Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

【INTERVIEW 注目の新刊】『馬鹿みたいな話! 昭和36年のミステリ』辻真先【紙魚の手帖vol.05掲載記事】


◎INTERVIEW 注目の新刊
 辻真先『馬鹿みたいな話! 昭和36年のミステリ』

ミステリランキング三冠達成『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』に続く昭和ミステリ第三弾『馬鹿みたいな話! 昭和36年のミステリ』を上梓した辻真先さんにお話を伺いました。


――『馬鹿みたいな話! 昭和36年のミステリ』(以下、本作)は『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』に続く、昭和ミステリシリーズ第三弾です。当初はシリーズにされるご予定はなかったとのことですが、いつ頃からシリーズとして構想されましたか?
 第一作は最初の傍題が「昭和エログロミステリ」といった類(たぐい)のものでした。編集側から「このサブタイトルでは読者層が狭くなる」と指摘があり、では「昭和12年の探偵小説」にしようと考えを改めました。そのとき、二四年は戦後だから「推理小説」になるな。それならちょうどぼくが一年きりの男女共学を体験した年だと気がつきました。シナリオ修行時代にしくじった共学の話を、今なら書けるかもしれない。そう思いついたわけです。二冊では半端だな。もう一冊三六年の話にしようと考えたものの、このときには話の中身は自分でもわからないまま、見切り発車しています。

――傍題が「探偵小説」「推理小説」「ミステリ」と変化していくのは、どういった意図からでしょうか。
 昭和の時代を縦走したぼくが書くのだから、時代の移り変わりを読者に体感してほしいし、当然ミステリの三部作になります。では時と共に変転するジャンルの呼び名を傍題にふくめよう、と考えました。

――本作では生放送中のテレビスタジオ、衆人環視の中で女優が殺されます。このインパクトのあるはじまりを、どのように思いつかれましたか? また本番中のスタジオは日本でも珍しい完璧な密室、というあたりから始まる密室談義があり、そのあと実際に事件が起きる構成がとても面白かったです。スタジオを密室として使用するアイデアは以前からあたためていらしたのでしょうか?
 ふたつは不即不離(ふそくふり)なので纏(まと)めてお答えします。現役時代のぼくは、ナマ放送中のありとあらゆる事故を想定していました。出演者が放送当日に高熱を発したのはふたつとも実話です。みどりちゃん【編集部註:女優・磯村みどりのこと】は覚悟して自分から来てくれましたが、そのみちゃん【編集部註:女優・中島そのみのこと】はお母さんからの電話で休めないかと懇願されたのです。でもぼくはお嬢さんがプロなら来るべきだといいました。いま思うとそれで本当によかったのか、日本人特有のカミカゼ精神を強制したのではないか? 忸怩(じくじ)たる思いがあり申し訳なかった気分が否めず、本作のテーマのひとつに織り込みました。実はぼくも四十度の発熱でFD(フロア・ディレクター)をやり、インターホンのケーブルでセットの柱を倒しかけたことがあります。放送を終えた後は意識不明でしたが、番組にアナをあけずにすみました。
 そんな不測の事故を想定した中で、もっとも処理不能と考えたのが放送中に出演者が意識不明の重傷を負うケースでした。たとえばバトン【編集部註:照明機器や大道具などを、舞台上部より吊り下げられるように、上部に設置された鉄パイプなどの装置のこと】から重い照明器具が落下して頭に当たったとか。ただちに放送中止、負傷者搬送を手配しながら、カメラの前でぼくが最敬礼するというシナリオを心中に思い描いていました。
 殺人の場合はさすがにイメージしていません。ミステリを書くようになってからです。
 そして作中の風早どうようトリックの段階で挫折しました。ひとつだけ思いついたのは 小説とおなじあの手順です。でもこんな話ではミステリの鬼の読者が怒るだろうと、ひっこめたのもおんなじです。けっきょく使ってしまいましたが。

――テレビ楽劇課PD(プロデューサー・ディレクター)・大杉日出夫とミステリ作家・風早勝利は名コンビですね。二人のキャラクターはどのように生まれましたか?
『たかが殺人じゃないか』を書きはじめてから、本作の構図が朧(おぼろ)げに浮かんできました。テレビ時代の話になると、風早の視点だけでは書けません。PD役が必要です。それなら映画好きな大杉をCHKに入れようと考えました。自分で一人二役をやるのだから息が合いますよね。ぼくは指を鳴らせませんが。

――辻先生ご自身も『名探偵コナン』『ルパン三世PART6』など映像作品の脚本を数多く手がけられています。ミステリを小説で描く場合と、映像の脚本として書く場合、どのような違いがありますか? 気をつけていらっしゃることや、トリックを考える時に留意する点などございましたら教えてください。
 映像出自の物書きですから、もともと頭の中で絵を組み立てて書いていまして、あまり両者に違いありません。ト書きが簡便なだけ脚本が早書きできますね。小説でもこのシリーズは意識して演出した上で書きました。カメラの構図、照明のあて方、役者の出し入れなど。ナマ時代の演出をぼくは「交通整理」と卑称(ひしょう)していましたが、こんなときは役に立ってくれました。
 トリックの組み立ても、表立って見せる見せないは別として、その一瞬が絵になる状況を優先しています。
 文字より先に絵からはいった三つ子の魂なのでしょうか。

――昭和三〇年代のテレビ業界事情、青春小説のような熱気に引き込まれました。特に本作では舞台になった時代の描写を丹念にされているように感じましたが、いかがでしょうか。
 これは傍題に年号をいれたとき、決めていました。昭和一二年だの二四年では令和の読者にとって時代劇ですから、説明に苦しむと思いましたが、生きてる奴が今のうちに書き残さなくては時間と共に消えてしまうし、共学の文献を読んであまりに当事者の実感と乖離(かいり)しているので、体験者が書くのはそれなりに意味があると思いました。

――辻先生にとって、テレビ業界で過ごされた昭和三〇年代はどのような時代でしたか? のちの執筆活動への影響などございましたら、あわせてうかがいたいです。
 狂瀾怒濤(きょうらんどとう)でした。テレビどころか水洗トイレもティッシュペーパーもマカロニグラタンも知らない田舎のガキが(二十一の誕生日を迎えたところです)、やにわに赤坂(あかさか)のナイトクラブだの皇居の雅楽演奏を中継したのですから。
 わけがわからないなりに演出はおもしろかった。だがぼくにはやはり脚本が向いていることも確信できました。小説を書くようになるとは思わなかったな。

――ミステリ作家としてデビュー五〇周年、また卒寿おめでとうございます。これまでの作家業を振り返っていかがでしょうか? 転機になった作品や、特に印象深い出来事などございましたら教えてください。
 内藤陳(ないとう・ちん)さんに叱咤(しった)され紙屑にならずにすむモノを書いたのですが、どの社も拾ってくれず。書くより売り込むのに時間がかかって、でも宇山日出臣(うやま・ひでお)さんが快諾してくれたおかげで『サハリン脱走列車』が世に出ました。編集者刈谷(かりや)さんと組んだ『アリスの国の殺人』『完全恋愛』も思い出深いです。そもそも『仮題・中学殺人事件』を戸川安宣(とがわ・やすのぶ)さんがみつけてくれなかったら、小説家になっていなかったかも。

――小説、コミック、アニメの新作も常にチェックされていて尊敬しています。辻先生の中で新作に目を通すことはどんな意味がございますか?
 あ、これは好きだから。それだけです。子供のころの立ち読みとおなじです。今やロッキングチェアに腰をおろして読めるなんて贅沢(ぜいたく)の限りです。ドライアイとかすみ目がひどく、長く読めないのが辛いです。

――ミステリ作家を目指している方、また新人作家の方へメッセージをいただきたいです。
 新しいことをやりましょうよ。だってあなた若いんでしょう?(当たり前だ、ぼくに比べれば)

――『紙魚の手帖』読者に向けて一言お願い致します。
 どうぞこれからも末長くよろしくお願いいたします。(コラ、笑うんじゃない)

――今後のご予定を教えてください。
 いろんなシリーズに片端から幕を下ろしましたが、迷犬については曖昧だったので、最後の作として『異世界に伝わる九百九十九年密室で殺人が起きるらしいぞ 迷犬ルパン故郷に還る』を準備中です。夢の中で考えただけですから、今後どう変わるかわからんです。
 もうひとつ資料にあたっているのが『噓つきお兼(かね)の生涯 乱歩と小五郎』です。〝特殊設定にして十八禁ミステリ〟と冒頭にセールスポイントを掲げます。どんなものになりますやら。




辻真先(つじ・まさき)
1932年愛知県生まれ。名古屋大学卒。NHKに勤務後、『鉄腕アトム』『サザエさん』『デビルマン』など、アニメや特撮の脚本家として幅広く活躍。72年『仮題・中学殺人事件』でミステリ作家としてデビュー。82年『アリスの国の殺人』が第35回日本推理作家協会賞を、2009年に牧薩次名義で刊行した『完全恋愛』が第9回本格ミステリ大賞を受賞。19年に第23回日本ミステリー文学大賞を受賞。20年刊行の『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』が主要年末ミステリランキングにおいて3冠を獲得。

【本インタビューは2022年6月発売の『紙魚の手帖』vol.05の記事を転載したものです】

紙魚の手帖Vol.05
倉知淳ほか
東京創元社
2022-06-13




馬鹿みたいな話!: 昭和36年のミステリ
辻 真先
東京創元社
2022-05-31


デビュー10周年記念作品集  青崎有吾『11文字の檻』刊行


2011年年末~12年年初、第22回鮎川哲也賞の選考中、一本の応募原稿に大変感銘を受けたことはいまでも忘れられません。「高校生たちの活き活きとしたキャラクターに加えて、怒濤の謎解き」、本格ミステリの新たな魅力が溢れていました。それが青崎有吾さんの『体育館の殺人』との最初の出合いです。あれからもう10年も経つなんて、早いものです(ということは、担当歴も10周年なのかと、感慨深いです)。受賞後の活躍はここでは記しませんが、“平成のエラリー・クイーン”の愛称のもと、ミステリ業界に大きな影響をあたえてきたといえます。
つい先日11月4日より、『早朝始発の殺風景』(集英社文庫)が、WOWOWの連続ドラマとして放送中で、映像化によりまた新たなファンを獲得しています。

さて、本書『11文字の檻』は、デビュー10周年記念作品集。これまで、各社のアンソロジーなどに収録された短編に、書き下ろし、著者による各話解説を加えたものです。〈裏染天馬シリーズ〉とはまた異なった味わいのある作品ばかりの8作品です。本格ミステリから、SF的な作品、人気コミックのトリビュート作まで、青崎有吾さんの魅力が詰まった作品集、ぜひお楽しみ下さい。

*収録作品
「加速してゆく」
「噤ヶ森の硝子屋敷」
「前髪は空を向いている」
「your name」
「飽くまで」
「クレープまでは終わらせない」
「恋澤姉妹」
「11文字の檻」
・著者による各話解説





こちらのYouTube企画で、青崎さんと同じく今年デビュー10周年(おめでとうございます)を迎えた芦沢央さんが、「お好きな短編」としてご紹介いただいている「加速してゆく」「恋澤姉妹」の2編も本書『11文字の檻』には収録しております。

そして本書で最も注目なのは書き下ろし「11文字の檻」となるでしょう。
ざっと、あらすじを記します。

近未来の日本とおぼしき国が舞台。政府にとって不都合な作品を発表した罪で収監された、官能作家・縋田。人文学徒ばかりが集められたこの更生施設では、〈政府に恒久的な利益をもたらす11文字〉を見事正解できれば、放免されるという。囚人たちは一日中パスワードを考え続け、壁も床も文字で埋め尽くしてゆく……。百億通り以上ある途方もない数の組み合わせから、縋田は果たして正しいパスワードを見つけ出せるのか? 

また、本書の刊行およびデビュー10周年を記念して、
「祝!デビュー10周年
青崎有吾先生『11文字の檻』刊行記念プレゼントキャンペーン」を12月8日から実施します。

作中に収録されている短編の感想をTwitterで投稿していただくと、抽選でステキなプレゼントが当たるキャンペーンです。ぜひ、『11文字の檻』を、買って、読んで、投稿してください。





祝!デビュー10周年「青崎有吾『11文字の檻』刊行記念プレゼントキャンペーン」概要

青崎有吾さんのデビュー10周年と『11文字の檻』の刊行を記念して、キャンペーンを開催!
Twitterで素敵な感想をご投稿いただいた方の中から抽選で、田中寛崇さんの直筆イラストが入った青崎有吾さんのサイン色紙をプレゼント。
さらに外れた方の中から10名様に青崎有吾さんのサインが入ったクリアファイルをプレゼントいたします。

クリアファイル画像
クリアファイルのサンプル画像(クリックで拡大します)

◆プレゼント内容
・青崎有吾さんサイン色紙(田中寛崇さんの直筆イラスト入り)×5名様
・青崎有吾さんサイン入りクリアファイル×10名様

※クリアファイルはサイン色紙が外れた方の中から10名様にお送りします。
※クリアファイルは田中寛崇さんがイラストを書かれた『体育館の殺人』(単行本版)、『水族館の殺人』(単行本版)、『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』(単行本版)、『図書館の殺人』(単行本版)、『11文字の檻』の5種類の中から、ランダムに1枚をお送りします。


◆応募期間
2022年12月8日(木)~2023年1月15日(日)
当選商品は2023年2月中旬頃発送予定です。

※応募方法など、詳細は12月8日公開予定の東京創元社営業部のツイートをご確認下さい。

また、上記のプレゼント品でもあるイラストレーター・田中寛崇さんが手掛けた、『体育館の殺人』『水族館の殺人』『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』『図書館の殺人』、そして新刊『11文字の檻』の5種類のカバーを使ったクリアファイルも販売決定です。詳しくは、同じく12月8日以降に東京創元社営業部のtwitterでお知らせいたします。




〈六連合〉三部作完結編『蘇りし銃』刊行記念! 第一作『ナインフォックスの覚醒』を3名様にプレゼント!


9784488782016_600.in01

9784488782023_600.in01

小社では2020年3月にユーン・ハ・リーのローカス賞受賞作『ナインフォックスの覚醒』を、2021年8月には続編『レイヴンの奸計』を刊行しました。
作品世界が緻密に作り込まれた豪華絢爛たる遠未来の宇宙を舞台に繰り広げられる権謀術数を描いた本シリーズは、読者のみなさまからご好評をいただいてきました。

そして来たる2023年1月、いよいよシリーズ完結編『蘇りし銃』が刊行となります。
完結を記念して、第一作『ナインフォックスの覚醒』を抽選で3名様にプレゼントいたします! ぜひ本シリーズの魅力を味わってください。

応募は無料です。どしどし御応募ください!
応募方法は簡単、東京創元社の公式Twitterアカウント(@tokyosogensha)をフォローし、下記のツイート(以下をクリック)をリツイートするだけ!


※応募締切は12月20日(火)昼12時です!
※該当ツイートをリツイートしてくださった方の中から「3名様」を抽選で選ばせていただきます。非公開アカウントは抽選の対象外となります。
※御当選者のみに、12月23日(金)昼12時までにTwitterのダイレクトメッセージ機能を使って御連絡差し上げます。文庫を発送するため、御住所と御本名をお伺いいたします。御了承のほど、お願い申し上げます。

たくさんの御応募をお待ちしております!


■書誌情報
『ナインフォックスの覚醒』
ユーン・ハ・リー 著
赤尾秀子 訳
ISBN:978-4-488-78201-6
Cコード:C0197
文庫コード:SF-リ-2-1
装画:加藤直之
装幀:岩郷重力+W.I

*内容紹介

数学と暦に基づき物理法則を超越する科学体系〈暦法〉を駆使する星間大国〈六連合〉。この国の若き女性軍人にして数学の天才チェリスは、史上最悪の反逆者にして伝説の戦術家ジェダオの精神をその身に憑依させ、艦隊を率いて鉄壁のシールドに守られた巨大宇宙都市要塞の攻略に向かう。だがその裏には、専制国家の恐るべき秘密が隠されていた。2017年ローカス賞受賞、ヒューゴー賞・ネビュラ賞候補の魔術的本格宇宙SF! 解説=渡邊利道



レイヴンの奸計 《六連合》三部作 (創元SF文庫)
ユーン・ハ・リー
東京創元社
2021-08-16


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり