Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

阿津川辰海『透明人間は密室に潜む』、浦賀和宏『殺人都市川崎』…「ミステリーズ!101号」(2020年6月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1


 格が違う――というべきか。才能豊かで、今後の大きな活躍を期待させる20代の新鋭はいるけれども、一冊のなかで本格ミステリの過去・現在・未来を一望しているような得がたい気持ちにさせてくれる若手作家となると、今回ご紹介する阿津川辰海をおいてほかにはいない。

 著者初の作品集となる『透明人間は密室に潜む』(光文社 1800円+勢)は、いずれも特殊設定を活(い)かした、高水準かつバラエティに富んだ全4篇が収録されている。


 表題作は、細胞の変異により、全身が透明になってしまう「透明人間病」に罹患(りかん)した女性が、この病理研究の大家である大学教授を狙った完全犯罪を目論(もくろ)む、倒叙形式で始まる作品だ。透明人間といえども、好き勝手にひとの目を盗んで歩き回れるわけではなく、家族に気づかれぬよう徐々に非透明化の薬を減らし、消化の良い食事を心掛け、どこで透明化してどの経路で移動するか入念に考え、さらには――といったディテールが、まず目を惹(ひ)く。そしていよいよ計画が実行されるのだが、ここからの予期せぬ展開と伏線の妙、そしてとくに素晴らしいのが終盤でつぎつぎと明かされる盲点の発想だ。しかも本作には、現実の社会問題までもが巧みに組み込まれ、重要な機能を果たしている。まだ著者の作品に触れたことのない向きには、この一作を読むだけで、いま阿津川辰海が要注目の書き手であると充分ご納得いただけるだろう。

 その他の収録作も粒揃(つぶぞろ)いで、人気アイドルグループのファンの間で起きた殺人事件を審議する裁判員裁判の席が、思わぬ形で白熱の推理合戦の場と化し、驚きの着地に至る抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)の異色法廷ミステリ「六人の熱狂する日本人」。ひと並外れた聴力を持つ若き女性探偵が手掛かりを集め、探偵事務所の所長が推理するという探偵コンビ誕生にまつわるエピソードを振り返る「盗聴された殺人」。客船を借り切って行なわれる脱出ゲームの裏で進行する犯罪をめぐる高密度な推理に舌を巻くこと請け合いの「第13船室からの脱出」。どれも過去の名作や傑作をこよなく愛する著者らしい演出が光り、年間傑作集に採られてもおかしくないほどの完成度を誇るものばかりだ。本格ミステリファンなら読み逃し厳禁。本年指折りの一冊と断言する。

 2020年2月、メフィスト賞作家の浦賀和宏が41歳の若さで亡くなったことは、言葉を失うほどの大きな衝撃をもたらした。『殺人都市川崎(かわさき)』(ハルキ文庫 640円+税)は、著者が脳出血で倒れる直前まで手掛けていた、遺作となる長編作品。


 主人公の赤星は、“地獄のような街”川崎で生まれ育った不良少年だ。高校入学までの束の間の春休み、赤星は同級生の七海に連れられ、川崎大師に隣接する公園に赴(おもむ)く。すると七海は、中学時代の担任である後藤美咲が、20年前に姿を消した伝説の殺人鬼“奈良邦彦”をここで目撃したと語り出す。しかも、じつは美咲が奈良邦彦に家族を皆殺しにされた生き残りで――という驚きの話が続くなか、突然、鉈(なた)を持った大男が現れ、七海を惨殺する。この男が、あの奈良邦彦なのか……。

 いっぽう、川崎を離れてタワーマンションが立ち並ぶ“お上品な街”武蔵小杉(むさしこすぎ)へと引っ越した愛は、以前の住まいからほど近い場所で起きた殺人事件の報に、想いを寄せていた赤星のことが頭に浮かび、奈良邦彦による一家皆殺し事件に興味を持つ従弟(いとこ)の拓治とともに川崎へと向かう……。

 デビューが早く、すでに20年を超えるキャリアを重ねていた著者の大きな魅力である、そのひと筋縄ではいかないひねくれぶりが本作でも存分に発揮されている。「川崎」に対する在住者ならではの自虐的ともいえる筆致には思わず笑いが込み上げてしまうが、所々で覚えていた違和感が後半のある場面で結びつき、真相の一端を垣間見た瞬間、大いに仰(の)け反(ぞ)ってしまった。千街晶之氏の巻末解説によると、著者は本作を皮切りとしたシリーズ化を構想していたとのこと。おそらくこの仰天必至のサプライズと赤星の最後の選択も、のちのエピソードの重要な伏線であったに違いない。残念ながらその企みの結果を見届けることは叶(かな)わなくなってしまったが、これからも浦賀和宏の名は日本ミステリ史のなかで唯一無二の異彩を放ち続け、本作は繰り返し俎上(そじょう)に載せられることだろう。

文庫版オリジナル編集 門田充宏『記憶翻訳者 いつか光になる』(創元SF文庫)刊行!


単行本が文庫化される際、短編が追加されるのはそれほど珍しいことではないと思います。とは言え物事には限度というものがあります。元々四話構成の単行本に新規の四作を加えて全体の構成を変えてしまうというのは、どのくらいあることなんでしょうか。私は寡聞にしてあまり聞いたことがありません。こんなことして果たして大丈夫なんでしょうか。
(文庫版あとがきより)

みなさまこんにちは。SF班(妹)です。
ちょうど2年前の2018年10月、門田充宏さんのデビュー作品集『風牙』(創元日本SF叢書)が刊行されました。
『風牙』は第5回創元SF短編賞受賞作をふくむ4つの中短編が収録された連作短編集で、先日、朗読アプリ〈キクボン〉より朗読版もリリースされました。



“記憶翻訳者(インタープリタ)”として活躍する女性・珊瑚を主人公としたこのシリーズは現在も続いており、19年5月に刊行された続編『追憶の杜』(創元日本SF叢書)のほか、同年12月発売の『Genesis 白昼夢通信』にも番外編「コーラルとロータス」が収録されています。
そして今回、シリーズ1巻目にあたる『風牙』を文庫化するにあたり、ちょっとイレギュラーな“文庫版オリジナル編集”を行うことになり、その結果が冒頭に引用した著者あとがきにつながるわけですが……

つまりどういうこと?? という疑問にお答えすべく、ここで改めて文庫版『記憶翻訳者』の収録作をご紹介いたします!

【2021年10月発売】『記憶翻訳者 いつか光になる』(創元SF文庫)

  • 「風牙」(第5回創元SF短編賞受賞作……『風牙』(創元日本SF叢書)より
  • 「閉鎖回廊」……『風牙』(創元日本SF叢書)より
  • 「いつか光になる」……書下ろし
  • 「嵐の夜に」……書下ろし


【2020年2月発売予定】『記憶翻訳者 みなもとに還る』(創元SF文庫)

  • 「流水に刻む」……書下ろし
  • 「みなもとに還る」……『風牙』(創元日本SF叢書)より
  • 「虚ろの座」……『風牙』(創元日本SF叢書)より
  • 「秋晴れの日に」……書下ろし

文庫版オリジナルの構成にしたことで、単行本版ともまた違った読み味に仕上がりました。単行本版でお読みいただいた方にも、今回初めて興味を持ってくださった方にも楽しんでいただけると思います。

『記憶翻訳者 いつか光になる』は10月23日頃発売です。どうぞご期待ください。

kiokuhonnyakusha_s


風牙 (創元日本SF叢書)
門田 充宏
東京創元社
2018-10-31


追憶の杜 風牙 (創元日本SF叢書)
門田 充宏
東京創元社
2019-05-11


Genesis 白昼夢通信 (創元日本SFアンソロジー 2)
水見 稜ほか
東京創元社
2019-12-20

第30回鮎川哲也賞受賞作 千田理緒『五色の殺人者』、全国の書店員さんからの絶賛メッセージ!


記念すべき第30回鮎川哲也賞を受賞した、千田理緒『五色の殺人者』。「同じ部屋から逃げ去る犯人を目撃したのに、なぜか証言が五通り」という謎をロジカルに解き明かした、本格ミステリの傑作です!
全国の書店員さんからも、絶賛の声が続々と届いております。

* * *

◆凶器の謎、5人の異なる5色の目撃証言。やられました。完敗です。
ミステリー界に楽しみな星が出現しました。
――ジュンク堂書店滋賀草津店 山中真理さん

◆読みやすさに安心していると、ラストで背負い投げを食うこと必至だろう。著者の次回作が楽しみだ。
――丸善丸広百貨店東松山店 本郷綾子さん

◆事件の真相が徐々に明らかになっていくストーリー展開の早さにページをめくる手が止まりませんでした!!
こんなにも色とりどりのミステリは初めてです! 
――紀伊國屋書店福岡本店 宗岡敦子さん

◆面白かった~。ありえない目撃証言、後半のサスペンス、怒涛の一気読みで堪能しました。
――書泉ブックタワー 井上佳子さん

◆これぞ王道! 本格ミステリだ! 久しぶりに楽しくミステリを読んだ気がします。
食い違う目撃証言のあたりはものっそい現代なのに、堂々たる王道がいい。 
――八重洲ブックセンター宇都宮パセオ店 髙野典子さん

◆楽しかった。読んでいて本当に楽しかった。やはり、謎解きって、ミステリって、こうでなくては!
――有隣堂藤沢店 佐伯敦子さん

◆謎が謎を呼ぶ展開は、読みやすい文章さながら内容も楽しみながら読むことができました!
ラストに明かされる謎が、個人的にとても好きです!!
――ブックポート鶴見店 渡辺美由希さん

◆新人とは思えない安定感のある文章が読みやすく、こうだろうなとわかったつもりになっていた真相は更にひねられていてやられたー!という気持ちです。
――三省堂書店東京ソラマチ店 樋口愛さん

◆デビュー作とは思えない、素晴らしいリード。舞台の特殊性を活かしながら、嵌め込まれるピースの爽快さ! 丁寧に描かれる登場人物たちといい、次回作も大変楽しみな作家が一人増えた。 
――ジュンク堂書店吉祥寺店 田村知世さん

◆凶器の消失と異なる五つの証言という魅力的な謎、簡潔な語りと手掛かりやヒントを配する手際、フェアな姿勢と遊び心を兼ね備えたセンス、そして鮎川哲也賞史上指折りの明快かつ親しみやすい形で描かれる謎解きの面白さ。いささか特殊設定ものが過多なミステリシーンに、読み手を選ばぬ新鋭が颯爽と現れた!
――ときわ書房本店 宇田川拓也さん

* * *

「これぞ本格ミステリ、謎解きの面白さ!」と楽しめる受賞作を、ぜひお手にとってご堪能ください。
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり