Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

『呪術廻戦』で呪いや呪術にハマった読者にお薦め! 呪物を求めて旅する不死の少年と獣の姿の兄、そんな二人(?)が呪いを解く〈千蔵呪物目録〉シリーズ最新刊、『見守るもの』刊行


『鬼滅の刃』の“鬼”に続いて、『呪術廻戦』の“呪い”が流行中ですが、この〈千蔵呪物目録〉も、呪われた品物“呪物”を管理する一族唯一の生き残りの少年が遭遇する、呪いがらみの事件を描く傑作ファンタジイ。『呪術廻戦』で“呪い”にハマった読者の皆さんにお薦めの三部作。
『天地明察』『魔女をまもる。』の槇えびし先生による朱鷺と冬二のカバーと、登場人物の挿絵も魅力的です。

 とある深い山奥に、倉持村という村があった。村の大地主である千蔵家は、代々呪物、――つまり呪いによって,存在するだけで周囲になんらかの危害を及ぼす、あるいは不可思議な現象を引き起こす物――を管理し、人々を呪いから守ることを使命とする一族だ。 千蔵家の分家である村の農家に生まれた朱鷺は、五歳のときに本家の養子になった。
 朱鷺には呪いに関わるものを見通すことにできる、千蔵家の血筋に伝わる不思議な力が備わっていたのだ。
 だが、ある事件で千蔵家の血は朱鷺をのぞいて途絶え、千蔵家が管理していた呪物は散逸してしまった。以来、朱鷺は各地に散らばった呪物を集めるために、獣の姿をした兄冬二と共に終わることのない旅を続けているのだ……。

●最新作〈千蔵呪物目録3〉『見守るもの』

 知り合いからの依頼で、ある呪物を回収しに向かう旅の途中、珍しく体調を崩した朱鷺。直前に兄冬二(獣のすがたをしている)とも喧嘩別れしてしまったせいで、ひとり倒れているところを、通りかかった時藤蓮香という女性に助けられる。
 蓮香がひとり住む家の一間で目を覚ました朱鷺は、救い主である蓮香が何かに呪われていることに気づく。実は、時藤家には一族の危機を予告し守ってくれるといわれる〈石〉が伝わっており、その〈石〉に選ばれた蓮香は〈石〉のある家から離れて住むことができないのだ。そして、常に〈石〉の視線を感じ続けるせいで他人の視線に過敏になり、人付き合いもできず、引きこもって暮らしていた(そもそも人付き合いが得意な性格ではないのだが)。
 時藤家に伝わる〈石〉が呪物であれば、蓮香を呪いから解放し、〈石〉を千蔵の蔵に収めて、これ以上誰かに呪いを及ぼさないように封じるのが朱鷺のつとめだ。朱鷺は本来の目的である呪物の回収を後回しにして、蓮香に〈石〉の所在を尋ねるが……。

 一方、激しい口げんかの末、朱鷺の元を去った冬二は、怪我をして獣医に連れていかれていた。とりあえず飼い主の見つからない迷子犬(?)として、獣医の家に保護された冬二だったが、その家の幼い息子に自分の声が聞こえることを知って驚愕する。冬二の言葉を聞くことができるのは、呪われた人間だけのはずなのだ。こんな子どもがなぜ?

 呪物を求めて旅をする不死の少年朱鷺と、獣の姿をした兄冬二の運命を描く、三部作完結。
(創元の国内ファンタジイは他にも面白い作品が盛りだくさん! ご紹介はこちらから)

 呪物を求めて旅をする少年朱鷺とその兄冬二が遭遇する不思議な出来事を描く、シリーズ第二弾。
創元の国内ファンタジイは他にも面白い作品が盛りだくさん! ご紹介はこちらから)

東京創元社の国内ファンタジイ見出 (1)

「願いの桜の話って本当だと思う?」秋穂町で駄菓子屋兼骨董店清鈴堂を営む宗助は、馴染みの中学生亜咲美からそう聞かれた。通学路から離れた寂しい場所に一本だけ立つ桜の木、その木に願い事をすると叶うことがあるという。
 奇妙な言い伝えや曰くつきの品物に目がない宗助は、早速その桜を調べ始めた。すると亜佐美の周辺で理由もなく体調を崩した生徒がいることがわかる。嫌な予感を覚えた宗助は、祖父の代からの知り合いで呪物に詳しい少年朱鷺に助けを求めた。
 昔なじみの頼みを断れず、また呪いに関わるものが絡むとあればほうっておけず、清鈴堂にやってきた朱鷺と冬二だったが、そこでわかったのは、件の桜は呪われているが、事の発端となった亜咲美は呪いには関わっていないということだった。
 では、呪いに関わっているのは、誰なのか?
 
 高校3年生の少女遠野美弥。とりたてて勉強ができるわけでも、綺麗なわけでもない。何事にも真面目に取り組むのだが、要領が悪いせいか、必死で勉強していてもなかなか成果がでない。自分の目標をしっかり定めている友人たちと比べて、ふがいない自分がつくづく嫌になってる今日このごろだ。。
 そんなある日、クラスメイトの男の子に「遠野、おまえ一昨日、旧校舎に行ったりしてないよな?」と聞かれた。
 聞けば、旧校舎には学校の七不思議のひとつ、呪われた鏡があり、その鏡に姿を映すと鏡の中の自分が抜け出して襲いにくるのだとか。
旧校舎は現在部室などに使われている古い建物で、部活をしていない美弥が立ち入ったことなどない。それにそもそも美弥は鏡を見るのが怖いのだ。
 最初は男子生徒の見間違いだろうくらいに思っていた美弥だったが、その後も行った覚えのないところで美弥を見たという話が続いた。
 そんなある日の夕方、黄昏どきに自宅へと向かっていた美弥の行く手に、自分とそっくりの少女の姿が……
 そんなことがあるはずがないと、頭ではわかっている。見間違いだ、人違いだ。だが、ずっと見るのを怖れていた自分がそこにいる。
 いきなり踵を返し遠ざかるもうひとりの自分を夢中で追った美弥は、階段をふみはずしてしまう。
 そんな彼女を救ったのは、一頭の大型犬とその犬を兄とよぶ不思議な少年朱鷺だった。

 受験を目前の少女周辺で起きる怪現象、呪われた品をあつめる奇妙な少年と犬、『魔導の系譜』のシリーズの著者がおくるシリーズ第一弾。

著者のデビュー作『魔道の系譜』のコミック版はマグコミで絶賛配信中です。
単行本1、2巻も発売中。単行本3巻は、配信のみで発売。漫画も傑作です!




魔導の福音 (創元推理文庫)
佐藤 さくら
東京創元社
2017-03-11






〈日本ハードボイルド全集〉刊行開始! 第1巻は直木賞作家・生島治郎『死者だけが血を流す/淋しがりやのキング』


創元推理文庫ではこの4月から、〈日本ハードボイルド全集〉全7巻を刊行開始いたします。

日本におけるハードボイルドの歴史――特にその草創期において重要な役割を果たした六人の作家をひとり1冊にまとめ、最終巻となる第7巻は1作家1編を選んだ傑作集とする――本全集は、そんなコンセプトからなる叢書です。収録される作家および作品選定を務めるのは北上次郎、日下三蔵、杉江松恋の書評家三氏。お三方のうちひとりが各巻の責任編集となり、残るふたりがそれをサポートするかたちでの、鉄壁の布陣となります。

そして全集の大事な第1巻かつ第1回配本として選ばれた作家は、直木賞作家であり日本推理作家協会の理事長も務めた生島治郎。その『死者だけが血を流す/淋しがりやのキング』は北上次郎氏が責任編集となり、以下の1長編6短編を選んで収録しました。

40021

『死者だけが血を流す』(長編)
「チャイナタウン・ブルース」
「淋しがりやのキング」
「甘い汁」
「血が足りない」
「夜も昼も」
「浪漫渡世」

北国の地方都市での腐敗した選挙戦の一部始終を、元ヤクザの青年視点で描く『死者だけが血を流す』は生島治郎の第二長編。続く「チャイナタウン・ブルース」「淋しがりやのキング」の2編は、港町ヨコハマを舞台に、デビュー長編『傷痕の街』で登場した松葉杖のシップ・チャンドラー(外国籍の船に物資を納める一種のブローカー)久須見健三ものです。そして個人的にイチオシなのが非行少年を主人公にした「血が足りない」で、これは著者としても自信作の短編だったとのこと。ほかにも、主に編集者時代のことを描いた傑作自伝小説『浪漫疾風録』の短編版(!)「浪漫渡世」も珍しくて面白い作品です。

この〈日本ハードボイルド全集〉は巻末付録も豪華。収録作家に私淑している現役作家による書き下ろしエッセイと、そうそうたる書評家によるハードボイルド論としても読める解説の二本立てとなっています。本巻のエッセイを書かれたのは大沢在昌先生。師であった生島治郎との交流をつづる文章は必読です。いっぽう、解説は責任編集を務めた北上次郎氏が担当。質量ともに読みごたえ充分の生島論をご堪能ください。

生島治郎に続いて第2回配本となるのは第6巻の都筑道夫『酔いどれ探偵/二日酔い広場』。ニューヨークと東京、東西の大都市をクォート・ギャロンと久米五郎、ふたりの私立探偵がそれぞれ事件とともにめぐる連作短編集2作を合本でお届けします。こちらは今年7月刊行予定。どうぞお楽しみに。

   *  *  *

〈日本ハードボイルド全集〉全7巻◎創元推理文庫
北上次郎・日下三蔵・杉江松恋=編

1 生島治郎『死者だけが血を流す/淋しがりやのキング』
  収録作品=『死者だけが血を流す』「チャイナタウン・ブルース」「淋しがりやのキング」「甘い汁」「血が足りない」「夜も昼も」「浪漫渡世」
  巻末エッセイ=大沢在昌/解説=北上次郎
2 大藪春彦『野獣死すべし/無法街の死(仮)』
3 河野典生『他人の城/憎悪のかたち(仮)』
4 仁木悦子『冷えきった街/緋の記憶』
5 結城昌治『幻の殺意/夜が暗いように(仮)』
6 都筑道夫『酔いどれ探偵/二日酔い広場』
  収録作品=『酔いどれ探偵』全編/『二日酔い広場』全編
7 傑作集




シリーズ累計36万部突破! 極上の料理と謎解きが楽しめる、大人気ビストロ・ミステリ・シリーズ、西島秀俊主演でドラマ化!


毎回、おいしそうな料理の数々と、シェフの鮮やかな謎解きが楽しめる、近藤史恵の大人気ビストロ・ミステリシリーズがついにドラマ化決定!

主人公は小さなフレンチレストラン〈ビストロ・パ・マル〉のシェフ、三舟忍(みふねしのぶ)。演じるのは、映画の公開も控える超人気ドラマ「きのう何食べた?」で見事な料理の手際を見せた西島秀俊。
さらに、〈ビストロ・パ・マル〉ギャルソン・高築智行役に濱田岳、三舟の片腕を務めるスーシェフ(副料理長)・志村洋二役に神尾佑、ワイン好きが高じて OL からソムリエに転職した金子ゆき役に石井杏奈という豪華なキャスティング。

下町の片隅にある小さなフレンチ・レストラン〈ビストロ・パ・マル〉。カウンター7席、テーブル5つの肩ひじ張らずにフランス料理を味わえる、親しみやすい名店。
無口で、一見少し無愛想な感じもするシェフの料理は、気取らず、けれど美味しいものが好きな客の心をつかんで離さない絶品ばかり。
そればかりか、彼は店を訪れる客たちが持ち込む不思議な出来事や不可解な謎を、鮮やかに解き明かす、名探偵でもあったのです!
シリーズどの作品を取ってもおいしそうな料理と鮮やかな謎解きが楽しめます。ドラマはシリーズ3冊に収録されているエピソードを元に繰り広げられていきます。

ドラマ化放送に合わせて、キャストスチール帯をつけて出荷! ぜひドラマと合わせて原作もお楽しみください。

ドラマプレミア 23 「シェフは名探偵」
【放送日】 6月放送スタート!
【放送局】 テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送
【配信】 動画配信サービス『Paravi』と『ひかりTV』にて配信予定
    Paravi
    ひかりTV
【主演】 西島秀俊
【出演】 濱田岳、神尾佑、石井杏奈 、佐藤寛太、橋本マナミ ほか
【原作】 近藤史恵
【監督】 木村ひさし 瀧悠輔 向井澄
【脚本】 田中眞一 西条みつとし
【音楽】 末廣健一郎 田ノ岡三郎
【チーフプロデューサー】 阿部真士(テレビ東京)
【プロデューサー】 滝山直史(テレビ東京)長谷川晴彦(KADOKAWA) 平体雄二(スタジオブルー)
【制作】テレビ東京/スタジオブルー
【製作著作】「シェフは名探偵」製作委員会
【公式 Twitter】 @tx_shefutan 


近藤史恵著ドラマ原作、〈ビストロ・パ・マル〉シリーズ
*書店店頭に在庫がない場合は、書店様にご注文ください。
*ネット書店でご注文の際には、商品にオビがつかない場合もがございますのでご注意ください。

第1弾 『タルト・タタンの夢』
タルト・タタンの夢

ヴァン・ショーをあなたに

マカロンはマカロン

(すべて創元推理文庫より刊行)
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり