Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

CWA最優秀長編賞受賞作シリーズ、新たなマイルストーン アン・クリーヴス『地の告発』


アン・クリーヴスのペレス警部シリーズ最新刊『地の告発』が11月28日に発売されます。

24511

ということで、この記事では本シリーズの成り立ちについて簡単にご説明いたします。

まず、2006年に発表した『大鴉の啼く冬』で、クリーヴスは栄えある英国推理作家協会(CWA)の最優秀長編賞を獲得します。イギリス最北端に位置するシェトランド諸島を舞台に、島で暮らす人々の重厚な描写と、堅牢な謎解きを両立させた内容が評価されての受賞でした。

じつはこの『大鴉の啼く冬』を単発作品のつもりで書いたクリーヴス。しかし評判もあってか、探偵役を務めた島の警察官ジミー・ペレス警部を主人公に、続編が執筆されます。それが〈シェトランド四重奏〉The Four Seasons Quartetという四部作になりました。いずれもすぐれた現代本格ミステリとして、本国イギリスのみならず日本でも好評を博しています。

 Raven Black『大鴉の啼く冬』
 Blue Lightning『青雷の光る秋』

こうして2010年には四部作を完結させたものの、シリーズの人気は根強く、著者としてまだまだ書きたいテーマもあったのでしょう、クリーヴスは2013年から新たな長編四部作をThe Four Elements Quartetと銘打って始めました。こちらも謎解きとしてどれも一級品で、今回翻訳された『地の告発』はこのうちの一作です。

 Dead Water『水の葬送』
 Cold Earth『地の告発』
 Wild Fire(創元推理文庫近刊)

したがって『地の告発』は四部作の3作目かつ、全8作あるシリーズの7作目という少々複雑な立ち位置の作品なのですが、作中で起こる殺人事件はいずれも各巻で解決を見ますので、ミステリとして楽しむのはいきなりこの作品からでも問題ありません。

この『地の告発』はシリーズでも有数のど派手な始まり方をする作品です。ペレス警部が旧知のマグナス老人(『大鴉の啼く冬』で重要な役割をはたす人物ですので、気になるかたはあわせてどうぞ)の葬儀に参列していると、巨大な地滑りが突然発生し、墓地と近くの農場が巻きこまれる惨事になります。周囲の被害状況を確認すると、土石流が直撃した一軒の農家から女性の死体を発見。ところがその身元不明の女性は、地滑りによる死者ではなく、その前に何者かに殺害されていたのでした……。

ここから丹念な捜査パートが始まるのですが、アン・クリーヴスという作家はさりげない人物描写に解決への手がかりを混ぜるのが本当に巧みな作家なので、事件の真相と犯人を推理したいという向きはぜひじっくり腰を据えて取りかかってみてください。

ちなみにシリーズの舞台となるシェトランド諸島はノルウェーはじめ北欧諸国と地理的に近いため、北欧文化の影響も受けています。ヴァイキングの火祭りアップ・ヘリー・アーが毎年おこなわれるのもそうですし、本書でいえば死体の見つかった家の屋号〈トーイン〉は英語表記だとTain、来月創元ライブラリから文庫化されるキアラン・カーソン『トーイン クアルンゲの牛捕り』の、あのトーインのことです。


大鴉の啼く冬 (創元推理文庫)
アン クリーヴス
東京創元社
2007-07-28


白夜に惑う夏 (創元推理文庫)
アン・クリーヴス
東京創元社
2009-07-30


野兎を悼む春 (創元推理文庫)
アン・クリーヴス
東京創元社
2011-07-28


青雷の光る秋 (創元推理文庫)
アン・クリーヴス
東京創元社
2013-03-21


水の葬送 (創元推理文庫)
アン・クリーヴス
東京創元社
2015-07-19


空の幻像 (創元推理文庫)
アン・クリーヴス
東京創元社
2018-05-31


地の告発 (創元推理文庫)
アン・クリーヴス
東京創元社
2020-11-30


コナン・ドイル、ロバート・バー対談――『ヴァルモンの功績』附録


『ヴァルモンの功績』にはホームズ・パロディが収載されている。著者ロバート・バーはコナン・ドイルと交流があり、雑誌編輯者としてドイルにインタビューをしている。以下は〈マクルーアズ・マガジン〉1894年11月号に掲載された記事の翻訳である(同誌掲載の写真およびイラストは割愛)。以て『ヴァルモンの功績』の附録としたい(田中鼎)。


《リアル・カンバセーション》
コナン・ドイル、ロバート・バー対談
記録者:ロバート・バー

 初めにお断りしておくと、私はプロのインタビュアーではない。しかし、要点は押さえている。慧眼の読者は、私がインタビューに長けていると気づくはずだ。上手に自己紹介をしている書き出しから察していただけると思う。この記事には1894年にイギリスで行われたインタビューのあらゆる秘訣が詰まっている。秀でたインタビュアーは、犠牲者を自分の見解をぶら下げる釘に使い、自らの個性を表現する。見解だけでなく、自己を示す。それで世界はずっと良くなる。イギリス流の飾ったインタビューなど、碌なものじゃない。

 もっとも、イギリスのインタビューは輸入品であって、固有種ではない。アメリカこそが発祥地、新米記者でさえインタビューのイロハを心得ている。聞き手たる者、人気店のショーウィンドウのガラスたるべし。読者が展示品を覗くとき、夾雑物を感じさせるべからず。

 しかしながら、この流儀に満足できない者もいる。そんななか、新しいインタビュー形式を発明すべく、アメリカでひとりの人物が立ち上がった。その名はS・S・マクルーア、本誌の発行者にして編輯人である。本誌で人を誉めたり貶したりできるのは小生の望むところだが、氏が私の文章を勝手に添削した場合、向後二度と本誌では筆を執らないことをここに警告する。氏がこの刊行物の他の箇所で私をくさすのは(氏がそうしたければ)自由だが、本記事の文責は私のみが負う。ちなみに、氏は最新流行のラッパに関する記事を、ガブリエルに依頼するのを躊躇わないタイプだ(訳註:最後の審判において天使ガブリエルがラッパを鳴らすとされる)。さらに注目すべきは、氏なら本当に原稿を取りかねないことである。

 ある日、S・S・マクルーアは“新しいインタビュー形式”と氏が考えるものを発明し、《リアル・カンバセーション》の名称で特許を得た。未来の暦には、天文気象などの豆知識と共に「1893年4月14日――S・S・マクルーア《リアル・カンバセーション》を発明」と記載されていることだろう。

 しかし、この発案には新味がない。誰だって、子どもの頃に実践していることなのだ。社会問題について意見を異にする犬野郎を二人連れてきて議論させ、周りで見物して楽しむ。マクルーアが著述家二人としているのもこれで、《リアル・カンバセーション》の武器も闘犬同様“口”である。

 私見によれば、《リアル・カンバセーション》の唯一の欠点は、それが会話(カンバセーション)でも本物(リアル)でもないことである。考えてもみてほしい、出版される会話と知りつつ、大の大人がしかつめらしく坐っている様を! 高度の知性の持ち主――不可能を屁とも思わぬマクルーアのような――だけがそんな状況を想像できる。ルイ11世がクレーブクール伯爵と面会したときの、クエンティン・ダーワード(訳註:ウォルター・スコット『クエンティン・ダーワード』の登場人物で、スコットランドの射手)のように、幔幕の裏側で速記をするのなら〈本当の会話〉も記録できようが、そうでもしない限り絶望的である。

 さて、ここで〈本当の会話者〉が最初に逢着する実務上の困難をお示ししよう。私はノートと鉛筆を取り出し、犠牲者を見据え真面目くさってこう話しかけた。

――さあ、コナン・ドイル、話を。

 このきわめて合理的な要求に応えることなく、ドイルは首を反らして笑った。いやはや、滅多に味わえない状況である。やがてドイルの笑いが伝染り、私まで吹き出してしまった。

 私たちは屋敷から籐椅子二脚を持ち出して、屋敷からロンドン方向へ延びる広大な芝生の端に陣取っていた。柔らかくて緑の濃い天鵞絨のような芝生で、イギリスでしかお目にかかれない。この種の芝生がイギリスだと手もなく生える。さるオックスフォードの庭師は、アメリカの訪問者に「芝生を屋外にほんの五百年置いておけばいいんです。刈り込みはきちんと。それででき上がり」と言ったとか。芝生には、日干しになって縮んだクリケットボールよろしく、小さな白いゴルフボールが転がっている。ドイル氏は大のゴルフ好きで、この芝生で稽古に勤しむ。うまく打てたときは桶に着球し、失敗したときはたいてい窓ガラスを割る。

 私はノートと鉛筆を放り出した。

――こういうのはどうだろう。きみとは世の中を改善する方法をずいぶん話し合ったし、問題も解決してきた。雑誌の編輯者など恐るるに足らずだ。私たちはきみの庭でも私の庭でも、きみの食卓でも私の食卓でも、きみのクラブでも私のクラブでも話し合ってきた。きみのゴルフ場でも私の……ああ、そういや自前のゴルフ場はないか。つまりきみの考え方は十分理解しているから、〈本当の会話〉のアメリカ的「フェイク」はどうだい。

ドイル(以下D)「そいつは〈マクルーアズ・マガジン〉の読者にとって、あまりフェアじゃない。だろ?」ドイルは反対した。正直だし新聞の洗礼を受けていないのである。「《リアル・カンバセーション》は全部読んでいるが、とても面白い。いいアイデアだよ」

――きみとの〈本当の会話〉を作り出すのはいとも簡単なんだ。なにせ、きみと私の見解はいつも正反対だから。私がすべきは、自分の考えを記憶し、逆さまに書くだけ。それでコナン・ドイルの言葉になる。マクルーアがこれまで刊行したインタビューときたら、怪しげな代物でね。ウィリアム・ディーン・ハウエルズがヤルマル・ヨルト・ボイセンを認めたり、ハムリン・ガーランドがジェイムズ・ウイットコム・ライリーを認めたり、そんなのばかりだ(訳註:適宜フルネームにした。以下同)。不自然極まりない。他の文学者を認める文学者なんていやしない。他人の書いた作品が好きなふりをするやつはいるが、全部大嘘さ。心の底から思ってはいない。自己を過大評価するのが作家の性さ。

D「まったくの謬見だ、まったくの。完全に間違っている! 批評家を選べるのなら、文学者か学生を選ぶだろう」

――私が言ったのと変わらないよ。きみだって、他の作家を学生と同列に扱っているじゃないか。むしろ私より低く評価してないか?

D「まあ聞きたまえ。作家仲間は同業者の立ち向かう困難をよく弁えている。作家だから私が挑んでいる表現の効果を玩味できる。作家の批評は、たとえ厳しくとも役に立つし、理性的だ。学生の書籍に対する判断にしても、直感に基づいているようだが間違うことはほぼない。『宝島』に世界中の学生が虜になっただろ。もちろん私だって、学生に『ロバート・エルズミア』の正確な論評など期待しない」

――作家が他の作家の作品を誌面で酷評できるとは考えにくいなぁ。それに、自己防衛の観点からも、今もってイギリスに文学があるふりをせざるを得ないのでは。しかし、ハウエルズ氏がいる。イギリスへの義理がなく、穏やかで偏見のないニューヨークっ子の雰囲気の御仁だ。氏はイギリスの文学が過去のものにすぎず、今日の著者は作家業の基礎すらご存じないことを、あっさり認めている。きみも当然、同意するのでは?

D「今日こそ太鼓判を押そう。注目すべき作家が1ダースいて、いずれもまだ若い。どこまで伸びるか見当もつかない。何人かは確実に成長する。過去の例を見るに、小説技法は50歳くらいまで向上する。人生に対する十分な知識が、人間を活写する力を与えるんだ」

――1ダース! いつもながら椀飯振舞ですな。ハウエルズに外電を打ちたいので、才気溢れる若者の名を教えてください。

D「12人は軽い――ジェームス・マシュー・バリー、ラドヤード・キップリング、オリーヴ・シュライナー、サラ・グランド、ベアトリス・ハーレードン、ギルバート・パーカー、アーサー・キラークーチ、ホール・ケイン、ロバート・ルイス・スティーヴンスン、スタンリー・ウェイマン、アンソニー・ホープ、サミュエル・ラザフォード・クロケット、ヘンリー・ライダー・ハガード、ジェローム・K・ジェローム、イズレイル・ザングウィル、クラーク・ラッセル、ジョージ・ムーア――ほとんどが30未満で、大きく超える者はほぼいない。当然ほかにもいる。ぱっと思い浮かんだ名を挙げただけだからね」

――人間、50まで向上するものでしょうか?

D「そりゃあ千篇一律を潔しとせず、機械的に書くのを拒むならね。ほら、多くの大作家が不惑まで筆を執らなかったじゃないか。ウィリアム・メイクピース・サッカレーは大体40。ウォルター・スコットは40過ぎ、チャールズ・リードとジョージ・エリオットもそれくらい。サミュエル・リチャードソンに至っては50だ。人生を描くにはまず人生を知らねば」

――経験に徴するに、人間は50になると60まで向上するものだと知り、60になるとどうにか70まで向上が続くと感じるものでね。ところが20のときは30になればずっと賢くなると思っているんだ。実際はどうだか知らんが。人間ってのは面白い動物さ。さて、よろしければアメリカ人を1ダースお願いします。

D「メアリー・ウィルキンズ・フリーマンの『ペンブルック』ほど感動的な本は、しばらく読んでいない。非常に優れた作家だ。最近の著述を取り上げて名作と呼ぶことは常に危険を孕むが、本書は名作の特徴を真にすべて兼ね備えていると思われる」

――そうかね?

D「そうさ!」

――ようやく一人。アメリカ人の小説はお読みにならない?

D「読みたいと思うほどには。だけど、読んだ作品はそれなりに代表的なものだと思いたいな。ジョージ・ワシントン・ケーブル、ユージン・フィールド、ハムリン・ガーランド、エドガー・フォーセット、リチャード・ハーディング・デイヴィスの作品は知っている。ハロルド・フレデリックの『渓谷にて』は、最近の歴史ロマンスの白眉だ。思うにアメリカ小説への懸念は、一本の大河ではなく多くの支流になってしまっていることだ。地方色を強調しすぎる嫌いがある。地域差というのは結局は表面的で、人間の本質はニス塗りの下にある。西部の文学や南部の文学と言われると、いささか細分的に聞こえる」

――細分的? その点、トマス・ハーディやバリーより細分的な小説があるかねぇ。片や州の、片や村の文学ですぞ。近所の村人がバリーを評して「キリミュア(訳註:スコットランドの地名)の人やから悪い奴やあらへん」(訳註:原文はスコットランド英語)と言ったのを覚えているだろ。アメリカの地域性を語るのなら、彼の地がフランス並みに広いことをお忘れ召さるな。

D「バリーとハーディは、スコットランドやウェセックスの小作農と私たちの相違点を強調するのではなく、人間一般の本質が共通していることを示して好評を博したんだ」

――ううむ、こいつはハウエルズの負けだ。じゃあハウエルズやヘンリー・ジェイムズをどう思う?

D「ジェイムズは、小説史上に多大な影響を与えたのではないかな。見事なまでに簡潔で、芸術的に抑制の利いた文体たるや、すべての読者に感動を与えるに違いない。『ある婦人の肖像』からは結構な教えを授かったと思っている。もっとも、教えによって前進する才覚があるとは限らないが」

――イギリスの人々はジェイムズを誇りに思うべきだな(訳註:ジェイムズはアメリカ生まれだが長くイギリスに住んだ)。ジェイムズのようなアメリカ人がもっと出ればいいのにと思う。さて、よろしければお次はウィリアム・ディーン・ハウエルズ先生。私はハウエルズが好きでね、なにか反論があるんじゃないか。どうだろう。

D「真面目で熱心なことは認める。しかし、自分の考えと異なる作家や批評家への態度は感心しない。スコット、サッカレー、チャールズ・ディケンズに石を投げることなくアルマンド・パラシオ・バルデス、ポール・ブールジェ、ジェーン・オースティンを好きになることは可能だ。排他的に考える必要はない」

――それでは文芸についてどうぞ。

D「これまで文芸について多くを語った。だから文芸が発明であることを忘れがちだ。文芸とは人を愉しませるもの――落ち込んだ者、鈍感、疲れた人間の癒しだ。スコットとディケンズが施せば、二人の文芸で何百万もの人々が改善する」

――それでは小説の目的が、人生をありのままに描くことだとは考えないのだね。

D「だとしたら、ガリバー、ドン・キホーテ、ダンテ、ゲーテには居場所がないことになる。質問への答えは『考えない』。小説の目的は面白さにある。最高の小説とは、一番面白い小説のことだ。人生をありのままに描いて面白くなるなら、是非そうしたまえ。しかし、ほかの手法を使ったからといって、非難される謂れはない」

――宗教説話は認めない?

D「認めるよ、面白ければね。いま、小説の時代が来ている――宗教的、社会的、政治的な変化のすべてが小説家によってもたらされる時代だ。ここ数年、『顧りみれば』『ロバート・エルズミア』のような書籍がどれだけの影響を与えたことか。今日では誰もが初等教育を受けているが、高等教育を受ける者は少ない。大衆に思想を届けようと思えば、錠剤に糖衣するごとく思想を小説で覆う必要がある。将来、輿論への影響力を持つのは、政治家でも聖職者でもなく小説家だ。強い信念のある者にとって、他者に印象づける恰好の方便となる。最初の一歩はいつだって面白ささ。上手に砂糖をまぶさなければ、大衆は薬を呑まない」

 ここに至って天気が崩れた。テーマがやや無味乾燥だったのか、天は潤いを与えることにしたらしい。水晶宮(訳註:1851年の万国博覧会会場となった鉄骨ガラス張りの建造物)の上に雷雲が湧き起こり、にわか雨が来つつあった。幸い降るまでに屋敷へ入る時間はある。二人慌てて籐椅子を引っつかみ、家へ飛び込んだ。文学談義を庭に残して。(田中鼎訳)

(次回へ続く)

大人気企画が10年ぶりに復活! 書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー『放課後探偵団2』堂々刊行!


こんにちは、新入社員のKJです。

10年前に刊行され大好評を博した人気アンソロジーが、新たなメンバーで再登場します!
『放課後探偵団2』では、1990年代生まれの作家5名に学園ミステリを書いていただきました。最前線で活躍する実力派が勢ぞろい。読み応え十分です。



ということで今回は『放課後探偵団2』の収録作品を少しだけご紹介したいと思います!


武田綾乃「その爪先を彩る赤」 扉イラスト:井脇みちお

責任感が強い薫とたったひとりで靴研究会に所属している不思議な先輩・愛美が、無くなった演劇部の赤い靴を見つけるために、演劇部の面々に事情を訊き行方を探ります。。それぞれの証言をもとに靴の在りかを絞り込む手際は清々しく、魅力的なキャラクターも相まって爽やかな読み心地の作品です! 
大人気〈響け!ユーフォニアム〉シリーズのほか、多くの青春小説を執筆してきた武田綾乃先生だからこそ書ける、瑞々しい高校生たちの描写は必見です!!


斜線堂有紀「東雲高校文芸部の崩壊と殺人」 扉イラスト:植田たてり

衝撃的なシーンから始まる本作。まさしく"崩壊と殺人"を描いているのですが、こんなに楽し気な部活なのに崩壊するの……? と半ば疑いながら恐る恐る読み進めていました。
穂鷹先輩が作っているという辞書、めちゃくちゃ読みたいです。ぜひシリーズ化して辞書の項目を充実させていってほしいです。
『楽園とは探偵の不在なり』で注目を集める著者の最新書き下ろし短編、読まない手はありません!


辻堂ゆめ「黒塗り楽譜と転校生」 扉イラスト:はしゃ

合唱祭目前、練習を始めようとするもクラス全員の楽譜が最後から二番目のページだけ黒く塗りつぶされてしまう。クラス内で犯人捜しを始めるがアリバイがなかったのはたったの6人だけで、そのうちの一人である転校生は明らかに挙動がおかしくて……。
5編の中で唯一中学校を舞台にした作品です。かわいらしい登場人物たちの軽快な会話で進み、明かされる真相も心温まる結末となっております。
ちなみにこの転校生のエピソードは辻堂ゆめ先生の実体験が元になっているとかいないとか……。


額賀澪「願わくば海の底で」 扉イラスト:いとうあつき

東日本大震災から5年、行方不明となった人物の当時の足取りを探っていく本作。
東北の海辺にある地元に帰ってきた小野寺宗平は、高校のころ同じ美術部で親しかった先輩・本郷藍と再会する。本郷は東日本大震災で行方不明となった祖父を探す三浦を手伝っている所だという。なし崩し的に本郷を手伝うことになる小野寺だったが、二人にとっての大切な人物も行方不明で……。
三浦の祖父を探す現在(震災から5年後)と、小野寺・本郷たちの高校生時代の回想が交互に描写される本作。残された人たちの微妙な気持ちや、決して忘れられない当時の記憶を丁寧に描き出しています。


青崎有吾「あるいは紙の」 扉イラスト:田中寛崇

大好評〈裏染天馬〉シリーズの新作短編です! 
今回は新聞部の倉町くんと向坂さんが、格技場裏に落ちていたタバコの吸い殻を捨てた犯人を追います。
裏染くんが同級生ながら難事件解決に貢献していることを知っている倉町くんの憧れとも嫉妬ともつかない心情が、この年頃特有の何者かになりたい願望を想起させ印象的でした。
スピンオフ的作品となっているので、シリーズ未読の方も是非お読みください! 切れ味鋭いロジックが楽しめます。



いかがでしょうか。どの作品も違った魅力があり、一冊で五度楽しめるアンソロジーとなっております。
表紙の中村至宏さんによる各作品の要素を散りばめた素敵なイラスト、岡本歌織さんによるスタイリッシュで現代的なデザイン、そして各短編には扉イラストもついております!
どの扉も素敵な仕上がりになっています。どんなイラストなのかはぜひ、実物でご確認ください!!

そして初版限定で著者五名のサインがプリントされたカードを封入、さらに抽選で10名様に寄せ書きサイン色紙が当たるキャンペーンも開催しております!



放課後探偵団2ポストカード1 (1)

しかも12月にはオンラインイベントも開催予定!



……豪華すぎます。
各作品からキャンペーンまで大満足の一冊、ぜひご一読ください!


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり