Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

アマンワールド全開のミステリ短編集 『星空にパレット』刊行


デビュー作の『ボディ・メッセージ』以降、独特の雰囲気のミステリを発表してきた安萬純一。ファンからは、“癖になるミステリ”として評判ですが、今回『星空にパレット』と題した、短編集が刊行となりました。星空のように、煌めきのあるキレのあるミステリを揃えました。ですが、アマンワールドは、今回も全開です!
それでは、作品紹介をしていきましょう。

「黒いアキレス」←学園ミステリ???
なぜか探偵部を創設させた浩介たちは、下校途中にバドミントン部の合宿費の強奪事件に巻き込まれる。数人でその犯人を追いかけるも、あまりの足の速さに追いつけずに、見失ってしまう。数日後、味を占めたのか、犯人は再度学内で事件を起こして……。

「夏の北斗七星」←クローズドサークル???
事故で車を失った松島と床平は、怪しげなログハウスに宿泊する羽目に。どことなく人目を避けるかのような宿泊客に囲まれる中、殺人事件が発生する。閉ざされたログハウスで一体何が起こるのか? 

「谷間のカシオペア」←メタミステリ???
新宿歌舞伎町内の雑居ビルで殺人事件が起こった。どうやら、何者かがその事件を元にミステリを書いたようだが……。アリバイを偽っているのは誰なのか? そして、小説仕立てにしたのもその人物なのか?  

「病院の人魚姫」←屋上での密室殺人???
大学病院での看護師転落死の謎を追う医師たちと警察。事件が発生した時間帯には、屋上には被害者しかおらず、歯科医である、アマン先生ならではのトリッキーな犯人像を見破れるのか? 
 
 担当個人のオススメは、最終話「病院の人魚姫」。大学病院の雰囲気が垣間見ることができて、ミステリとしても「そうきたか」という醍醐味を味わえます。外出等に制限のあるいまこそ、屋内でミステリをじっくりと味わってみてください。

「あなたの復刊してほしい創元推理文庫2021」応募要項


復刊フェア2021


毎年好評をいただいている〈東京創元社 復刊フェア〉を、2021年も開催いたします。
時期は例年どおり秋頃を予定しております。

この復刊フェアに、いつも東京創元社の本をご愛読いただいている皆さまの意見を反映するべく、twitterを使ったアンケート企画「あなたの復刊してほしい創元推理文庫」を今年も実施いたします。

【過去の復刊フェア一覧】
◆昨年皆様からいただいた復刊希望つぶやきのまとめ(togetter)
くらり・冬
https://togetter.com/li/1459221
●2020年復刊フェア(2020年9月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/archives/23939954.html
●2019年復刊フェア(2019年9月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/archives/19614432.html
●2018年復刊フェア(2018年9月下旬より実施)
●2017年復刊フェア(2017年9月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/topic/1709-01.html
●2016年復刊フェア(2016年9月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/topic/1609-01.html
●2015年復刊フェア(2015年9月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/topic/1509-01.html
●2014年復刊フェア(2014年10月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/archives/12244205.html
●2013年復刊フェア(2013年9月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/archives/12245942.html
●2012年復刊フェア(2012年9月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/archives/12245799.html


下記の応募方法・注意事項をお読みいただいたうえ、ふるってご参加ください。


■応募方法
「復刊してほしい創元推理文庫のタイトル(書名)」を、ハッシュタグをつけてつぶやいてください。
●ハッシュタグは「 #創元推理文庫復刊2021 」です。ハッシュタグのないツイートは集計できませんので、必ずおつけください。
※ハッシュタグの前後には半角スペースを入れてください。
●応募期間は1月18日(月)~2月1日(月)です。日付が2月2日(火)に変わるまでにいただいたツイートが有効となります。

■注意事項
1:期間内であれば、おひとりで何作品あげていただいてもかまいませんが、集計の都合上、タイトル(書名)は1ツイートにつき1つでお願いします(上下巻は1つと数えます)。
2:復刊対象となるのは「かつて東京創元社から文庫サイズで刊行されていて、2021年1月現在品切れとなっている書籍」です。創元SF文庫創元ライブラリも対象です。対象外となるのは以下のような本です。
  a:東京創元社以外の出版社から刊行された本
  b:東京創元社の文庫サイズ以外の本(単行本など)
  c:現在新刊で購入できる東京創元社の文庫本
※「これまでに名前があがったけれど復刊が見送られた本」は対象となりますので、過去の同企画で既出の本を再度あげていただいてもかまいません。
3:シリーズまとめての復刊はフェアの性質上できませんので、ツイートの際は「○○シリーズ」というかたちではなく、その中の特定のタイトル(書名)をご指定ください。
4:人気投票企画ではないので、いちばん多く名前のあがった作品が復刊されるとはかぎりません。ご了承ください。
5:応募ツイートにつけられたコメントは、後日小社ホームページ他の媒体で使わせていただく可能性がございます。
6:そのほか不明点は @tokyosogensha アカウントに@つきツイートで問い合わせいただければ、可能なかぎり返答させていただきます。

たくさんのご応募、お待ちしております。
(2021年1月18日)

【特別連載】本城雅人『月の濁り』第五回


和泉日向は、かつての上司の伝手でパーシャンの釜田亮と会うことに。釜田亮が日向の会社のメンバーの引き抜きを画策しているという噂を聞いたためだ……。一方、上阪傑は取材のできない週末に、かつてパーシャンで働いていた元従業員に会いに出かけていく。怒濤の展開で贈る、長編連載第5回。

IT起業家の過去を巡る、本城雅人渾身の長編連載。 

2009月の濁り本城雅人バナー

02_01

02_02

02_03

4

02_05


●上記バナーをクリックすると縦書きビューワーが別ウィンドウで開きます。


本城雅人 (ホンジョウマサト )
1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒。スポーツ新聞記者、競馬雑誌デスクを経て、2009年『ノーバディノウズ』でデビュー。翌年に同作で第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞。17年に新聞記者たちの地道な取材をテーマとした『ミッドナイト・ジャーナル』が第38回吉川英治文学新人賞を受賞。18年に『傍流の記者』が第159回直木三十五賞の候補となる。近著に『オールドタイムズ』『あかりの牧場』がある。


友を待つ
本城 雅人
東京創元社
2018-07-20



 
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり