Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

「今、振り返る 小鳩君と小佐内さんの謎解きの軌跡」(米澤穂信『巴里マカロンの謎』)


 米澤穂信が描く、小鳩君と小佐内さんの名コンビが活躍する人気シリーズ。この度、実に11年ぶりとなる新刊が発売されます。それを記念して、ふたりの謎解きの軌跡を振り返りたいと思います!(2016年12月発売の『ミステリーズ!80号』に掲載した記事と同じ内容です)


*******

 米澤穂信が贈る人気シリーズの名コンビ、小鳩(こばと)君と小佐内(おさない)さんが帰ってきました! 名探偵になどならず、小市民として慎(つつ)ましく生きたいと願っているのに、さまざまな謎に出合ってしまう小鳩常悟朗(じょうごろう)と小佐内ゆき。そんなふたりのおかしな日常と推理を描いてきたシリーズの最新作は、なんと7年ぶりの登場となりました。
 本誌4ページに掲載の新作短編「巴里マカロンの謎」をよりお楽しみいただくため、編集部のIがシリーズの魅力を改めて振り返りたいと思います。

(2004年12月刊行/創元推理文庫)

あらすじ:
 小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に駆られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星をつかみとることができるのか?

読みどころ:
 記念すべきシリーズ第1弾。ふたりが船戸高校に入学し、一年生の一学期で遭遇した事件5編を収録しています。消えたポシェット捜索を描く「羊の着ぐるみ」。意図不明の二枚の絵の謎を解き明かす「Your eyes only」。どんな方法を用いて美味(おい)しいココアを作ったかを推理する「おいしいココアの作り方」。テスト中に割れたガラス瓶の謎を描く「はらふくるるわざ」。小佐内さんの自転車盗難事件が思わぬ結末を迎える「狐狼の心」
 中学時代の失敗から、目立たないように学生生活を過ごそうとするものの、つい謎を解いてしまう小鳩君と、そんな小鳩君をたしなめつつ、甘いものを前にすると積極的になってしまう小佐内さん。そんなふたりのやり取りが微笑(ほほえ)ましい……と思っていると、終盤の怒濤(どとう)の展開と、明かされるある真相に驚かされることでしょう。

(2006年4月刊行/創元推理文庫)

あらすじ:
 小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢(さか)しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を! そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは〈小佐内スイーツセレクション・夏〉!?

読みどころ:
 待望の第2弾は、ふたりの二年生の夏休みの出来事を長編構成で描いています。小鳩君が、小佐内さんが作成した〈小佐内スイーツセレクション・夏〉のリストに従い、彼女のお菓子店巡りに付き合う中で、やはり様々な謎に遭遇してしまいます。
 小鳩君があまりの美味しさのために食べてしまったシャルロットの痕跡を隠すため、小佐内さんと心理戦を繰り広げる「第一章 シャルロットだけはぼくのもの」。「半」の字だけが書かれたメモの謎を解く「第二章 シェイク・ハーフ」など。
 うっとりするくらい美味しそうな甘いもの描写に磨(みが)きがかかる一方で、各章で謎が解決するたびに醸(かも)し出される不穏さ、「第四章 おいで、キャンディーをあげる」で起こる大事件の緊張感もたまりません。そして、「終章 スイート・メモリー」で小鳩君が推理を語り終えた時、小佐内さんとの関係に重大な変化が訪れます。
 なお、本書は『2007本格ミステリ・ベスト10』の国内ランキングで第4位を、『このミステリーがすごい!2007年版』の国内編第10位を獲得しました。

(2009年2・3月刊行/創元推理文庫)

あらすじ:
 あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。学校中を二人で巡った文化祭。夜風がちょっと寒かったクリスマス。お正月には揃って初詣(はつもうで)。ぼくに「小さな誤解でやきもち焼いて口げんか」みたいな日が来るとは、実際、まるで思っていなかったのだ。――それなのに、小鳩君は機会があれば彼女そっちのけで謎解きを繰り広げてしまい……。

読みどころ:
 シリーズ初の上下巻となった本作は、前巻の直後、二年生の二学期から三年生の二学期までの一年間を描いています。前巻の事件がきっかけで、別行動をとるようになったふたり。小鳩君は仲丸(なかまる)さんという可愛い彼女ができ、小佐内さんは新聞部の瓜野(うりの)君と共に過ごすようになります。
 やっと小市民らしい穏やかな日常を手に入れたと小鳩君が喜んだのも束の間、つい彼女そっちのけで謎解きに興じてしまいます。おまけに、熱心に連続放火事件を追う瓜野君の傍(かたわ)らで、小佐内さんも謎めいた行動を取るようになり……。
 放火魔を追跡する謎解きパートの面白さはもちろん、初々(ういうい)しい彼らの交際を描く日常パートも魅力です。また、「ふたりはいつ再会するの?」というやきもきした気分も味わえます。そうして、この巻のラストで小鳩君と小佐内さんの関係が本当はどんなものであるか、答えが出ます。いったい、ふたりの結論とは?
 なお、本書は『ミステリが読みたい!2010年版』国内篇キャラクター部門第4位を、『このミステリーがすごい!2010年版』/国内編第10位を獲得しました。

* 
 そして小鳩君と小佐内さんが新たに遭遇したのが「巴里マカロンの謎」です。これからも、ふたりの前にはどんな謎と甘いものが待ち受けるのでしょうか? 彼らの活躍を、これからもどうぞご期待ください。(文責:編集部I)

営業部日誌「昨年たてた抱負を達成したかもしれない」の巻


どうも、営業部のFです。今年最初の営業部日誌です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさんは今年の抱負はたてられましたか。「○○をするぞ!」とか「△△に行くぞ!」とか。私は毎年ちゃんと抱負をたてて、メモにして残しています。もう大好きですね、抱負をたてるの。そして、メモを見返して「今年も何も達成しなかったな」と振り返ります。毎年です。懲りないですねー。しかし、昨年ひとつだけ達成したと思しきものがありました。それがこちら。

「映画いっぱい観るぞ!」

記録をとるのが好きな私、昨年観た映画のタイトルをメモしておりました! その数246本です! いっぱいの定義をしておりませんでしたが、200本超えたらそれはもういっぱいと言ってよいのではないでしょうか。ということで達成とさせていただきました。本日はそんな私が昨年観た映画を厳選しておすすめしようかなと思います。

そして、東京創元社は主に小説を刊行している出版社ですからね、当然映画原作の作品も多くございます。せっかくなので、弊社の書籍が原作となっている映画を紹介させていただきます。
今弊社で一番有名な映画化作品は現在も公開中の『屍人荘の殺人』でしょうか。映画化の効果もあって、昨年9月に文庫化して現在も書店さんの週売ランキングに入る人気ミステリです。私は原作小説も映画もどちらも大好きな作品ですが、まだ公開している映画館も多いので、今回は控えさせていただきますね。それでは早速いきましょう。



まずは一つ目。『怪物はささやく』



少年コナーのもとにある日怪物がやってきて3つの物語を話し、最後はコナー自身に彼が隠している真実を語らせるというお話です。怪物はなぜ3つの物語を語るのか、コナーは何を隠していたのか、そしてコナーは最後に何を語るのか、『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが魅せる綺麗な映像とともに心を揺さぶられるファンタジー作品です。
コナーの母親役にフェリシティ・ジョーンズ、コナーの祖母役にシガニー・ウィーバー、怪物の声はリーアム・ニーソンと豪華なキャストも魅力的です。特に私はリーアム・ニーソンが大好きでしてね。『シンドラーのリスト』とか『スター・ウォーズ』のクワイ=ガン役としても有名ですが、私は特にジャウマ・コレット=セラ監督作品に出ているリーアム・ニーソンが大好きです。『フライト・ゲーム』とか『トレイン・ミッション』とか。この後どうなるの? と10回以上思ってしまうようなハラハラな展開満載のサスペンスです。

弊社の作品だと、『そしてミランダを殺す』『蝶のいた庭』『夏を殺す少女』など好きな方は大好きな映画かなと思います。どれもハラハラドキドキさせられますよ!
途中からリーアム・ニーソンの話になってしまいましたが、幻想的な映像を楽しみたいという方には『怪物はささやく』はオススメです!

そして二つ目。『ロング,ロングバケーション』


末期癌の妻とアルツハイマーの夫がフロリダのヘミングウェイの家を目指して旅をするというハートフルなロードムービーです。仲睦まじい夫婦の姿もよく描かれていますが、妻のエラは自分が末期癌で、アルツハイマーの夫・ジョンを残して先に逝ってしまうであろうことに苦悩している描写も多く、観ていて胸が詰まります。
妻・エラ役にヘレン・ミレン、夫・ジョン役にドナルド・サザーランドと名優の共演が魅力的で、途中あることがきっかけでエラが激怒するのですが、アメリカ人のおばあちゃんもブチギレたら「Son of a bitch!!」とか「Kill you!!」とか「Go to hell!!」とか言うのだなとジャパニーズ的発想でビビって観ておりました。
ちなみに弊社では『旅の終わりに』というタイトルで刊行しておりました。残念ながら現在は品切れの作品です。気になる方はぜひ映画を観てみてくださいね。ちなみにロードノベル作品で他にオススメといえば『パイド・パイパー』は外せないでしょうね。第二次大戦下、老人一人で預かった子供たちを英国まで送り届けるという話ですが、涙なしには読めない傑作です。映画ではなく、小説でこの手の話をという方は『パイド・パイパー』をご一読ください。

最後に三つ目。『薔薇の名前』。1986年の映画なので、映画のHPはないですね。

中世イタリアの修道院で起きた連続殺人の謎を追う作品です。本好きの方は大体そうだと思うのですが、私は映画に原作小説がある場合、まず小説から読むタイプです。でも『薔薇の名前』に関しては映
画から先に観るのも良いかなと思っております。
というのも、私は大学時代に『薔薇の名前』読みました。いえ、あれは字面を眺めましたというほうが正しいでしょう。私は、『薔薇の名前』を読んだという達成感が欲しかったのです。今回映画版を観て、こういう展開だったのねと思うところが多々ありました。映画版は省略されている箇所も多いですが、おおまかな流れは掴めます。私同様原作の『薔薇の名前』に苦戦した方も多いことでしょう。なのでまずは映画を観て流れを掴みましょう!
探偵役のウィリアムをショーン・コネリーがウィリアムの弟子役・アドソをクリスチャン・スレーターが演じています。クリスチャン・スレーターといえば、今話題の『流浪の月』の作中に登場する『トゥルー・ロマンス』の主演をやられていますね。『流浪の月』の余韻にまだ浸っている方は、『トゥルー・ロマンス』を観てもう一度『流浪の月』を読み直すのも良いのではないでしょうか。

以上、F的オススメ映画紹介でした。どうでしょう、随所に自社の小説も紹介するという出版社の人間にしか出来ないステルスマーケティングレビューです。まあ、小説好きは映画好きでしょうし、どちらも楽しんでいただけたら嬉しいです。

ところで、新宿には「バルト9」という映画館があります。今は引っ越してしまってあまり利用していませんが、学生時代はよく利用した映画館です。
先日妻と一緒に新宿のインドカレー屋さんでランチしていた時のことです。ランチタイムを過ぎていたためか店内は空いていて、私たちの他にはもう一組同世代のカップルがいるくらいでした。それほど広くない店内、どうしても向こうの会話が聞こえてきます。どうやらこの後どうするか、映画でも行くかなどと話しているようです。彼氏のほうは結構映画好きなようで、現在公開中の映画のタイトルをいくつも挙げていて、彼女のほうはテンション高めに「めっちゃ観にいきたい!」とはしゃいでいました。楽しそうです。私たち夫婦は黙々とカレーを食べていました。食べ放題でしたので。彼氏のほうがスマホを取り出し、今やっている映画情報を調べ始めます。そして「とりあえずバルト9に行くか!」と言いました。
彼女も答えます。「『バルト9』、めっちゃ観たい!」。
「「「え、バルト9って映画館のことだよ」」」(私たち夫婦の心の声含む)
ちょっと適当過ぎませんか、彼女。さっきまでの「めっちゃ観たい」と言っていた作品も実は何一つわかっていなかったのではないでしょうか。確かに『バルト9』って映画ありそうだけども。
きっと彼氏と一緒にどこか行けるのが楽しくてしょうがないのだろうねと、外野の我々は思えるのですが、彼氏のほうは呆れ顔でちょっと怒っていました。こういうところですれ違いが起きるのですね。みなさんも気を付けましょう。それではまた次回!

