Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

新訳決定版にて40年ぶりに復活。 マーガレット・ミラー『鉄の門』



探偵小説の研究家としての側面も持つ江戸川乱歩は、本格探偵小説の新たな方向性を探す中で、アメリカの批評家ジェームズ・サンドゥーの評論に記されたマーガレット・ミラーの作品に興味を持ちました。「類別トリック集成」では『眼の壁』Wall of Eyes,1943)『雪の墓標』Vanish in an Instant,1952)
『鉄の門』The Iron Gates,1945)について論じていますが、とりわけ『鉄の門』は「終りに近いところなど息もつげないほどの面白さがあった」「心理的純探偵小説の曙光」と高い評価を残しています。

                    *
昨夜読んだばかりのマーガレット・ミラー(米)の「鉄の門」について一言する。これには近頃になく感銘したからである。(略)どう感心したかということは、短い文章では書けないが(いずれどこかへ詳しく書きたいと思っている)心理小説にして、しかも大きな謎が最後まで隠されていること、心理的伏線がいろいろ敷かれていて、読後思い当ることが多く、それが丁度物質的トリックの探偵小説のデータに当る役目を果していること、それらのデータは心理分析の角度から眺めてはじめて理解される底(てい)のものだから、裁判上の証拠になるような確実度はないが、心理的には物的証拠より強い同感があり得ることなど、私のいつも云っている「心理的手法による純探偵小説の新分野」を充分示唆するものである。
――江戸川乱歩『続・幻影城』より

                    *
十六年前に故人となった、産婦人科医アンドルー・モローの妻ミルドレットのことを、彼女の親友ルシールが回想する場面から物語は始まります。
ミルドレットの死後、モロー家の人々の面倒をみるうちにアンドルーの後妻として迎えられたルシールですが、兄を溺愛する義妹イーディス、ルシールを目の敵にする継娘ポリー、無関心を貫くその兄マーティンら、モロー家の人々とは表面的な関係しか築けず、強い緊張を強いられながら、彼女はかろうじて家庭生活を維持していました。
そしてある冬の日、謎の男がモロー家へとやってきて「特別配達」と称するルシール宛の小箱をメイドに渡します。その箱を受け取ったルシールは、何も言い残すことなくその日のうちに行方をくらましてしまいます。……この謎めいて魅力的な冒頭から、物語は思いもしない方向へと舵を切っていきますが、ここから先は読んでのお楽しみということで。

ミラーの著作の特徴として挙げられるのは、まずなんといっても「クライマックスの衝撃」、そして「心理描写の妙」ですが、初期の作品に類する『鉄の門』にもその片鱗は十分にうかがえます(とくに終盤は、乱歩の感想通り、息もつけぬほどの異様な緊張感に満ちています)。後者については一見に如かずということで、本文より主人公のルシールの心象風景を描いた部分から引用してみましょう。

彼女の夢見る心は、忘れようのない無意識の荒野で、さまざまなイメージに取り囲まれて動いていた。その光景は永遠にくり返されるのに、いつも初めて見るようだった。点々と足跡が続く雪原を、かもめのように、悪霊のように、歩いていく。足跡は残らず、影を落とすこともない。鉄の門が少し開いたまま後ろにある。頭上には、空が弧を描いてかぶさっている。平然と、どっしり構えているところは、まるで口を開けたはさみ罠のようだ。

「かもめのように、悪霊のように(like a gull,like a ghoul)」と頭韻を踏んでいる箇所などは、いかにもミラーらしい表現ですが、(ミラーのこういったテクニックについては『狙った獣』の宮脇孝雄先生の解説に詳しいです)、この情景描写の一語一語にまでこだわりぬいた文章は、一読忘れがたいものです。
せっかくなので、既刊からも今思いつく限りを下記に引用します。ぜひ皆さんも、ミラーの小説にちりばめられた美しい文章を探してみてください。

彼女は鏡という水晶玉を凝視していた。そこには未来と、記憶の毒に冒された夜と、欲望に蝕まれた昼があった。『狙った獣』

男はときどき、都会の住民がみな鳥に変わるという幻を見た。街路や高速道路でふいに車が永遠に停止してしまい、その窓から鳥たちが飛び立つ。『まるで天使のような』

この言葉に、ミセス・フィールディングが椅子からはっと飛びあがった。走者がスターターの銃声で飛び出すのに似ていた。しかし走っていくべき場所はどこにもなかった。『見知らぬ者の墓』

顔つきもきびしく重々しく、彼女は窓の外にじっと目を向けていたけれど、まるで頭がすっかり軽くなりからっぽになった心地、何か彼女には理解の及ばぬ魔術によって解放された無数の、湧きかえる小さなシャボン玉が、頭のなかで渦巻いているようだった。(『殺す風』)

狙った獣 (創元推理文庫)
マーガレット・ミラー
東京創元社
1994-12-18



まるで天使のような (創元推理文庫)
マーガレット・ミラー
東京創元社
2015-08-29



見知らぬ者の墓 (創元推理文庫)
マーガレット・ミラー
東京創元社
1988-05-29



殺す風 (創元推理文庫)
マーガレット・ミラー
東京創元社
1995-06-07


校正課だより 30年後の『蜜月旅行』


 初めて読んだセイヤーズ作品が『大忙しの蜜月旅行』で、まだ学生のころでした。三十数年前のことです。昭和33(1958)年刊のポケミス版(当時すでに刊行から30年ほど経っていたものを父の蔵書から発掘)で、タイトルは『忙しい蜜月旅行』となっていました。それから同じくポケミスで出ていた『毒』(創元推理文庫版のタイトルは『毒を食らわば』)を読み、その後創元推理文庫からピーター卿シリーズが出始めたので、次々に読んでいきました。


 先日、新訳の『大忙しの蜜月旅行』のゲラをちょっと覗く機会(残念ながら担当にならなかったので仕事で全部読むことはできなかったのです)がありました。そうそう、ピーターとハリエットの結婚予告から始まって……。何かと口出ししてくる兄嫁ヘレンと記事のネタを漁りにくる新聞記者たちを鮮やかにかわして結婚式を挙げ、蜜月旅行に出発、しかし……。

 学生のころ読んだ時には、主に筋立てのおもしろさに引っ張られて読んでいったように思いますが、今回新訳のゲラを拾い読みして、今まで気づかなかった新鮮なおもしろさを発見しました。

 ひとつは、笑えるポイントがあちこちに仕込んであること。〈トールボーイズ〉の隣人・ラドル夫人とピーター卿の従僕・バンターのやりとりなんて、相当おかしいです(私はポートワインをゆすってはいけないということをこの作品で覚えました)。担当K君が教えてくれたのですが、この作品はもともと戯曲として書かれたそうです。かけあいのおもしろさはそこに由来するのでしょうか。

 そして、セイヤーズの皮肉な視点が感じられること。これは、結婚予告のあとに置かれた6つの手紙からわかる、ヘレンのいかにもな嫌味な言動や、社交界の人々のこの結婚に対する見方などによく表れていると思います。ハリエットの恩師の手紙は、新婦にたいする愛情にあふれていますが、結びの「ディ・ヴァイン先生はどちらも知性が勝ちすぎているとお考えのようだけど――あまり何ごとにも悲観的になるのはどうかしら。わたしはどちらも知性が皆無なのに、ちっとも幸せでないカップルを山ほど知っています」の一文はかなりスパイシーです。

 ピーター卿の母・デンヴァー先代公妃はこれまでも大好きなキャラクターでした。ちょっと天然でよく言葉を思い違いしていたりしますが、実はとても賢く、『雲なす証言』でピーターの妹・メアリの仮病を見破った場面ではとてもかっこいいです。『蜜月旅行』では先述した6つの手紙のあとに先代公妃の日記の抜粋が引かれているところと、後半でピーターとハリエットが公妃のすまいを訪れる場面(この場面も好き)で登場しますが、ハリエットの立場と気持ちをよく察して思いやりぶかく接しているようすが、しみじみわかるようになりました。

 蜜月旅行ですが、甘い話ばかりではありません(死体が見つかってしまったこと以外にも)。この作品の時点でピーターは45歳ぐらいらしいですし、ハリエットもある程度の年齢になっているものと思われます(元彼が殺されたりなんだり、いろいろありましたからねえ)。それぞれ個性的ですし、ピーターには貴族としての立場があり、ハリエットには探偵小説家という仕事があります。お互い相手の個性を尊重し、プライドを傷つけたくないとも思っていますが、結婚生活となるとそうとばかりはいっていられない局面も出てくるわけで……。ふたりが、家族として暮らしていくためにどう折り合いをつけていくか、どのような関係性を築いていくか、その過程はとても興味深いです。

 筋立て以外のこまごました点に目が向くようになったのは、単純に再々々々読ぐらいになるのでということもあるでしょうが、そのほかに自分が三十数年分年を取ったということもあると思います。多少甲羅を経たことで、見えてきたものもあるのかなあと。作家として立派に自活してきたハリエットが、貴族の夫人としての体面を保つためにはピーターから財産分与を受けなければならないもやもやなどは、社会人生活を経験した今でこそわかるように思うのです。

 もちろん新訳版ですから、訳の違いも大きいです。以前読んだ時になんとなく腑に落ちなかった部分が、今回解決しました!

 デンヴァー先代公妃がハリエットに語ったピーターと従僕バンターのエピソード。ピーターのロンドンのフラットを、先代公妃が訪れたときのことです。ポケミス版の当該箇所を引用すると、
 「(前略)丁度バンターはピーターの朝御飯の世話をしていました……よく眠れないので朝も遅かつたのです……バンターは手にお皿を持つて部屋を出て来ましたが、わたしを見ると『ああ、奥様、御主人様はこんな卵はいやだ、向うへ片づけてソーセージを持つて来いとおつしやいました』というのです……バンターはすつかり参つてしまって、その熱い皿を居間のテーブルに置いたので、ニスがすつかりはげてしまいました(後略)」

 シリーズ読者の方はご存じのとおり、バンターは超優秀&忠実な従僕で、かゆいところに手が届くというか、かゆくなりそうなところに手が届くぐらいにピーターの身の回りの世話をしているうえに、探偵活動の助手も務めています。そんなバンターに対してピーターったらわがまま言ってだめじゃない、バンターがかわいそう、と思いつつ、なんとなく釈然としませんでした。

 それが今回の新訳ではこの場面の意味が百八十度変わり、バンターが大喜びしている感動の場面になっていたのです。

 ネット上に原文がみつかったので参照してみたところ、この訳の違いは“overcome”という語をどう訳すかによって生まれているようです。『ランダムハウス英和大辞典』の語釈には“overcome”の意味として「3 ⦅通例受身⦆ 〈人を〉(酒・薬物・疲労・感情などで)ぐったりさせる,無力にする,圧倒する」とありますから、ポケミス版の訳も成り立ちそうです。

 しかし、この時のピーターが第1次世界大戦に従軍したことによるシェルショックでひどい精神状態だったことを考えると、やはりこの場面のバンターの感情は喜びでしょう。シェルショックもPTSD(心的外傷後ストレス障害)の一種だと思います。PTSDについてよく知られるようになったのは、近年のことです。場面の意味合いが正反対になった背景には、60年前にはなかったPTSDについての知識があるといえるのではないでしょうか。

 平成17(2005)年刊行のハヤカワ文庫版(タイトルはポケミス版と同じく『忙しい蜜月旅行』)を確認してみたところ、“overcome”の訳語は「感動のあまり」になっていました。この時点で場面の解釈は変わっていたのですね。しかし、今回の新訳版では“overcome”のニュアンスを生かした、さらに場面によく合った訳語が選ばれていて、訳者さんのセンスが光ります。思わず膝を打つという感じです。

 30年後の『蜜月旅行』、新訳で読むのが楽しみです。(校正課K)

数学と暦がすべてを支配する宇宙――ユーン・ハ・リー『ナインフォックスの覚醒』、創元SF文庫より3月上旬刊行!


こんにちは、編集部SF班の(兄)です。毎年恒例の新刊ラインナップ説明会もぶじ終了し、予告した新刊をばりばりつくるぞー、という毎日です。
今回は、ラインナップ説明会でもお話しした3月上旬刊行の新作をご紹介します!




ユーン・ハ・リー『ナインフォックスの覚醒』あらすじ】
数学と暦に基づいて通常の物理法則を超越する科学体系〈暦法〉を駆使し、広大な宙域を支配する星間専制国家〈六連合〉。この国の若き女性軍人にして数学の天才ケル・チェリスは、鉄壁の〈不変氷〉シールドに守られた巨大宇宙都市要塞・尖針砦で起こった反乱の鎮圧を命じられる。ただしそれは、シュオス・ジェダオ――史上最高の戦略家にして、敵味方もろともに百万人以上を虐殺した最悪の反逆人――の精神をその身に宿す、という条件つきだった。
ローカス賞第一長編部門受賞、ヒューゴー賞・ネビュラ賞候補の、新鋭が放つ魔術的本格宇宙SF!



ユーン・ハ・リー『ナインフォックスの覚醒』は、アン・レッキー『叛逆航路』の系譜にも連なる本格宇宙SF。第一の魅力はユニークな主人公ふたりです。ある種のバディものといってもいいかもしれませんが、なにせひとくせもふたくせもある人物たちなので、油断のならないスリリングな関係性が物語のなかで展開されてゆきます。
さらに、東アジア風の文化が繁栄しているというユニークな世界設定も魅力のひとつ。アリエット・ド・ボダール『茶匠と探偵』(竹書房)などもそうですが、エキゾチシズムやオリエンタリズムにとどまらない、21世紀のSFならではの陰影豊かな異世界描写を楽しんでいただければと思います。
装画は加藤直之さん、装幀はワンダーワークス岩郷重力さん、解説は渡邊利道さんです。

なお、本作は三部作の第一部ですが、第二部『レイヴンの奸計』、第三部『レヴナントの銃』も来年中に刊行予定。お楽しみに!
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり