Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

直木賞作家がすべての愛書家に贈る長編ミステリ 門井慶喜『定価のない本』 ※トークイベント開催情報あり


『銀河鉄道の父』の第158回直木三十五賞受賞が記憶に新しい門井慶喜さんの長編『定価のない本』が、このたび東京創元社から刊行されました。


待望の新作となる本書の舞台は、古書の街として有名な東京・神田神保町。江戸時代は旗本の屋敷地として始まり、明治期は多くの学校がひしめく「日本のカルチェ・ラタン」に、大正十二年の関東大震災を契機に古書の街として発展してきたこの街は、文明開化とともに現在に至るまで、絶えず知の集合地としてあり続けています。

『定価のない本』の物語は、終戦後ふたたび活気をとり戻しつつあった古書街の片隅で、名もなき一人の古書店主の死から端を発します。
発見された彼の死体は、本棚から崩落した古書の山に圧し潰されて、あたかも商売道具に殺されたかのような皮肉な最期でした。死んだ古書店主の良き商売敵であり事後処理を引き受ける古書店主・琴岡庄治が本書の主人公となります。
行方を眩ました被害者の妻、注文帳に残された謎の名前――琴岡が調べるうちに、単なる事故死かに見えた状況にいくつものおかしな点があることが判明。やがて、彼の周囲でも不可解な出来事が起こるにつれて、彼自身も事件の背後に隠された陰謀に絡めとられていきます。

著者の門井慶喜さんは、2003年に第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞して登場以降、2008年には父親と娘の食卓をはさんで交わされる様々な会話のなかから推理の醍醐味を描き出す連作短編集『人形の部屋』で日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)の候補に選出され、2016年には『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』で同賞(評論その他の部門)を受賞するなど、その輝かしい道程はミステリ作家の旗手として出発しています。
その後、徳川家康が如何にして二百年以上の歴史を残す江戸城下の都市を築いたか複数の家臣の視点から浮かびあがらせる傑作『家康、江戸を建てる』や直木賞受賞作『銀河鉄道の父』と、歴史作家としても高い評価をあつめる作品を数多く執筆。本書でも、歴史作家としての膨大な知識と確かな視点が物語の骨格をしっかりと支え、手触りのあるリアリティを見事に生み出しています。
加えて、あくまで私見ではありますが、最初の直木賞候補に選ばれた長編『東京帝大叡古教授』が明治時代を、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズを主人公にした長編『屋根をかける人々』が明治末期から大正を経て昭和を描いた作品として、そしてそこに戦後日本に焦点をあてる本書を連ねたとき、動乱の時代を切り取った三部作をかたちづくっているとも言えるかもしれません。
『定価のない本』は、著者のミステリ作家としての本領と歴史作家としての本領が遺憾なく発揮された、真骨頂とも言うべき長編となっています。

出版社とも図書館とも違う、彼らにしかできない方法で書物を守る古書店街の人々を描いた『定価のない本』ですが、その刊行を記念して、舞台ともなっている神田神保町でトークイベントとサイン会が開催されます。


10月26日(土)・27日(日)に神保町で催される「神保町ブックフェスティバル」公式イベントとして開催される本イベントは、ゲストに古書にまつわるエッセイで著名な文筆家・岡崎武志さんをお招きして、本書や古書にまつわるお話をしていただきます。貴重なお話を伺える、またとない機会ですので、ぜひご参加してみてください。(T・F)

『屍人荘の殺人』(今村昌弘:創元推理文庫)映画全面スチールオビ付で出荷!


今村昌弘先生のデビュー作にしてミステリー賞4冠を獲得した超話題作『屍人荘の殺人』(創元推理文庫)が重版に次ぐ重版!、さらに、12月13日(金)より全国東宝系にて映画公開も決定しています。主演に神木隆之介さん、ヒロイン役に浜辺美波さん、さらに、今大注目の俳優・中村倫也さんという豪華出演陣。

監督は『民王』『99.9 -刑事専門弁護士-』の木村ひさし監督、『トリック』シリーズでお馴染みの蒔田光治さんが脚本を担当という、まさに盤石の布陣での映画化となります。

東京創元社では、映画公開に向けて主要キャスト3名による映画スチールを使った全面幅広オビを作成いたしました。鮮やかなビジュアルが素敵です!ぜひ店頭でお確かめください。

shijinsou_trailer_s

さらに、11月中旬には他キャストも含むメインスチールオビでの出荷を予定しています。
映画と小説、両方楽しんでもらいたい作品です。ネタバレされる前に、ぜひご一読ください!


屍人荘の殺人 (創元推理文庫)
今村 昌弘
東京創元社
2019-09-11


魔眼の匣の殺人
今村 昌弘
東京創元社
2019-02-20

『渡辺啓助探偵小説選Ⅰ』、『森下雨村 小酒井不木』、『法水麟太郎全短篇』、『推理SFドラマの六〇年』…「ミステリーズ!96号」(2019年8月号)書評 大川正人その2


『渡辺啓助探偵小説選Ⅰ』(浜田雄介編 論創社 3800円+税)は、平成のあいだに刊行された渡辺作品の復刊書収録作との重複を避ける方針でまとめられた編年体の選集で、その多くが単行本未収録作です。弁護士の兄の事務所を手伝いながら女探偵を志(こころざ)す緑川鮎子女史を主人公とした連作「青春探偵」の軽妙なタッチの謎解きなどは、渡辺作品の印象が変わる方が多いのではないでしょうか。ただ解説でもふれられるように、謎解きものの常道から逸脱していく話のほうに持ち味は出ているように思います。そういう路線の戦後の作品が続刊でまとめられる予定とのことで、とても楽しみです。


 年一冊のペースで刊行されている《ミステリー・レガシー》企画からは、江戸川乱歩を見出した二人の大家のつながりで『森下雨村 小酒井不木(こさかいふぼく)』(ミステリー文学資料館編 光文社文庫 900円+税)が出ています。雨村の長篇代表作『丹那殺人事件』がはじめて文庫に収められたほか、不木の戦後に復刊の機会が無かった長篇『恋魔怪曲』の収録が嬉しいですね。


 若い男爵・羽黒は、舞踏会に招かれていた人気の易者から不吉な占いの結果を告げられます。今の交際相手との恋愛が成就(じょうじゅ)するまでに幾人かが死ぬはずだというのです。羽黒は東雲(しののめ)伯爵の令嬢と、互いの両親にも秘密の交際をしていたので、占いに薄気味悪くなりました。そして舞踏会からの帰り道、羽黒の元に令嬢から窮地を知らせる手紙が届き、羽黒は伯爵家の遺産をめぐるお家騒動に巻き込まれて――「恋魔怪曲」

 この発端の抜群のつかみからの通俗的な展開を、理詰めで収拾させた上で意外な結末まで用意する面白い長篇です。代表長篇『疑問の黒枠』と比べても遜色はないですし、最初期の国産長篇探偵小説としてはもっと評価されるべきものではないかと思います。

 小栗虫太郎『法水麟太郎(のりみずりんたろう)全短篇』(日下三蔵編 河出文庫 1100円+税)は法水麟太郎ものの短篇を集成する一冊で、これで先行して復刊されている二長篇とあわせて河出文庫で法水ものがまとめて読めることになりますね。


 法水ものの短篇が新刊で出るのは同じ編者の扶桑社文庫の復刊企画以来で、ぜひ若い方に手にとってほしい。収録短篇はいずれも傑作ぞろいで、個人的な思い入れでは巻頭の法水初登場作「後光殺人事件」が国産の短篇探偵小説の不動のベスト1です。なお扶桑社文庫版にボーナストラックとして収録されていたエッセイ類は割愛されていますが、これは別途《レトロ図書館》叢書のほうで増補復刊される予定とのことで期待しましょう。

 川野京輔『推理SFドラマの60年』(論創社 2200円+税)は《論創ミステリ叢書》での紹介も記憶に新しい川野が本名の上野友夫名義で出していた、本業のNHKラジオ・TVディレクター時代の実体験をもとに綴る放送史の復刊。タイトルの「60年」は、ラジオ放送開始の大正14年から初刊本の刊行までの60年をさしています。


 自伝的な側面があるので、川野が手がけた仕事の回顧譚が主ではあるのですが、そもそもラジオ・TVの黎明(れいめい)期の制作現場の資料は少なくて、類書らしい類書の無い貴重な内容です。特にラジオ放送開始からの歴史を網羅的にまとめた「本邦推理ドラマ事情」の章が一際目をひきます。復刊にあたっては、初刊本刊行以降に川野が関わったミステリ関連のドラマの情報が増補されています。
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






Amazonライブリンク