Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

営業部日誌 「注文書を作ろう」の巻


こんにちは、営業部のFです。ここ最近の営業部日誌では、しっかり営業部の仕事をお伝えできているような気がします。POP製作とか帯製作とか文庫フェアについてとか。一時のふざけ具合からは考えられません。今後も真面目に仕事をしているぞというアピールが出来るよう、この方向でネタを探してまいります! というわけで、本日も営業部の販促アイテムについて、ずばり「注文書」をご紹介したいと思います。

注文書の説明については不要ですね。どの業界にもあるかと思います。東京創元社でも毎月何種類か注文書を作成しています。直近に出た新刊の追加用注文書とか文庫のフェアの注文書とか。持ち歩いて書店さんに案内する際に使用しますし、メールやFAXをする際に使用しています。若い方にとっては意外かもしれませんが、働くうえでFAXは必須アイテムといっても過言ではありません。これは出版業界に限らず、どの業界でもそうみたいですね。
あれ、なんだかFAXの話になってしまいました。本日のメインは注文書です。今回は私が販促の担当をしている『アリス殺し』を例にしてご紹介させていただきますね。

まずはこちらが『アリス殺し』の注文書です。
全部で5枚あります。

20190718①

『アリス殺し』は今年の4月下旬に文庫化した作品で、刊行から3ヶ月弱経ちました。その間に5回分注文書を作成しています。注文書を作成する一番の理由は、当然ですが売り伸ばしていきたいからです。文庫は年間8,000点以上の新刊が出ています。毎月650から700点くらいの新刊が出ている計算になりますが、果たしてそんな数の文庫作品をずっと平台や話題書コーナーに置けるでしょうか。……否っ! どんなに大きな書店さんでもそれは難しいでしょう。というわけでこれは売れていますよ。まだまだ置き続けましょう。というアピールが必要なんですね。
おかげさまで『アリス殺し』はシリーズ累計20万部を超える人気作品です。文庫版も次回の重版で7刷と大変好調な動きをしています。こうして今も多くの書店さんで展開してもらえているのは、定期的に送られる一枚の注文書が書店員の方々の目に止まって、棚から下げるのを抑止してくれているからかもしれません。

ここからは私なりの注文書の作り方をご紹介。ちなみにハウツー系の記事ではありませんので何も参考にはなりません。あしからず。
東京創元社の注文書は基本A4一枚のサイズで作成します。A4一枚だけで魅力を伝えきるのって、中々難しいですよね。私はいつも悩みます。まずは紙の向きを縦にするか横にするか。うん、縦にしよう。前回の注文書は横だったから。
次に確定要素から埋めていきます。注文欄は必ず付けますので、注文欄のスペースを確保。POPなどの拡材もお送りしたいので、拡材希望欄のスペースも確保します。こんな感じ。

20190718②

今回の注文書では「重版しました」と「新しくPOPを作りました」という2つアピールポイントがあります。見出しに「8万部突破」と記載し、その横は拡材画像を載せましょう。こんな感じ。

20190718③

あとは書店さんの展開画像や書影を載せてと。最近若年層の購入者も増えてきたなと思いましたので、データを見て載せておきましょう。これから夏休みですからね。中高生に向けてもアピールしたいところです。こんな感じ。

20190718④

あとは製作部の方に体裁を整えていただき完成したのがこちら。さすがです。

20190718⑤

この記事が更新されている頃にはまた新しい注文書を作っていることでしょう。まだまだ『アリス殺し』ブームは終わらせませんよ! みなさんもぜひ布教活動のほどよろしくお願いいたします。それではまた次回!

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』、三津田信三『白魔の塔』…「ミステリーズ!95号」(2019年6月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2


 発売されるやたちまち重版が決定し、ひと月掛からず4刷決定と好調なセールスを記録している青柳碧人(あおやぎあいと)『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(双葉社 1300円+税)は、誰もがご存知の昔ばなしを本格ミステリとして仕立て直した、今年デビュー10周年を迎えた著者の新機軸にして新たな代表作というべき快作だ。


 打ち出の小槌(こづち)を巧妙に用いた「一寸法師の不在証明」、飼い犬の視点で綴(つづ)られる「花咲か死者伝言」、二度読み必至の「つるの倒叙返し」、各話いずれも工夫が凝らされ、斬新な設定とミステリの手法を活かした変奏で大いに読ませるが、とくに本誌読者にオススメしたいのがラスト二話。

「密室竜宮城」は、竜宮城に連れて来られた浦島太郎が、密室状態の〈冬の間〉で首に昆布を巻いて自殺したかのように死んでいた伊勢えびのおいせの謎を推理することに。乙姫の前に突然現れて泣いていた不審な男の正体、密室形成の意外な方法、そして浦島太郎が真犯人の企みを知って愕然(がくぜん)とするラスト。収録作のなかでも指折りの完成度を誇る一篇だ。

「絶海の鬼ヶ島」は、家来の獣どもを引き連れて乗り込んできた桃太郎が鬼たちを殺戮(さつりく)し、島の財宝を持って引き揚げていったずっとあとの鬼ヶ島の物語。赤、青、黒など色とりどりの鬼たちが暮らす絶海の孤島で、何者かの手でつぎつぎと殺されていく鬼たち。桃太郎の話が鬼たちにとっても昔ばなしとなった世界で繰り広げられる、「特殊設定フーダニット」と呼びたくなる内容は、著者のアイデアとセンスが存分に発揮され、うっかりライトなテイストに油断していると思いのほか強めな歯応えに怯(ひる)む向きもあるかもしれない。加えて最終話だからこそ効果的な狙い澄ました趣向と、ひと区切りついたと思われた物語のあとに用意されたサプライズと深い余韻(よいん)にもご注目いただきたい。

 今回は日本の昔話がベースだったが、いずれたとえば世界の童話をこのような形で本格ミステリにリメイクする、遊び心と毒気を含んだ作品集が刊行されることを愉しみに待ちたい。

 三津田信三『白魔の塔』(文藝春秋 1800円+税)は、満州の建国大学から学徒出陣兵として戦争を体験し、敗戦後はあえて過酷な労働現場に就いて日本の復興を支えたいと志す青年――物理波矢多(もとろいはやた)が主人公のシリーズ第二弾。今回彼が選んだ職業は灯台守。来る者を拒むような奇岩の群れがひしめく東北地方「轟ヶ崎(ごうがさき)」の海を照らす白亜の灯台で、不可解極まりない謎と恐るべき怪異に見舞われることになる。


 道が険しく、なかなかたどり着けない灯台。密林にぽつんと建つ狐家。見られたら終わりだと忌み嫌われる「白もんこ」なる化け物。灯台長が語る得体のしれない自身の物語と波矢多が轟ヶ崎灯台へ来るまでに経験したことの不気味な共通点。じわりじわりと恐怖が近づいてくるような読み心地が素晴らしく、前作『黒面の狐』よりも本格ミステリ度を抑え、ホラー濃度をぐっとアップした印象だ。しかし、かなり思い切った構成を経て混沌(こんとん)とした謎と怪異に波矢多が下す「解釈」は、さすが当代随一のホラーミステリ作家ならでは。著者はこのシリーズを、奇数巻ではホラーテイストの本格ミステリ、偶数巻では本格ミステリ要素を含んだホラーといった具合に書き継いでいくのだろうか。謎解きのあとに用意されたさらなる恐怖が波矢多の今後にどのような影響を及ぼすのか、目が離せない。

酒本歩『幻の彼女』、松嶋智左『貌のない貌 梓凪子の捜査報告書』…「ミステリーズ!95号」(2019年6月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1


「前代未聞、必涙のラスト!!」という大仰な帯の惹句を見て、一瞬、眉をひそめかけた。ところが、どうだ。ラスト二十ページ、真相が明かされるや不覚にも目頭を熱くさせられ、帯に偽りがないことを自ら証明するはめになろうとは。


 酒本歩(あゆむ)『幻の彼女』(光文社 1500円+税)は、「島田荘司選 第11回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」受賞作。物語は、ドッグシッターの真木島風太のもとに一通の喪中はがきが届くところから幕が上がる。それは3年ほど前につき合っていた女性――美咲の死を報(しら)せるものだった。まだ32歳、亡くなるにはあまりにも早過ぎる。当時を振り返ると、ふいのモテ期が訪れていた風太は、美咲と前後して蘭とエミリ、ふたりの若い女性とも短期間つき合っていた。彼女たちの消息が気になった風太は行方を探ろうとするが、まるで幻だったかのように彼女たちの人生の痕跡が見つからない。風太と別れたあと、三人の元恋人たちにいったい何があったのか……。

 恋愛小説的な要素を含んだライトな謎解きもの――と思わせて、まさかこのような物語の貌(かお)が浮かび上がるとは思いもしなかった。21世紀ならではの最新科学を盛り込んだ本格ミステリ、いわゆる「21世紀本格」に属する作品である。島田荘司は選評で本作の仕掛けを「180年の本格ミステリーの歴史に、新たな仕掛けアイデアの一項目を書き加えるべき、斬新なものであった。それは21世紀の先端科学によって生まれ落ちた、前代未聞の方法である」と絶賛しているが、確かにこの仕掛けは前世紀には誕生し得なかったもので、本作が「サイエンス・フィクション」ではなく「本格ミステリ」として享受される時代に、いま自分が生きていることを強く意識させられた。

 先端科学や技術を用いた作品にありがちな、筋は通れど物語の肉付きや温度に乏しい印象も本作には当てはまらず、頼りなかった青年が事件を経験してひと回り大きくなる清々(すがすが)しい成長譚にもなっている。今後、本作のような先端科学知識を武器にしていくのか、それともオーソドックスな本格ミステリをものしてくれるのか、新鋭の大いなる活躍に期待したい。

「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」関連作を、もうひとつ。

 松嶋智左『貌(かお)のない貌 梓凪子(あずさなぎこ)の捜査報告書』(講談社 1800円+税)は、第10回の同賞を受賞した『虚(うつろ)の聖域 梓凪子の調査報告書』の前日譚。元警察官の探偵である梓凪子が、まだ所轄の刑事課強行・盗犯係所属の新米刑事だった頃のエピソードだ(副題が“調査報告書”ではなく“捜査報告書”になっている)。


 なぜか中国領事館の職員が同行する「ひと捜し」を命じられた凪子は、中国人夫婦の行方を追って民泊やシェアハウスをたどり、連続刺殺事件と国家的レベルの疑惑に迫ることに。前作同様ハードで骨太のテイスト、リーダビリティの高さが光る。大沢在昌作品を想起させるグローバルな視点を備えた警察小説として読み進めていくと、次第に予想していた着地点からズレ始め、歪(いびつ)で凶悪な犯罪像が不気味に立ち上がってくる展開に唸(うな)る。黒幕の存在感が空(そら)恐ろしくなるほど凄まじく、前作における凪子の人間性が警察組織内の軋轢(あつれき)だけでなく、こうした手強い犯罪者を相手にしてきた経験も作用していることが明らかになり、本作によってシリーズとしての芯がより太くなったのは間違いない。
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






Amazonライブリンク