屍人荘の殺人 (創元推理文庫)
今村 昌弘
東京創元社
2019-09-11


怪物はささやく (創元推理文庫 F ネ 2-1)
パトリック・ネス
東京創元社
2017-05-28


薔薇の名前〈上〉
ウンベルト エーコ
東京創元社
1990-02-18


薔薇の名前〈下〉
ウンベルト エーコ
東京創元社
1990-02-25


小林信彦『大統領の密使/大統領の晩餐』、南條範夫『血染めの旅籠 月影兵庫ミステリ傑作選』、鮎川哲也『幻の探偵作家を求めて』…「ミステリーズ!97号」書評 大川正人 その2


 国内では〈小林信彦コレクション〉より『大統領の密使/大統領の晩餐(ばんさん)』(フリースタイル 1800円+税)が出ています。ジュヴナイルからはじまった小林のオヨヨ大統領シリーズの大人向け第一・第二長篇の合本で、小林の実弟・小林泰彦による初刊本の挿画が復刻されています。


 人気DJの今似見手郎(いまにみてろう)は深夜放送の仕事のあと、仮眠をとったホテルの備品を失敬するのを常としていました。あるとき聖書を失敬してから、各国の組織から狙われるようになって――『大統領の密使』

 作中引き合いに出される『マルタの鷹』『丹下左膳 こけ猿の巻』よろしく、対立組織の目まぐるしい宝物争奪戦がえがかれます。基本的にはミステリのパロディとして書かれたコメディですが、そこに秘められた企みはミステリ読みにもおすすめしたいものです。

〈昭和ミステリールネサンス〉からは河野典生『八月は残酷な月』(山前譲編 光文社文庫 920円+税)が出ています。作者の言葉を借りればピカレスク小説ですが、若者の犯罪をえがいた初期短篇がおさめられています。この叢書の愛読者には間違いなくおすすめです。高城高らと並び国産のハードボイルド小説を先駆けて手がけた河野の作品は、推理作家協会賞受賞の代表作『殺意という名の家畜』しか新刊で入手できない状態が長らく続いていましたから復刊は嬉しいですね。


 すでに電子書籍での復刊が進んでもいますから、収録作が気に入ったかたは初刊の短篇集へ、長篇であれば『他人の城』へ進んでいただければと思います。筆者がおすすめしたいのは本書の硬派な路線に程よくユーモアを混じり合せた連作『三匹の野良犬』で、こちらも復刊の機会があるとよいのですけれど。

 南條範夫『血染めの旅籠(はたご) 月影兵庫(つきかげひょうご)ミステリ傑作選』(末國善己編 創元推理文庫 1300円+税)はすっかりお馴染(なじみ)になった時代ミステリ復刊企画からの一冊。「素浪人 月影兵庫」の題のTVドラマでその名を耳にしたことがある方はいらっしゃるでしょうか。明朗快活な剣士月影兵庫が旅先で遭遇する奇想に満ちた事件はいずれも面白いものです。この収録作がお好みならば、『隠密くずれ』シリーズや『江戸御用帳』あたりが次に手に取る作品としてはおすすめです。



 南條のミステリは現代ものの代表作『からみ合い』が今年復刊されてもいますので、あわせておすすめします。多数の登場人物の思惑が文字どおりからみ合う面白い長篇で、こちらの路線も『情事の連環』『見えない鎖』など、おすすめ作品をあげようと思えば枚挙にいとまがありません。

 評論書を復刊する新たな叢書《論創ミステリ・ライブラリ》の刊行がはじまっています。鮎川哲也『幻の探偵作家を求めて 完全版 上』(日下三蔵編 論創社 3800円+税)は、幻影城《EQ》などで鮎川哲也が消息の気になる探偵小説作家の本人や遺族を自ら訪ね歩いた尋訪記の復刊です。完全版というとおり、連載のうち未単行本化だった回をおさめるだけにとどまらず、連載以外の外伝的な記事までがおさめられています。さらにボーナス・トラックとして、鮎川が手がけたアンソロジー群の鮎川による解説や作者紹介文をおさめる充実ぶりで、大著の二巻本になるのも納得です。続刊は既に山村正夫『推理文壇戦後史』が予告されていますが、今後どのような評論書が復刊されるのか、とても楽しみですね。

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。