Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

『ヨーゼフ・メンゲレの逃亡』(オリヴィエ・ゲーズ著 高橋啓 訳) 著者サイン入り書籍を3名様にプレゼント!


A・コナー『パールとスターシャ』(野口百合子訳)で双子の少女の目を通して描かれたアウシュヴィッツ絶滅収容所のナチスの医師メンゲレ。ユダヤ人、特に双子たちを実験対象に、信じがたい人体実験を重ねた悪魔のような男。彼がドイツ敗戦後、南米に逃亡し、1979年まで捕まることも裁かれることもなく生き延びられたのはいったいなぜなのか?

その謎に満ちた後半生を見事に描いたノンフィクション・ノヴェル。ルノードー賞受賞作『ヨーゼフ・メンゲレの逃亡』

先月来日されたオリヴィエ・ゲーズ Olivier Guez さんのサイン入り同書籍を3名様にプレゼントいたします。

IMG_20181205_171017

応募方法は簡単、東京創元社の公式Twitterアカウント(@tokyosogensha)をフォローし、下記のツイート(以下をクリック)をリツイートするだけ


応募締切は12/17(月)昼12時まで

該当ツイートをリツイートしてくださった方の中から、「3名様」を抽選で選ばせていただきます。

※当選された方のみに、12月19日(水)昼12時までにTwitterのダイレクトメッセージ機能を使ってご連絡いたします。書籍をお送りするため、ご住所とお電話番号を伺いますのでご了承下さい。

《Genesis》×《NOVA》ダブル刊行記念イベント@下北沢・本屋B&B開催のお知らせ


来る12月25日(月)に、下北沢の書店・本屋B&Bさんで、『Genesis 一万年の午後 創元日本SFアンソロジー』(東京創元社)と『NOVA 2019年春号』(河出文庫)のダブル刊行記念イベントが開催されます!
《Genesis》より高山羽根子さん、小浜徹也(東京創元社)、《NOVA》より小川哲さん、大森望さんが登壇されます。
書き下ろし日本SFアンソロジーの大・大・大先輩である《NOVA》責任編集の大森望さんに帯コメントを頂戴できただけでも大事件なのに、
刊行記念と銘打って一緒にイベントをさせていただくことになろうとは……!
産声をあげたばかりの《Genesis》サイドとしては、対決と言われても恐れ多いばかりですが、せっかくの機会ですのでみなさまぜひ遊びにいらしてくださいね。

さらに、対決というワードに怯んだ(?)我々《Genesis》サイドは、先日とある場所にて〈作戦会議〉もしくは〈予行演習〉的な何かを行ってきました。
その模様が来週、12月19日(水)と20日(木)に公開されますので、25日のイベントに参加される方もそうでない方も、ぜひ楽しみにお待ちください。


今年のクリスマスは下北沢で、書き下ろしSF短編に囲まれて楽しい夜を過ごしませんか?
ご来場お待ちしています。



空き部屋に置かれたトランク。その中には下に下に延びる階段が……。“不思議の国のアリス”たちのその後を描いた三部作第二弾 ショーニン・マグワイア『トランクの中に行った双子』


 ジャクリーンとジリアンは、弁護士のチェスターとその妻セリーナの間に生まれた双子の姉妹。ジャクリーンは女の子が欲しかった母親の希望どおりの可愛い少女に、ジリアンは男の子が欲しかった父親の期待を背負い活発な少女に育てられた。だが実のところ、どちらも両親から押しつけられた役割にうんざりしていたのだ。
 そんなある日、双子は空き部屋に置かれたトランクの中に、下へ下へと曲がりくねって延びる木の階段を発見する。さっき見たときには何の変哲もない衣装の詰まったトランクだったはず……。あり得ない光景を目にした双子は、冒険心に突き動かされて階段を下った。長く続く階段の最後の一段を下りると、そこには円形の小部屋と扉が……。扉を開けたふたりが見たのは、巨大な赤い月に照らされ、灌木の花が咲く荒野が広がる、奇怪な世界だった。

 ヒューゴー、ネビュラ、ローカスの三賞受賞の『不思議の国の少女たち』に続くシリーズ第二弾。


〈エリノア・ウェストの迷える青少年のための学校〉、そこはとても奇妙な学校だった。入学してくるのは、妖精界やお菓子の国へ行って戻ってきた、“不思議の国のアリス”のような、“オズの魔法使いのドロシー”や“ナルニア国物語のペベンシーきょうだい”のような少年少女ばかり。そのなかでも戻ってはきたものの、もう一度彼らの“不思議の国”に帰りたいと切望している子供たちばかりなのだ。ここは、そんな少年少女が現実と折り合っていく術を教える学校だった。

 死者の殿堂に行ってきた少女ナンシーも、そんなひとりだった。両親のもとに帰ってはきたが、彼女の心はいまだ死者の王と女王のもとにある。だが、両親はそんな彼女の気持ちを理解してくれず、見当違いの気遣いやはげましで彼女の心を傷つけていたのだ。

 彼女を救えるのはエリノアの学校だけ。

 ところが死者の世界に行ってきたナンシーの存在に触発されたかのように、不気味な事件が学校を襲うように……。

“不思議の国のアリスたち”のその後を描いた、ヒューゴー、ネビュラ、ローカス賞受賞のファンタジー三部作開幕。

第3巻『砂糖の空から落ちてきた少女(仮)』2019年3月刊行予定!





記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】
Amazonライブリンク