Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

営業部日誌 オンライン謎解き初挑戦


皆様はじめまして、新入社員の営業部Yです。
日誌の内容は趣味の話でもいいそうなので、時々遊んでいる謎解きについて書こうと思います。

……ちなみに趣味について色々と思いを巡らせたとき、今年は外出自粛により大型イベントが総じて中止となっていた事を思い出し、軽く落ち込みました。書いている今も落ち込んでいます。(忘れたままでいたかった。)

本来なら7月と8月にそれぞれ開催予定だった、「アイドルマスターsideM」の5thライブや「Fate/Grand Order」5周年記念ライブなどについて書いていたと思うのですが、どちらも早い段階で中止となりました。英断だったと思います。アイドルマスター公式はリストバンドやパンフレットなどのライブグッズを発売してくれたので、ライブはなくとも購入しました。お布施というやつです。

さて、そんな外出自粛による虚無で悲しい気分の中でも楽しめる、オンライン娯楽を紹介したいと思います。
今回紹介するのはリアル脱出ゲームでお馴染みSCRAPによるナゾトキ街歩きオンライン
『ワールド謎ツアー』です。



こちらは赤のトランクキットと青のトランクキットの2つを使用し、1人でも2人でも、それ以上の人数でも遊べます。
今回は普段からボードゲームやリアル脱出ゲームを遊ぶ4人で赤・青を各2セット用意し遊んだのですが、オンライン飲み会などとはまた違った楽しさがありました。
オンライン上で世界を観光しながら謎の散らばった都市を巡り、リアル脱出ゲームのように協力して謎を解いていく工程は非常に面白く、物理的距離は感じますが、一緒に遊んでいるなと実感できます。
実際には会えなくとも、スマートフォン1つで連絡を取れる。遊ぶこともできる。いい時代ですね。
謎解きなので多くを書く事は出来ませんが、興味のある方はぜひ遊んでいただければと思います。

思えば、本にも読むことで現地に行ったような気持ちになる小説がありますね。
私は創元推理文庫『王とサーカス』を読んだとき、ネパールに実際に滞在しているような感覚になり、実際に行きたいと思いました。この作品はミステリとして評価されていますが、ミステリとしてだけでなく、食べ物や街中の描写が細かく、その点もとても好きな小説です。

——今から次回は何を書けばいいのかと悩んでおりますが、それは次回の私に託そうと思います。それではまた。


王とサーカス (創元推理文庫)
米澤 穂信
東京創元社
2018-08-30


【蔵出し記事】本格一筋六十年 想い出の鮎川哲也


※こちらの記事は「本の話題」として過去に東京創元社のホームページで公開された記事を、一部を修正して再度取り上げたものになります。

今回の蔵出し記事は鮎川哲也氏の追悼記事です。
鮎川先生の命日にあたる本日、9月24日に記事を再掲させていただきます。



わが国推理小説界の巨匠、鮎川哲也氏が去る2002年9月24日、亡くなった。享年83歳。

0211_02_01

 大正8(1919)年2月14日(戸籍上の出生日。実際は1月14日だという)東京・巣鴨に生まれた。本名、中川透。9歳の時、父が満鉄(南満洲鉄道)の測量技師となったため、大連に一家で移り住んだ。ここでシャーロック・ホームズに始まり、翻訳物の推理小説を愛読するようになる。

 11年、中学卒業とともに東京の学校に進学するが、肋膜炎を患い退学。17年、「婦人画報」の朗読文学募集に佐々木淳子名義で応募した「ポロさん」が、翌年入選作として掲載される。この年には、クロフツの「ポンスン事件」に触発されて、長編第1作「ペトロフ事件」を大連で執筆している。翌年には東京に戻り、さらに翌20年、熊本県の球磨郡多良木町に疎開。その途中の数ヶ月間、福岡県の二島に居住していた。その経験が、後に「黒いトランク」に活かされる。


 21年に上京。拓殖大学商学部を卒業後、駐留軍民間検閲局(GHQ)に勤務しながら、「ロック」編集長、山崎徹也氏の引きで、同誌に那珂川透名義で「月魄」、薔薇小路棘麿名義で「蛇と猪」などを発表。

 24年、〈宝石〉の百万円懸賞に中川淳一名義の短編「地虫」と中川透名義の長編「ペトロフ事件」を投稿。後者が翌年、一等に入選。31年、講談社の書下し長篇探偵小説全集の13番目の椅子に応募した「黒いトランク」が見事入選を果たし、講談社から上梓するに際し、鮎川哲也の筆名を使用する。以後の活躍はご存じのとおり。35年には『黒い白鳥』『憎悪の化石』で日本探偵作家クラブ賞を受賞。
 平成13年には、できたばかりの本格ミステリ大賞特別賞を、そしてこの度、日本ミステリー文学大賞の特別賞受賞が決まった。晩年は、自らの名を冠した鮎川哲也賞の選考や、「本格推理」の編集で新人作家の発見育成、「幻の探偵作家を求めて」で埋もれた推理作家の尋訪、各種のアンソロジー編纂といった作業に精力を注いだ。新本格派をはじめ、現在斯界で活躍する若手作家たちの精神的な支柱として果たした役割は計り知れない。



 小社では、2002年11月、各界99名の方の追悼文、担当編集者による座談会、初公開写真多数を含むアルバム、そして年譜という構成の、山前譲編『本格一筋六十年 想い出の鮎川哲也』を刊行いたします。最後に、心よりご冥福をお祈りいたします。

 創元推理文庫では〈鮎川哲也【短編傑作選】I〉『五つの時計』、〈鮎川哲也【短編傑作選】II〉『下り“はつかり”』(以上、北村薫編)、長編では「黒いトランク」『黒い白鳥』『憎悪の化石』『死のある風景』『風の証言』が現在刊行されています。(以下続刊)

※注:現在刊行されている作品については一部変更があります。
   詳細は弊社ホームページでご確認ください。

(元記事掲載日:2002年11月15日)



ローラン・ビネは「現実とフィクション」というテーマを追い続けている作家です。


1676
言語の七番目の機能 (海外文学セレクション)
ローラン・ビネ
東京創元社
2020-09-24


「人生は小説ではない」という文章から、本書は始まります。
 
 少し前に、編集部の子猫たちが、私に黙って、本書について、おしゃべりをしてしまったようですね。彼らが色々話してはいましたが、まだまだお話しすべき事はたくさんあるのです。そんなにあれやこれやお伝えしてしまったら、もう読む必要がなくなりそうですが、ところが、そんなことはありません。実に読みでがある小説なのです。
 しかも楽しんで(呆れながら?)読める作品なのです。 
 
『言語の七番目の機能』というのは、ロマン・ヤコブソンというロシアの言語学者が提唱した『言語の六つの機能』(この六つの機能については、子猫たちのおしゃべりをご覧ください)ですが、実はそれ以外に七番目の機能があって……
と書くと、面倒くさそう! と思う方がいらっしゃるでしょうが、決して面倒くさい小説ではありません。きわめてエンターテインメント性の高い書きぶりなのです。
 エーコの小説を思い出してください。もちろんちりばめられた要素は蘊蓄(うんちく)、歴史的事実も満載で、そのあたりのことを知らないと、迷宮に迷い込んだ感があったかもしれませんが、物語性はしっかり確保されていて面白かったではないですか!
 本書の舞台は現代、1980年から1年ほどのことですし、誰でも知っている世界のことなのですから。といっても21世紀生まれの読者の方々には歴史上の出来事になるのか……。ううぅむ。

 フランスの文芸批評家、哲学者、記号学者のロラン・バルトが、車にはねられて死亡したという、当時本当にびっくりした出来事があって、そこからすべてが始まるのです。

バルトの死を報じたル・モンド紙――――


 その時、バルトは当時大統領選に出馬することになっていたフランソワ・ミッテラン(翌年、第21代の大統領――社会党初の――となった)との会食からの帰り道で、クリーニング店の車にはねられ意識不明に陥った彼は身分証明書も鍵も身につけていなかった。
 この不可解な状況、この小説的状況にビネは心惹かれたというのです。

 どうやら、彼の所持していた謎の文書が狙われて、そのために彼は殺されたらしいという。捜査にあたるのは、情報局付き警視ジャック・バイヤールJacques Bayardと、彼が補佐役として選んだ若い記号学者シモン・エルゾグSimon Hersog。
「記号学? なんだ、そりゃ?」というバイヤール警視ですから、大学内部のことや、学者たちのことをよく知るシモンの助けが必要だったのです。
 シモン・エルゾグのイニシャルはS・H、シャーロック・ホームズと同じですよ!
 ではジャック・バイヤールのJ・B は? ジャック・バウワー= アメリカのTVシリーズ《24 : トウェンティフォー》の主人公である政府機関の有能な捜査官。この辺りも子猫たちバラされていてまったく困ったものです。
 実際、バイヤール警視と初めて会った場面で、シモンはホームズばりにバイヤール警部の正体を推理してみせます。
 この場面で、もうホームズを目指していることは明らかになるわけです。シャーロッキアンであれば、この場面のためだけにも本書をお読みにならねばなりませんよ(ヒヒヒヒ)。

 そして、とにかく登場人物が綺羅星(きらほし)のごとく……なのです。 
 探偵役の二人、バイヤール警視とシモン以外の、主要な登場人物のほとんどが実在の人物です。
 ロラン・バルトのことはすでに書きました。
 ミシェル・フーコー(哲学者、『狂気の歴史』『監獄の誕生』他、1984年エイズで死去)、ウンベルト・エーコ(イタリアの記号学者、作家『薔薇の名前』他)、ジュリア・クリステヴァ(ブルガリア出身の哲学者、著述家)、フィリップ・ソレルス(クリステヴァの夫、作家)、アルチュセール(マルクス主義哲学者)、デリダ、ドゥルーズ、ガタリ、ジャック・ラング、ベルナール=アンリ・レヴィ、エルヴェ・ギベール、サール、フランソワ・ミッテラン、ジスカール・デスタン、アンドレ・テシネ、イザベル・アジャーニ、ミケランジェロ・アントニオーニ、モニカ・ヴィッティ……きりがありません。
 サルトルがフランソワーズ・サガンにつきそわれるようにしてカフェにいる姿も。

 実在の人々のことをこんなふうに書いていいのか……と、ぎょっとするようなことが色々書かれているのです。このあたりの真実と嘘はかなりカクテルされています。つまり真実も相当入っています。フーコーはゲイ・サウナに入り浸り、ソレルスはなんとも大変な目に遭う。「スキャンダラス」という言葉さえ頭に浮かびました。
 でも考えてみるとソレルスは『女たち』という小説で、自分の妻のクリステヴァ、バルト、ラカン等をモデルに、好き放題書いたのでしたから、彼は何も言えないでしょう。

 バルトの部屋の描写がP47に出てきますが、その部屋の様子はここで見られます。パリ6区、サン・シュルピス教会近くの自宅の7階の部屋。そしてビネが「フィリップ・ノワレの声」と書いている声も聴くことができます。そしてピアノを弾く彼の姿も。




 哲学者ルイ・アルチュセールが、この1980年に妻を殺害した事件は日本でもニュースになり「私もええっ!」と驚いた記憶があります。



 この写真は、たぶん事件の数か月前の二人の姿でしょう。
 この事件も、ビネは小説に組み込んでいるのですから、はじめに読んだときは、他にもある〈やり過ぎ感〉のある様々なエピソードなどと合わせ考えて、本当にこの本を出していいんだろうかとしばらく悩みました。

〈ロゴス・クラブ〉という謎の秘密クラブは『ファイト・クラブ』から思いついたようで、あの映画のすさまじい殴り合いをディベートに置き換えたシーンは圧巻です。まさに言葉の戦い。

 本書中、パリの街での、007ばりのカー・チェイスもすごいのですが、ブルガリアの秘密警察が仕込み傘を持って暗躍するあたり、笑えます。ただ、笑えますが、実はこの仕込み傘は、本当にあった話なのです。1978年にロンドンでゲオルギー・マルコフというブルガリア出身のジャーナリストで作家が、リシンを仕込んだ傘で暗殺されるという事件があり、「うをっ! まるでスパイ映画!」と世を騒がせた事件だったのですが、
ここをご覧になればよくわかります。



 そして、ジュリア・クリステヴァはブルガリア出身。一時期、彼女はブルガリア秘密警察との関係を取り沙汰されたことがあったのでした。もちろんその疑いは晴れたようですが。

 探偵役二人はパリから、ボローニャ、イサカ、ヴェネツィア、ナポリと世界を飛び回ります。

 ボローニャで、バイヤール警視とシモンがエーコを捜して訪れた〈オステリーア・デル・ソーレ〉はこんなお店です。ここでエーコ先生はひどい目に遭います!


 学会があって、みんなが向かうアメリカはイサカのコーネル大学は今回、ネット検索してみたら、実に美しいところで驚きました。一件の価値ありです。こんなところで学生生活を送る人たちもいるのですね。そして、こんなとろこで、あの学会があり、登場人物たちが大挙して押し寄せ、X氏やY氏が命を落とす……



 ヴェネツィアで、ソレルスがシモンとバイヤールに是非行くべきと勧めている、サント・ステファノ広場にあるニッコロ・トマセオの彫像の写真はここでご覧ください。いかにもソレルス的な紹介、「書物を排泄している云々」というあれです。


 そしてフェニーチェ劇場での〈ロゴス・クラブ〉の大会のあと、シモンとバイヤール警視は、ムラーノ島のガラス工房に行くことになる! ああ、なんということか!



 エピローグの最後の場面はナポリ近郊のソルファターラ火山。こんなところです。



 あまりに、ふざけ過ぎではないだろうか? やり過ぎではないだろうか? インテリ坊やの若気の至りでは?(実はもうローラン・ビネは47歳、坊やなどではないのですが)などとはじめは本当に思ったのですが、何事も見た目で判断してはいけないというのは、当たり前といえば当たり前。
 一見ふざけ過ぎでスキャンダラスで、いったいどういうつもりなんだ……と思える本書も実は、現実とフィクションというテーマを追い求めている作品であり、言葉の持つ力への愛に満ちた作品であることは、読み通されれば実感していただけるはずです。
『HHhH』とはひと味もふた味も違う、しかしローラン・ビネらしい本書を、是非お楽しみください。(子猫たちに先にいろいろおしゃべりされてしまって困惑気味の編集部M・I)
 
*「記号学ミステリ」という言葉に相応しい、きりっとした、独特の雰囲気のある装丁は、柳川貴代さんによるものです。

☆ 重要なお知らせ
実はローランロ・ビネ氏は、今秋、フランス大使館の招聘で来日することになっていましたが、コロナ禍により実現せず、代わりに10月31日に、オンライン・トークイベントが開催されます。
対談相手は、平野啓一郎氏、司会は佐々木敦氏。
詳細はこちらをご覧ください。




HHhH (プラハ、1942年) (海外文学セレクション)
ローラン・ビネ
東京創元社
2013-06-29






東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり