Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

プロの妙手や手筋について、棋力を問わず楽しめる! 金秀壯/洪敏和 訳『奇手、妙手、鬼手』


 江戸時代の名局の一つに「耳赤の一局」というのがある。ある程度の棋力のある人なら「耳赤の妙手」として知っている方も多いと思う。これは後に棋聖といわれた本因坊秀策(18歳)が当時準名人(八段、49歳)として名をはせた十一世因碩(幻庵因碩)と大阪で対局したときのもので、少し劣勢だった秀策が127手目を打ち、その時観戦していた医師が秀策の勝利を予想した。理由を尋ねると「この一手が打たれると、因碩師の耳が赤くなった。」といったという。この予想通りに形勢は逆転し、秀策が勝利した。

goban

 この一手は、大局観に裏打ちされた、将に一石四鳥の一手であった。こんな手はめったに打てるものではないが、囲碁を嗜んでいるからには、一度は打ってみたいものである。

 さて本書は、プロ同士の対局で実際にあった逆転の一手を集めたものである。プロ同士の対局では、「ここはこうなる」という風に読みが入っているため、めったに違えることはないのだが、それでも絶対とは言えない。一瞬の形のスキに乗じられることがある。打たれたら耳赤どころではないはずだ。息を呑むような、そんな瞬間の一手を問題形式にした。
 
 囲碁には三つの楽しみがあると言う。実戦で碁敵に勝ったり負けたりしているのは何よりのものであるが、他人の打つ碁をああでもないこうでもないと批評するのも楽しい。そして昔の名人たちの棋譜を並べてみるのも楽しい。プロたちの棋譜を並べて、一手がどんな意味を持っているのかとか、どんな構想を描いて打っているのかが分かるようになってくると、囲碁のレベルも違ってくる。強くなるのは当然だし、見方そのものが変わってくる。昨日の自分より強くなっているのを自覚できるのは楽しい。

創元推理文庫創刊60周年記念「名作ミステリ新訳プロジェクト」第10弾は、ラインナップ初の○○だ!


2019年1月から、創元推理文庫創刊60周年を記念して始動した〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉。これまで7冊の、いずれ劣らぬ名作たちを新たな姿で送り出してきました。そしてもうじき、8冊目となるイアン・フレミング『007/カジノ・ロワイヤル』(白石朗訳)、来月には9冊目となるヒラリー・ウォー『生まれながらの犠牲者』(法村里絵訳)を皆さまにお届けします。

myssinyakubanner

さて、その次は……? と気になるかたも多いはず。ここで、第10弾の詳細をお知らせします。
〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉第10弾は……

小森収編『短編ミステリの二百年1(仮)』

プロジェクト初となるアンソロジーの登場です!
本書は、書評家の小森収先生が当〈Webミステリーズ!〉で現在も連載中の評論「短編ミステリ読みかえ史」をベースに、19世紀から21世紀にわたり発表された厖大な海外ミステリ短編の中から、厳選した名作傑作を収録する全6巻のアンソロジーです。

このアンソロジーは以下のような編集方針となっています。

・短編は可能なかぎりすべて新訳で収録
・江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集』と収録作品の重複なし
・「短編ミステリ読みかえ史」を改稿した、作品解説としても読める評論を各巻に収録


第1巻には11人の著者による12短編を収録しました(1作家1短編とはかぎらないのも特徴です)。12編すべて、本書のための新訳です。
ここで、その目次をどこよりも早く公開いたします! どんっ!


「霧の中」
リチャード・ハーディング・デイヴィス/猪俣美江子訳
「クリームタルトを持った若者の話」ロバート・ルイス・スティーヴンスン/直良和美訳
「セルノグラツの狼」サキ/藤村裕美訳
「四角い卵」サキ/藤村裕美訳
「スウィドラー氏のとんぼ返り」アンブローズ・ビアス/猪俣美江子訳
「創作衝動」サマセット・モーム/白須清美訳
「アザニア島事件」イーヴリン・ウォー/門野集訳
「エミリーへの薔薇」ウィリアム・フォークナー/深町眞理子訳
「さらばニューヨーク」コーネル・ウールリッチ/門野集訳
「ブッチの子守歌」デイモン・ラニアン/直良和美訳
「笑顔がいっぱい」リング・ラードナー/直良和美訳
「ナツメグの味」ジョン・コリア/藤村裕美訳
  *
「短編ミステリの二百年」小森収


第1巻は1901年に発表された雰囲気抜群の綺譚「霧の中」(かつて東京創元社〈世界大ロマン全集〉4巻『緑のダイヤ』「霧の夜」の題名で収録)を巻頭に、『新アラビア夜話』集中随一の傑作「クリームタルトを持った若者の話」、深町眞理子先生の翻訳によるフォークナーの名作「エミリーへの薔薇」や、編者がウールリッチの最高傑作短編と断じる「さらばニューヨーク」、サリンジャーが作品中で絶賛した珠玉の短編「笑顔がいっぱい」などなど、マスターピースぞろい! 第2巻以降の準備も着々と進んでおりますので(そんな著者のあんな短編が新訳に!)、どうぞお楽しみに。

まだまだ続く〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉を、このあともどうぞよろしくお願いいたします!!


■〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉ラインナップ

1月 『ミス・マープルと13の謎』(アガサ・クリスティ著 深町眞理子訳)
2月 『クロイドン発12時30分』(F・W・クロフツ著 霜島義明訳)
3月 『赤い館の秘密』(A・A・ミルン著 山田順子訳)
4月 『Xの悲劇』(エラリー・クイーン著 中村有希訳)  
5月 『血の収穫』(ダシール・ハメット著 田口俊樹訳)
6月 『白い僧院の殺人』(カーター・ディクスン著 高沢治訳)
7月 『わらの女』(カトリーヌ・アルレー著 橘明美訳)
8月 『007/カジノ・ロワイヤル』(イアン・フレミング著 白石朗訳)
9月 『生まれながらの犠牲者』(ヒラリー・ウォー著 法村里絵訳)
10月 『短編ミステリの二百年1(仮)』(小森収編 深町眞理子他訳)← NEW!

(東京創元社M)

10007


【刊行予告】ミステリを読み解く愉しさを余すことなく語り尽くした歴史的名著が創元推理文庫で甦る。福永武彦、中村真一郎、丸谷才一『深夜の散歩 ミステリの愉しみ』


先鋭的な手法を駆使して文学の可能性を拡げ、斯界に特異な地位を築いた福永武彦。
王朝文学からフランス文学まで、創作のみならず広範な評論活動を展開した中村真一郎。
数多くの文学賞に輝き、豊饒な戦後日本文学の中でも類を見ない偉大な足跡を残す丸谷才一。
戦後日本文学史に小説と評論の両領域で名を刻む三人の文学者には、ある共通点があります。三人とも、熱心な推理小説愛読家であったことです。

福永氏は推理小説好きが昂じて、加田伶太郎という筆名で推理小説を執筆、それら作品群は『加田伶太郎全集』と題して刊行されています。精緻な論理と遊戯性を見事に共存させた短編の数々を以て、推理作家の都筑道夫氏も「日本の推理小説の歴史のなかで、きわめて重要な位置をしめるもの」と評しました。
中村氏も『黒い終点』(彌生書房)を始めとして推理小説的趣向を凝らした小説を長編と短編ともに書いているほか、ボアロー、ナルスジャック『私のすべては一人の男』(早川書房)や〈異色作家短篇集〉(同)の一冊であるマルセル・エイメ『壁抜け男』の翻訳も手掛けています。
丸谷氏も同様に、エドガー・アラン・ポー「モルグ街の殺人」などの翻訳が著名です(それらは創元推理文庫『ポオ小説全集』や中公文庫『ポー名作集』で読むことができます)。晩年も国内外の推理小説を古今と問わず旺盛に漁読、書評を寄せていました。推理小説に関する文章は『快楽としてのミステリー』(ちくま文庫)に集成されています。

文学界きっての推理小説愛読家であった三人は、1950年代後半から60年代前半にかけて読書エッセイを書いていました。福永武彦「深夜の散歩」、中村真一郎「バック・シート」、丸谷才一「マイ・スィン」――早川書房の雑誌〈エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン〉(現〈ハヤカワミステリマガジン〉)でバトンを繫ぐように連載されていた三つのエッセイは、1963年にハヤカワ・ライブラリという新書版叢書から刊行されました。初刊から10年以上が経った78年に増補のうえ「決定版」と題して講談社から再刊、その後には文庫化もされています。
推理作家であり翻訳家としても著名な小泉喜美子氏は「私は雑誌連載当時からこれに読みふけり、一冊にまとまってからは自分の“バイブル”として座右に置いてはひもといてきた」と愛読して、評論家の瀬戸川猛資氏は「日本のミステリ出版物の中においては全くの異色であり、ほとんど無比の存在といってもいい」と讃えた一冊です(『深夜の散歩』初刊から二十年以上のち、瀬戸川氏は名高きエッセイ『夜明けの睡魔 海外ミステリの新しい波』を刊行します。同書も『深夜の散歩』と同じく〈ハヤカワミステリマガジン〉で連載されていました)。
推理小説を読み解く愉しさを軽やかに、時に衒学的に、余すことなく語り尽くした『深夜の散歩』は、日本の推理小説評論を更新させた歴史的名著といえます。

東京創元社が文庫創刊60周年を迎えた2019年、初刊から五十年以上を経て、『深夜の散歩 ミステリの愉しみ』は新たな装いで創元推理文庫より刊行を予定しております。
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






Amazonライブリンク