Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

法月綸太郎、絶賛!『サーチライトと誘蛾灯』に続くミステリ連作集第2弾 櫻田智也『蟬かえる』


ブラウン神父、亜愛一郎といった「一見頼りないが、実は奇妙な事件を鮮やかに解決する、鋭い洞察力を持った名探偵」。そんな大先輩に続く、令和の「とぼけた切れ者」名探偵として登場したのが、エリ沢泉(えりさわせん。「エリ」は「魚」偏に「入」)。ひょうひょうとした昆虫好きの青年ですが、一度事件に遭遇すると、たちまち鋭い推理力を発揮します。


4月に文庫化したデビュー作品集『サーチライトと誘蛾灯』で見事な推理を披露し、大好評を博したエリ沢くんの事件簿第2弾が、いよいよ7月に登場です! 本書『蟬かえる』は、前作よりパワーアップした謎解き&エリ沢くんの魅力を、たっぷりお届けいたします。

まず、謎解きについて。帯に掲載した、法月綸太郎さんの「ホワットダニット(What done it)ってどんなミステリ? その答えは本書を読めばわかります」――という絶賛の言葉通り、ホワッドダニットの面白さを味わえます。

16年前、災害ボランティアの青年が目撃したのは、行方不明の少女の幽霊だったのか? 幽霊目撃譚について、エリ沢くんが意外な真相を語る表題作「蟬かえる」。交差点での交通事故と団地で起きた負傷事件。それらのつながりを解き明かす、第73回日本推理作家協会賞候補作「コマチグモ」
一見、「この場で何が起こっていたのか?」がまったく分からない、不可思議な事件が5つ起こります。誰も事件の全容が掴めない中、唯一、エリ沢くんが些細な手がかりから驚愕の真実を拾い上げるという、その鮮やかさには目を見張ります。

そして、エリ沢くん自身の魅力。彼が解く事件の真相は、いつだって人間の悲しみや愛おしさを秘めていました。犯人や事件関係者が抱える切実さについて、エリ沢くんは優しい眼差しを忘れません。推理の後、彼が語る言葉のひとつひとつには、胸を打たれます。
今回は、「なぜ彼が、そのような悲しいくらい優しい名探偵になったのか?」を描いた、重要な過去エピソードも収録されており、必見です。エリ沢くんの過去を知った時、彼に対する愛おしさが増すことでしょう。

そんな大注目のミステリーズ!新人賞作家が贈る、絶賛を浴びた『サーチライトと誘蛾灯』に続く、ミステリ連作集第2弾をどうぞお楽しみください(前作に続き、河合真維さんによる格好良いエリ沢くん&幻想的な昆虫たちのカバーが目印)!

サーチライトと誘蛾灯 (創元推理文庫)
櫻田 智也
東京創元社
2020-04-20

あなたの好きなヴァランダーはどの巻? ヘニング・マンケルの〈クルト・ヴァランダー・シリーズ〉最終巻刊行を記念して新刊プレゼント&人気投票を実施します。


北欧ミステリの帝王ヘニング・マンケルの金字塔的なシリーズ〈クルト・ヴァランダー・シリーズ〉
マンケルが創造した刑事クルト・ヴァランダーは、第一巻『殺人者の顔』で、離婚の痛手から立ち直れず、娘には反抗され、年老いた父親とはうまくいかないという、典型的な冴えない中年男として登場しました。

でもこのシリーズは、ただのスウェーデンの片田舎の警察を舞台にしたミステリではありません、外国人労働者問題、DV、IT犯罪など、今日の日本でも十分に通用する犯罪事件を追う、リアルな刑事の姿を描いています。
そんなシリーズも、8月刊行の『苦悩する男』で完結。六十歳を過ぎ、第一線をしりぞきつつあるヴァランダーは、娘リンダのパートナーの父親が失踪した事件を解決しようと奔走します。

最終刊刊行を記念して、既刊の人気投票を行いたいと思います。
Twitterで、あなたの好きな1冊の書名(上下の場合は1冊にカウントします)を挙げて、一言理由をお書きください。
その際にハッシュタグ「 #私の好きなヴァランダー 」を付けてツイートしてください。

投票してくださった方の中から、抽選で5名様に最新巻『苦悩する男』(8月27日刊行)をプレゼントいたします。

いただいたコメントは、ホームページおよびTwitter、Facebook等で使用させていただく場合があります。

総務部業務レポート ~新型コロナウィルス感染症との戦いと、ニューノーマル(新常態)への進化の日々?~


WEBミステリーズ!をお読みの皆さまこんにちは、総務部のIです。
久しぶりの登場となります。しばらくお付き合いください。

前回は昨年の秋ごろで、ラグビーワールドカップ観戦記など書かせていただきました。
それ以来というわけなんですが、前回の原稿を書いていた頃から現在までを改めて振り返りますと、この間に世界がそれこそ一変するような事態が起こってしまいましたね……
本来ならば、ラグビーワールドカップを凌ぐイベントであるはずの東京オリンピックは延期となりましたし、それ以外のスポーツ・エンタメ・文化事業等もジャンルを問わずほぼすべての催し物も中止や延期となりましたね。
例外で無観客ながら開催続行していたのが競馬などの公営ギャンブルくらいですか?
中央競馬のオークスやダービーも史上初めて無観客で施行されましたね。
馬券の方はPAT(オンライン購入システム)で買えますが、現地の場合と違って残高の減りっぷりがいちいち確認出来て辛い……

写真①
とは言っても、また現地で思いっきり声でも出したいですね~
       
イベントだけでなく、そもそも、我々がそれまで当たり前のこととして何ら疑義を持たなかった日常生活と行動様式、公共サービスとそれらに付随する産業そのものが、土台から揺さぶられる状況です。感染予防のために人と人と間の距離を空けて、なるべく接触を避けよう、というのですからね。
今現在は、学校も段階的に登校再開となり、都道府県をまたぐ移動の自粛や、条件付きながらも飲食店への休業要請が解除となりました。19日にはようやくプロ野球も開幕しました。が……
何ですかね~阪神。待ちに待った開幕の直後に、早くもシーズン終了ですかね~

……自分の事情はさておき、それでもようやく以前の日常が戻ってくるのかな、と期待が持てるようになりましたのは何よりです。感染の拡大期には、「臨時休校」、「外出自粛」、さらに「緊急事態宣言」の発令、と、社会全体が経験したことのない不安に包まれました。
我が社も当然ながら否応なく対応を迫られ、社業との両立や、従業員の安全確保などを図るべく、模索を繰り返しました。
それでも非常時下ゆえ、こちらの思惑だけではどうにもならない事態が生じることもありましたが、そんな状況下における我が社の日々のいくつかを、従業員の勤務体制など中心に、総務の視点から時系列で記してみると……

【1月、日本国内においての初感染者確認】

 ・2~3月に予定していた社員採用選考試験の日程通りの実施を確認
 ・2月13日開催予定の「新刊ラインナップ説明会2020」の予定通りの開催を決定
  
  ~ニュースとしては認識していたものの、まだ危機感は薄かったです~
 
【2月、ダイヤモンド・プリンセス号の船上隔離、全国の学校への臨時休校要請】

 ・下旬より、出退勤ルールを一部緩和し、オフピーク通勤を認める

  ~出退勤ルール緩和から始めましたが、休校への対応ということで、在宅勤務も可、となりました~

【3月、東京オリンピックの中止発表、週末の外出自粛要請】

 ・出退勤ルール緩和の延長を決定し、著者・お取引先様との対面での打ち合わせも自粛する
 ・凪良ゆう『流浪の月』の第17回本屋大賞受賞の内示を受ける

  ~感染拡大期に入り、著名人逝去の報も入るなど、不安が増す中、なんと!本屋大賞受賞の連絡が!~



【4月 緊急事態宣言の発出と休業要請・外出自粛の徹底】

 ・緊急事態宣言発出後は、基本的に在宅勤務または部署内での交代出勤とする
 ・編集部新入社員1名(新卒入社)、勤務開始も、いきなりの交代出勤に

  ~外出自粛が強く打ち出され、出勤者を大幅に減らす施策をとりました。会議もリモートでの参加者が増えました~

【5月、緊急事態宣言の月末までの延長も、中旬ごろから新規感染者数・死亡者数が漸減を始め、月末に緊急事態宣言解除】

 ・宣言延長を受け、在宅勤務・交代出勤体制を6月5日まで延長する
 ・今年の「創元 初夏のホンまつり」開催中止を決定する

  ~ここ数年、本社社屋にて開催し、好評を博していた「ホンまつり」の中止は我々にとっても残念です~

と、こんな感じだったですかね。事態の推移にあわせて、その都度可能な対策を講じたつもりですし、おかげさまで今のところ、従業員の感染は防げております。。ああすれば、こうすればというのは当然出てきますが、否応なく始まった、という側面もありますからね。現在は社内統一で、以下のような対応をとらせていただいております。



ただ、考えてみると、ウィルスとの戦いは依然進行中の事案でありますし、元々政府が「働き方改革」の名のもと、多様な働き方を実現する世の中に、という、方向性を打ち出していたはずでしたね。
今回は緊急事態に対応するためのいわゆる「テレワーク」が中心となりましたが、事業場外での勤務、というのはそうした方向性との親和性も高く、将来にわたって必要な制度ではないかな、などと考えました。
自分は結構出社してしまってたんですがね……

さて、社会活動の停滞を余儀なくされた4・5月ですが、そんな中、今年の本屋大賞受賞作、凪良ゆう『流浪の月』がとにかく好評であります!


また、弊社営業部からは書店様の力添えとなるべく、下記のような取り組みも始めております!



感染の状況はまだまだ安心は出来ませんね。我が社の刊行物が、皆さまの日々の不安を和らげる一助となれるよう、頑張ってまいります!

最後に、私事ですが外出自粛期間中、思い立って自宅ベランダにて枝豆栽培に取り組んでみました。
写真②

途中、良い感じに成長を続けましたが・・・・
写真③ (1)

結果は・・・・見事全滅しました!
写真④

枝豆栽培に詳しい方、アドバイスお待ちしております!
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり