ=若竹七海/解説=新保博久

収録作品=『幻の殺意』「霧が流れた」「風が過ぎた」「夜が暗いように」「死んだ依頼人」「遠慮した身代金」「風の嗚咽」「きたない仕事」「すべてを賭けて」「バラの耳飾り」
巻末エッセイ=志水辰夫/解説=霜月蒼

収録作品=『酔いどれ探偵』全編/『二日酔い広場』全編
巻末エッセイ=香納諒一/解説=日下三蔵

7 傑作集
収録作品=








今村昌弘『魔眼の匣の殺人』文庫化記念 〈剣崎比留子〉シリーズクリアファイル発売決定!!


今村昌弘先生の『魔眼の匣の殺人』文庫版刊行を記念して、
遠田志帆先生によるカバーイラストを使用したクリアファイルを販売いたします!


CF屍人荘

CF魔眼の匣の殺人

CF兇人邸


既刊3冊のカバーイラストを全面に配置した特製クリアファイルです。

受付開始から先着で300名様「神紅大学ミステリ愛好会 読書手帖」(非売品/文庫版サイズ64ページ、サイン会の特典やtwitterキャンペーンの賞品と同一のものです)
をプレゼントいたします!
ぜひこの機会にお買い求めください。

■予約受付開始日
2022年8月17日(水)12:00~
東京創元社公式オンラインストアにて
※受付開始日時までに個別商品ページが出現します

■予価
3枚セット:1320円(税込)※送料別

■商品発送 
2022年9月下旬予定

■注意事項
※今回は先行予約販売となります。2022年8月31日(水)の23:59を予約受付の締め切りとして設定しております。先行予約期間内にご注文・お支払いいただいた方は、必ず商品をご購入いただけます。
商品はできあがり次第、発送させていただきます(9月下旬を予定しております)。
先行予約販売期間終了後も、商品の在庫があるかぎり販売を継続いたしますが、確実に入手されたい方は、ぜひ予約期間内にご注文ください。
※この商品は1回の注文につき5つまで購入可能です。
※「神紅大学ミステリ愛好会 読書手帖」(非売品)は先着300名様限定です。1度のご注文でクリアファイルを複数ご注文いただいた場合でも1冊のみのプレゼントとなります。ご了承ください。



魔眼の匣の殺人 (創元推理文庫 Mい 12-2)
今村 昌弘
東京創元社
2022-08-12


兇人邸の殺人 屍人荘の殺人シリーズ
今村 昌弘
東京創元社
2021-07-29


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり