Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

宇宙行くのに、なに持ってく? 笹本祐一によるリアル宇宙開発SF始まります!


『星のパイロット』と同じ宇宙を描く
笹本祐一さんの宇宙開発SFシリーズ『星の航海者1 遠い旅人』
いよいよ刊行になります!!


星の航海者1

笹本祐一さんが『星のパイロット1』のあとがきで仰っていた、延長上の物語です。

 現実の宇宙開発は、物理法則、化学方程式に支配され、材料力学の許容する範囲で作られたロケットに限界ぎりぎりの性能を発揮させることで成り立っています。いっさいの御都合主義や超技術なしの現実世界で行なわれる宇宙開発が楽しくて面白くてねえ。
 そして、SF作家としては考えるわけです。この先になにがあるのか、と。
 我々の会社であるインターステラテクノロジズは、恒星間飛行を社名に冠しています。太陽系を出て行くのはいずれ目指すべき目標だけど、んじゃその頃の宇宙開発はどうなっていて、どんな世界になっているか。
 そんな構想をいじりはじめた頃、その世界は《星のパイロット》の延長上にあると気付きました。

【あとがき全文はこちら

スペースコロニー
を満たす大気、
酸素と他に何が必要? その容量は?

地球以外に人類が住める星を発見したとして、
その土地の食物を食べられる?

冷凍睡眠が可能になったとして、
放射線の影響を受けずに宇宙を渡り続ける方法はあるの?

探査機を作っても、地球型惑星が見られないかも。
それでも宇宙開発に投資するのはなぜ――?

『星の航海者1 遠い旅人』では宇宙進出までに検討された、
さまざまな問題をどのようにクリアしていったかが描かれます。


「超光速なし、慣性制御なし、反重力なし」
by笹本祐一さん

の恒星間宇宙SF、ぜひお楽しみください!!

【あらすじ】

人類が初めて開拓に成功した系外惑星ディープブルー。
彼方に浮かぶ青い星へ向け、宇宙船〈銀河を渡る風〉は
長い旅を続けてきた。

銀河連絡記録公社の恒星間記録員、メイアはその船内で、
20年にもわたる冷凍睡眠から目覚める。

地球年齢で308歳を迎えた彼女の半生は、
そのまま人類の宇宙進出史と重なり合っていた――

〈星のパイロット〉と同じ宇宙を舞台に描く待望の新シリーズ開幕!

星のパイロット (創元SF文庫)
笹本 祐一
東京創元社
2021-10-29


星の航海者1: 遠い旅人 (創元SF文庫)
笹本 祐一
東京創元社
2023-03-30




この不思議なタイトルの小説を是非お読みください。アリアンナ・ファリネッリ『なぜではなく、どんなふうに』


『なぜではなく、どんなふうに』
アリアンナ・ファリネッリ著 関口英子、森敦子訳  
海外文学セレクション(単行本)


 昨年末に刊行した『なぜではなく、どんなふうに』という不思議なタイトルの作品をご存じでしょうか?

 著者のアリアンナ・ファリネッリはローマ生まれで26歳でアメリカに移住。政治学の博士号を取得。大学で教えている。この作品の主人公ブルーナと同じ境遇です。
 アメリカの黒人初のノーベル賞受賞作家、トニ・モリスンのデビュー小説『青い眼がほしい』の一節から取られた言葉なのです。黒人の少女がなぜ、青い眼をほしいと思うようになったのかを「なぜ」では答えを出しにくいということから、「どんなふうに」と解き明かしていく作品なのですが、それにならって、ファリネッリは、青年たちが聖戦(ジハード)に参加するようになる理由を解き明かそうと、本書を書いたということです。

 独立心旺盛で進歩的な42歳の学者ブルーナが結婚した相手は極めて保守的な家庭に育った医師。ゴリゴリの保守派の両親に頭が上がらず、ブルーナは大学の仕事と、家庭との板挟みで苦しみ、キャリア的に友人たちに差をつけられ悩んでいます。
 そんな中、優秀で大人びた中学生の娘と性別違和を抱え、人形や姉の服で遊ぶのが好きな小学生の息子を旧弊な義理の両親から守ろうと彼女は奮闘しているのです。

 私たちは新しい時代に生きているつもりでいるのに、つい最近、トランプという悪夢のような存在に驚かされ、というより、そんな存在を熱狂的に支持する人々が、民主主義国家と思っていたアメリカにたくさんいるということに驚愕したわけですが、本書でも知的水準の高い人々の社会にも、差別的で驚くべき言動の人々がこれだけいて、それに苦しむ人がいるのだということを思い知らされました。
 苦しむブルーナが、教え子の20歳のムスリム青年と密かな関係を持つようになり、彼の子供を宿し……、ところが彼は突然イスラムの過激派組織ISISに加わるためにシリアへ旅だってしまう。
 なぜそんなことになってしまったのでしょう……?
 アメリカに住むイタリア出身の著者がイタリア語で描き出したアメリカの現代社会の分断。どのようにして、欧米の若者たちがジハードへと旅立つのでしょうか?

 マフィアの世界の現実を暴いたノンフィクションノヴェル『コカイン ゼロゼロゼロ』で有名なイタリアのジャーナリスト、ロベルト・サヴィアーノが監修したフィクションとノンフィクションのシリーズ〈ムニツィオーニ = 弾薬庫〉の第一弾の本書は、現代に生きる私たちに、一人の女性の苦しみ、悩みを描いてみせながら、現実の社会に広がる深い闇の存在をつきつけてきます。乗り越えるべき闇の存在に気がつくだけでも、未来を変えるきっかけになるのかもしれません。
 日経新聞の書評欄で栩木玲子さんが、こう書かれています。
「不倫小説である。と同時に家族小説であり移民小説であり政治小説でもある」

 是非お読みください。

辻真先『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』 待望の文庫刊行


たかが殺人じゃないか

 2020年の年末ミステリベストを席巻した、『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』が、いよいよ文庫刊行です。
 昨年、シリーズ第三弾の『馬鹿みたいな話! 昭和36年のミステリ』を刊行し、シリーズ三部作が完結したばかり。
『たかが殺人じゃないか』はシリーズ第二弾で、戦後すぐの昭和24年、高校3年生の男女が夏休み中に遭遇した二つの殺人事件を描いた長編ミステリです。学制改革のあおりを受けて、主人公たちの世代は旧制中学(5年制のため17歳で卒業)から、新制高校の3年生に進学します。たった1年だけの高校生活、しかも初めての男女共学にとまどう学生たちを、みずみずしく描きます。今作の紹介で何度か記していますが、主人公たちはまさに著者である、辻真先さんご自身がモデルです。著者自身が経験したことに裏付けされた高校生活を横軸に、不可解な殺人事件を縦軸に話は進んでいきます。
 戦後すぐという日本の混乱期に起こった事件ということで、この時代を知らない多くの方々に読んでいただきたい一冊です。もちろん、シリーズ第一作を読んでいなくとも問題はございませんので、ご安心を。

 あらすじは以下です。

昭和24年、ミステリ作家志望の風早勝利は名古屋市内の新制高校3年生になった。学制改革による、1年だけの男女共学の高校生活。そんな夏休みに、勝利は湯谷温泉での密室殺人と、嵐の夜に廃墟で起きた首切り殺人に巻き込まれる! 自ら体験した戦後の混乱期と青春の日々を、著者がみずみずしく描き出す。『深夜の博覧会』に続く、“昭和ミステリ”シリーズ第2弾、待望の文庫化。

 そして、来月4月末には辻さんのミステリデビュー作『仮題・中学殺人事件』の新装版をお届けします。1972年に刊行(50年前!)された伝説的な作品ですが、この当時から辻真先らしさ全開です! ご期待下さいませ。




東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり