Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

ミステリ界のレジェンド・辻真先が放つ 渾身の本格ミステリ『たかが殺人じゃないか』刊行


 現在の新型コロナウィルスの影響で、9月入学・新学期の導入が囁かれるようになってきました。そうなるとすべての仕組みが欧米型のスケジュールが組み込まれることも考えられます。もし9月入学・新学期となった場合は、社会的な大きな変化になりそうです。
 ある意味、第二次世界大戦後の学制改革以来の大きな変化になるかもしれません。
 さて今作『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』はそんな変化のあった高校生を主人公に、ストーリーは進んでいきます。現在同様の小学校6年、中学校3年、高等学校3年の「633制」への移行や、男女共学化が図られました(編集担当のわたくしの出身の北関東など一部地域では共学化はされなかったようです。公立高校なのになんでなの!)。戦後しばらくは旧制度と混在していた地域が多かったようですが、作品の舞台である名古屋では昭和24年度からスタートしたようです。

 主人公の風早勝利は、実家が割烹料理店を経営する、推理小説家を目指している少年。この昭和24年の春から新制高校3年生となった17歳。昨年度までは旧制中学の5年生で、大学進学のため1年だけ高校生活を送ることになった。何せこれまでと違って、同じクラスに異性いることに戸惑っている生徒が多いのだから。というのもまさに、著者の辻先生がその世代。
 そんな中、勝利たちは推理小説研究会の活動を行っていた夏休みに事件に巻き込まれる――。勝利は推理小説研究会と映画研究会のメンバー合同で、1泊2日の小旅行に向かった。小旅行先の湯谷温泉で起こった密室殺人、さらにその後のキティ台風が到来する晩に起きた解体殺人。青春ミステリの肝である、学園祭を挟んで、二つの事件に勝利が迫ります。事件そのものにはあまり関わりませんが、『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』で名探偵役を務めた、那珂一兵も勝利に重要なアドバイスを与えるために登場しています。
 はじめての男女共学、謎の美少女転校生、夏休みと、青春ミステリの要素がこれでもかと揃った傑作に仕上がっています。どうぞお楽しみに!

深夜の博覧会
辻 真先
東京創元社
2018-08-22


もしも人生を何度でもやりなおせるとしたら……。 様々な生を生きるひとりの女性の物語 ケイト・アトキンソン『ライフ・アフター・ライフ』


『ライフ・アフター・ライフ』
ケイト・アトキンソン 青木純子 訳
 本書は、ヒロイン、アーシュラ・ベレスフォード・トッドが、幾度となく生まれては死に、その度に異なる様々な人生を生きる物語です。

 1910年の雪の晩、首に臍の緒が巻きついて生まれたためアーシュラは呼吸が出来ずに死んでしまいます。その日は大雪で、医師が間に合わなかったのでした、
 しかし、また同じ大雪の晩、今度は幸いにも医師が間に合って彼女は生を受けることになります。
 イギリスの田舎での子供時代、彼女は海で溺れて命を落とし、また別の生では、スペイン風邪で命を落とす。かと思えば、兄に投げ捨てられたリリアン編みの道具を取り戻そうとして、屋根から落ちて死亡、別の人生では、ドイツでフューラーと呼ばれる男の暗殺を企て銃撃され……さらにはロンドン大空襲で命を落とすのです。
 なんという繰り返し。いえ、繰り返しではなく書き換えということでしょうか。パリンプセストのように何度でも上書きされていく人生。

 デジャヴュとは、生き続けられなかった、今とは別の人生のかすかな名残、かすかな記憶なのかもしれません。
 そういえば、私は子供時代のほうが頻繁にデジャヴュを感じた気がします……。長く生きてしまった大人にとって、以前の別の生はかなり遠いものになっています。子供時代であれば、その前の、あるいは、そのまた前の別の人生はまだそう遠くには行っていない……。だからでしょうか、と妙に納得できるのです。
 
 ケイト・アトキンソンは、『博物館の裏庭で』(新潮社)で、ウィットブレッド文学賞(後にコスタ賞と名称変更)を受賞しました。そして本書でもコスタ賞を受賞。さらに、本書の姉妹編といわれる A God in Ruinsでもコスタ賞を受賞しています。つまり、コスタ賞を三度受賞している作家ということになります。
 小社の海外文学セレクションの一冊として『世界が終わるわけではなく』(飼い猫が、気がつくと大きくなってソファにすわりアイスクリームをバレルから食べている ! というような、なんとも独創的な話がいくつか詰まった短編集)を刊行すると、その独特の感性の虜(とりこ)になった読者は多かったはずです(現在品切れ中)。
 また、彼女は探偵ジャクソン・ブロディが活躍するミステリのシリーズも書いており、イギリスではテレビドラマ・シリーズにもなっています(小社では、同シリーズの『探偵ブロディの事件ファイル』『マトリョーシカと消えた死体』の二冊を刊行しましたが、残念ながら、こちらも現在品切れ中)。小社のケイト・アトキンソン作品はいずれも青木純子さん訳です。
 
 ループものと呼ばれる作品はいくつもありますが、アトキンソンの作品は、ひと味違う読み心地で、新しい発見がある素晴らしい読書体験になると思います。そればかりか、人生について大いに考えさせられることにもなるでしょう。
 正しく生きられるまで何度でもやりなおせたら……。そうしたら、どんなに素敵なことでしょう !

海外の書評から
◆人生の分かれ道について、夢やデジャヴュについて、そして時の壮大な企みについて深く考えさせられる小説だ。――サンデー・エクスプレス
◆もしも感動したいなら、本書をお読みなさい。もしも素晴らしい贈り物をしたいなら、お友達のために本書をお買いなさい。――ヒラリー・マンテル
◆読み終えた途端に読み返したくなる(まるで主人公の人生のように)稀有な小説。

※いくつもの人生への扉と、少女と大人の女性……アーシュラの世界を雰囲気のある作品として描いてくださったのは、牧野千穂さん。そして、魅力溢れる一冊に作り上げてくださったのは、ブックデザイナーの柳川貴代さんです。(編集部M・I)

前人未踏、3年連続で三部作すべてがヒューゴー賞受賞! N・K・ジェミシン『第五の季節』(小野田和子訳、創元SF文庫)6月上旬刊行!


6月上旬刊行の創元SF文庫『第五の季節』は、なんと2016年・2017年・2018年と史上初の3年連続で三部作すべてがヒューゴー賞長編部門を受賞した(3作目はネビュラ賞長編部門も受賞)、破滅SF《破壊された地球》三部作の開幕編です。

カバー&オビ色校正紙

 数百年ごとに〈第五の季節〉と呼ばれる天変地異が勃発し、そのつど文明を滅ぼす歴史がくりかえされてきた超大陸スティルネス。この世界には、地球と通じる特別な能力を持つがゆえに激しく差別され、苛酷な人生を運命づけられた“オロジェン”と呼ばれる人々がいた。そしてまた、“石喰い”と呼ばれる、人間の姿をした謎の存在も……
 あらたな〈季節〉が到来しようとする中、息子を殺し娘を連れ去った夫を追うオロジェンのナッスン。
 オロジェンであると知られたがゆえに家族から引き離され、特異な教育機関フルクラムに連れていかれた少女ダマヤ。
 フルクラムで磨いたオロジェンとしての能力を用い、他者に奉仕することを義務づけられた女性サイアナイト。
 3人の女性の物語は、ジェミシンの見事な語りのなかで縦横に絡みあい、やがては予想もつかない全体像をあらわします。

 もちろん、三部作の続刊も創元SF文庫より発刊予定。まずは、第一作『第五の季節』の衝撃を皆さんも味わってください!


■著者紹介 N・K・ジェミシン
1972年米国アイオワ州生まれ、ブルックリン在住。メリーランド大学カレッジパーク校で教育学の修士号を取得。2002年に小説を発表し始める。2010年のデビュー長編『空の都の神々は』で翌年のローカス賞第一長編部門を受賞。2015年の本作に始まる三部作で、前人未踏の3年連続ヒューゴー賞長編部門受賞を達成(第3部The Stone Skyではネビュラ賞長編部門も受賞した)。

■訳者紹介 小野田和子
1951年生まれ。青山学院大学文学部英米文学科卒業。訳書に、アイザック・アシモフ『夜来たる[長編版]』、アーサー・C・クラーク『イルカの島』、アンディ・ウィアー『火星の人』他多数。

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり