Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

ミステリを愛するすべての人へ――至高のアンソロジーついに完結! 江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集5』


みなさまこんにちは。翻訳ミステリ班Sです。このたび、江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集』(全5巻)のリニューアルが完了いたしました!! たくさんの方にリニューアルを喜んでいただき、編集作業の励みになっておりました。ありがとうございます。


最終巻となる『世界推理短編傑作集5』は、1936年初出のマージェリー・アリンガム「ボーダーライン事件」から始まり、1951年のデイヴィッド・C・クック「悪夢」までの短編小説の11編、そして最後にエラリー・クイーンが選ぶ長編・短編ミステリのベストテンを記載した論文「黄金の二十」が収録されています。全収録作と、旧版からの変更点につきましては、以下のリンク先の詳細ページをご確認ください。

ジョン・コリアー、ウィリアム・アイリッシュ、フレドリック・ブラウンなどの短編の名手によるキレのある傑作にくわえ、強烈な印象を残すQ・パトリックの犯罪小説「ある殺人者の肖像」、1945年という戦時下のアメリカでこんな話が書かれていたとは……と驚くこと間違いなしのベン・ヘクト「十五人の殺人者たち」などなど、もりだくさんです。

そして、みんな大好きカーター・ディクスンの「妖魔の森の家」も5巻に収録となりました! かつては「見知らぬ部屋の犯罪」でしたが、『世界推理短編傑作集1』の戸川安宣氏の解説のとおり、編者・江戸川乱歩先生の意を汲んで差し替えとなりました。旧版の『世界短編傑作集』が編まれたときには版権の関係で収録できなかったのですが、今回は権利を取って、めでたくアンソロジーにおさめることができました。謎解き短編のお手本ともいえる超名作ですので、必読ですぞ!!!

リニューアルの際に戸川安宣氏によって、かつてはわからなかった各短編の「発表年」(初めて雑誌掲載された年など)が新たに特定されました。そして本アンソロジーは「発表年代順」に収録されているため、全5巻のうちで作品の移動がたくさんありました。例えば、マージェリー・アリンガム「ボーダーライン事件」はかつては3巻に収録されていましたが、リニューアルにあたり5巻に移動になりました。各巻の印象も大幅に変わったと思うのですが、こちらの新版もぜひご愛読いただけますと幸いです。

 最後に、御礼を申し上げたいと思います。

すばらしい新訳で作品を生まれ変わらせてくださいました翻訳者の先生方、このアンソロジーのリニューアルを担当し、ミステリ愛に満ちた解説を書いてくださった戸川安宣氏、上品ですてきなカバーイラストを描いてくださった伊藤彰剛先生、クラシカルかつスタイリッシュなカバーデザインにしてくださった柳川貴代先生に、厚く御礼を申し上げます。そしてもちろん、偉大な翻訳者の先生方の御訳文を再収録させてくださいました著作権継承者のみなさまに深く感謝しております。

本作りに関わってくださったたくさんの方々、また、宣伝にご協力くださったり、書評で取り上げてくださったり、さまざまな方にお世話になりました。ありがとうございました。そして最後に、戸川氏の解説の校閲ですさまじい調査能力を発揮してくれた弊社校閲部のみなさん、本当におつかれさまでした。

2019年という創元推理文庫60周年の年に、東京創元社を代表する傑作アンソロジーのリニューアルを完結できましたことをうれしく思います。今後もたくさんの方に読んでいただき、ミステリの面白さ、奥深さを感じていただければ幸いです。そして10年後、20年後、50年後でも、ずっと読み継がれているといいなと思います!

製作部メモ 新人Sのお仕事紹介① 重版編


みなさまこんにちは。製作部Sと申します。

昨年7月に入社いたしまして4月現在で社歴9ヶ月の新人でございます。
今回WEBミス初担当ということで、編集部Iさんからは「仕事のことでも趣味のことでもお題はなんでもいいですよ」とのお言葉を頂戴しました。

ちなみに私の趣味はアニメ鑑賞(キンプリはいいぞ)とFF14(ララフェルです)と偽装趣味としてアロマテラピーがあるのですが、さすがにはじめましてから趣味全開の記事を書くのもなあ……と悩みに悩んだ末、断腸の思いで今回は製作部のお仕事をご紹介させていただこうと思います!

さて、私は製作部では重版の製作進行を担当しています。
数ヶ月かけて作られる新刊に対し、重版は数週間から急ぐときは1週間あまり…と比較的短期間で本を製作することが多いです。
急ぎの重版がかかったときは表面上平静を装っていますが、実際は胃が痛いです。
胃 が 痛 い で す 。

重版の際、必要不可欠なものが「原本」です。校正課にある原本棚の様子がこちら。デデーン。

suga1

わぁー、本がいっぱいありますねー。すごーい。

編集で修正の有無の確認やなんやかんやしてもらい、最後に製作で奥付に発行年月日と版数を入朱したら、印刷所さんに原本をお渡しします!

suga2


このあともなんやらかんやらあったりなかったりしますが、割愛して刷り上がったもの(刷り出しとか一部抜きとか呼ばれています)がこちらになります。

suga3

断裁前のものなのでこれをペーパーナイフで裂いていきます。実は私はこの作業が一番好きなのです…。心が満たされるというか安心するというか…。刷り出し裂き士みたいな資格はないのでしょうか、ないですか、そうですよね。最後に断裁機でズバッッッッ!!!!と真ん中を切断。

suga4_2



その後、修正がきちんと反映されているか汚れがないか、などを確認します。はいオッケー! ふぅ~! くらり先輩も大喜びです!

suga6

本文の他にもカバーや帯など付物周りの材料も揃えて、最後に製本所さんでおなじみの創元文庫の形に仕上げてもらいます。

出来上がった本が手元に届いたときは、あんなにバラバラだった印刷物たちが立派な本になって帰ってくるなんて…こんなにうれしいことはない…と喜びもひとしおです。
そして全国津々浦々に飛び立っていく本たち……。良い出会いがありますように……。
読者のみなさまもお手元にある東京創元社の本を可愛がってあげてくださいね。

ざっくりと重版のお仕事を紹介してみましたが、少しでも本造りに興味をもっていただけたら幸いでございます。
それでは今回はこのへんで。(果たして次回はあるのでしょうか…。)





総務部業務レポート ~編集部新入社員採用頂上作戦~


◆頂上作戦① 《総務部業務レポートとかいって、また競馬ですか?》

WEBミステリーズ!をお読みの皆さまこんにちは、総務部のIです。今回で4度目の登場となりました。よろしくお願いします。

この総務部業務レポート、過去3回に関しましては、いやいやいや、WEBミステリーズ!において総務の人間の話なんて誰が読むのよ、どうせ読まれないなら何書いてもいいでしょうよ~ などと、半分投げやりな姿勢・・・・というか態度・・・・というか、まあそんな感じで、こちらの繁忙期と原稿の締切りが重なったことへの愚痴だとか、あとは競馬のこと(!)なんかを書いてお茶を濁していたんですね。

写真① (1)

クラシックシーズンたけなわですなー

だがしかし!
とうとうこの総務部業務レポートも、絶好のテーマとタイミングで執筆できる千載一遇のチャンスが巡って来たんですよ~
実は東京創元社は、2019年4月現在、編集部社員の採用募集を実施しているのです!まさに進行中です!エントリーシート絶賛受付中です!
当然この仕事、担当は総務部っすよね~、中心だよね~、という訳で、今回は当社における新入社員採用活動の全貌(?)をこちらにレポートいたします。
それによって、今回の採用活動に少なからぬ好影響を与えることが出来る(はず)と勝手に信じてます……


◆頂上作戦② 《東京創元社の編集部では若い力を必要としてます!》

今回、当社が募集するのは編集部員です。出版社の命運を握るのは、当然ながら刊行物=コンテンツであります。良い刊行物=コンテンツを持続的に供給するためにはやはりある程度の人手が必要ですよね・・・・という、攻めの?姿勢での求人ですね。
そうした議論を踏まえつつ、一方で社内の人員構成における年齢層に偏りが出来ないように、今回に関しては新卒の方(2020年3月卒業見込み)を中心として募集してみよう、という方向となりました。

写真②

求人サイト掲載用に撮影される若手社員(当社比)の面々。
入社希望のみなさま、入社後はこちらの若手たち(相対的な)が、みなさんを優しく指導します。


◆頂上作戦③ 《応募総数確保を命題に、大手求人サイトへ討って出る!》

さて、大まかな方向性は決定しました。次に具体的な採用スケジュールの確定と、求人情報の告知を行わなければなりません。
スケジュールに関しては他の出版社の採用日程なども考慮に入れて割とすんなり決まりましたが、情報の告知、つまり求人広告については少し議論となり、結果、今回のターゲット層を踏まえて、初めて大手求人ナビサイトでの掲載、と決定しました。
その中でも出版社の利用が多く、書籍広告でお付き合いのある代理店様からの紹介もあった「マイナビ」への掲載が決まりました。

写真③

実際のサイト掲載用の取材はこんな感じで進みました。

写真④

「マイナビ」のみなさま、お世話になります!


◆頂上作戦④ 《まだ途中経過・・・無事に採用成功という頂上へ》

我が東京創元社は他の多くの版元・出版社と同じく、規模は大きくなくて、少人数で・・・・いや、少数精鋭でやっている会社なのです。
ですので、例えば毎年、学卒者を新規採用するなんてことは無理でして、欠員が出た場合に補充の人を採用する、ということが多かったです。
おかげさまで離職者もそれほど頻発しませんので、社員採用というのは日常的な業務ではないかもしれません。
普段、手を取られないのは良いことですが、逆に仕事としての取り組みが無いとノウハウというべきものが蓄積されず、知識のアップデートもままなりませんね。今回の社員募集については進行中であり、まだまだ大変なこともありますが、我々にとっても貴重な経験となってます。
就活中のみなさまはより大変な毎日だと推察します。この長い戦いの日々を我々と一緒に?がんばっていきましょう!

写真⑤

聳え立つ?当社ビル。竣工より○十年、歴史を刻むこの建物で、みなさまをお待ちしております!

写真⑦

できるだけたくさんの方にご応募いただけるよう、モデル、カメラマンともにがんばりました!


最後になりましたが、採用に関しましての詳細はこちらをご確認ください。

採用情報 | 東京創元社

他の産業同様、出版産業も変化が著しく、そんな状況ですので、やはり新しい力で、未だ見ぬ作品を送り出す担い手が必要なのです。
よし、いっちょ出版受けてみるか、本を作ってみるか、と考えているあなた、是非我々と一緒に「仕事」をしましょう!

大勢のみなさまのご応募をお待ちしております!

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】




Amazonライブリンク