Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

歴史から文豪へ 新シリーズ開幕 鯨統一郎『文豪たちの怪しい宴』


 2019年は文庫創刊60周年と、弊社の記念の年でした。
 その掉尾を飾る文庫書き下ろし作品が、今作『文豪たちの怪しい宴』となります。
『邪馬台国はどこですか?』で鮮烈なデビューを飾った、鯨統一郎最新作をお届けします。


 文学部教授の曽根原がシンポジウムの討論会の帰り道、駅までの途中にあるバーにふと立ち寄ることで、物語が動き出します。〈スリーバレー〉の女性バーテンダーの何気ないひと言、「あたし前から『こころ』に関して疑問に思っていた事があるんです」が、曽根原の教員魂(?)に火を付けます。二人のあいだで議論が深まっていくそんな折、常連客の宮田と名乗る男が登場し、バーテンダーと曽祢原の議論はさらに混迷を極めていきます。それはそうですよね、宮田は、『こころ』が百合小説だと主張するものですから……。

『こころ』のほかに、太宰治の『走れメロス』、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』、芥川龍之介の「藪の中」と、〈スリーバレー〉のカウンターごしに、文学談義は続いていきます。どれもほとんどの方が読んだことのある作品ばかり、そこにどんな新解釈があるのか? ぜひ、今作を読んで、〈スリーバレー〉での三人のように、忘年会・新年会の話のネタにしてはいかが。
ちょうどNHKの「ブラタモリ」でも12月7日に宮沢賢治の故郷「花巻」を放送していました。しばらく『銀河鉄道の夜』を読んでないなと思った皆さん、今作との併読もお薦めです。

 さて今作は、『邪馬台国はどこですか?』にはじまる〈邪馬台国シリーズ〉同様のバー〈スリーバレー〉を舞台にしながらも、早乙女静香やマスターの松永は登場しません。新たなトリオ(宮田のみ両シリーズに共通するキャラクターですが)の結成をお楽しみくださいませ。そして、次回作にはどんな作品たちがチョイスされるのか?




新・日本の七不思議 (創元推理文庫)
鯨 統一郎
東京創元社
2011-04-29



AIの登場で様変わりした定石を解明! ウォンソンジン/洪敏和 訳『AI定石のあれやこれや』


 今から50年くらい前の時代というか世界を想像してみる。そこでは現在ではあって当然のものがない。その代表的なものがパソコンであろう。気軽にメールが飛び交う世界など想像もできなかった。まして電車の中で、スマホでゲームに興じるなど考えられもしない。これらを単純に進歩というつもりはないが、何かが変化しているのは確かなことだろう。

 囲碁の世界では、江戸時代にそれまでと違う考え方が現れて、より深化してきた。手割論とか秀策流の布石が挙げられる。また昭和になってスピード重視の新布石が主張され、星に打つ技術が開発され、新しい時代を作ってきた。その度に囲碁は面白くなってきた。

 そしてトップ棋士より強いAIの登場で、また新しい世界に突入した。以前はいけないとされていた早期の三々侵入が流行定石になるなど、昔よく打たれていた手法があまり見かけられなくなり、AIが悪いと判断する変化はほとんど採用されなくなってきた。かつて囲碁を勉強した人は困惑して当然である。羽根直樹碁聖のようにAIの流儀をほとんど使わないプロもいるが。

 ともあれ現在は、AIの研究なくして囲碁は打てなくなってきている。しかしAIを真似して打つだけでは強くはなれない。

 本書は、三々や両ガカリの変化をはじめ、最近の流行定石に焦点を当てて解説したもので、出来る限り役に立つ変化を収録した。ただ周りの配石が一路違うだけで変化が異なることもある。そのため変化図をただ覚えるだけでなく、周辺の配石を考えながら打つことが棋力向上には有益なことである。

映画『屍人荘の殺人』特集以外にも、盛りだくさんな内容でお届けします!『ミステリーズ!vol.98』


冬の寒さがしんしんと体に伝わってくる今日この頃。暖かな室内の読書のお供に、12月号の『ミステリーズ!』はいかがでしょうか?
今号は、何といっても大ボリュームでお届けする「映画『屍人荘の殺人』公開記念特集」のゴージャスさ! みんな大好き、明智恭介先輩の華麗な活躍を描いた最新短編もあれば、今村昌弘さん×神木隆之介さん×浜辺美波さん×中村倫也さんによる特別座談会など、ここでしか見られないスペシャルな内容です。
その他の特集詳細は、コチラの記事を参照していただければと思います。



それ以外にも、読みどころは様々。まずは読み切りは豪華四本立て。前号に続き、〈マリア&漣〉シリーズの最新短編であり、少女時代のマリアが遭遇した事件を描いた、市川憂人さん「レッドデビルは知らない(後編)」。本紙初登場の、短編SFの名手が贈る鮮やかなショートミステリ、草上仁さん「リコメンド」「未知との遭遇」で第14回ミステリーズ!新人賞優秀賞を受賞した、丹野文月さんによる落語ミステリ最新作「一眼国の異邦人」『強欲な羊』の恐怖、再び! 戦慄のホラーミステリ、美輪和音さん「炎上する羊」

連載も、とうとう福田和代さんの「東京ホロウアウト」が最終回を迎えます。東京を混乱に陥れたテロ実行犯を追い詰めた、世良をはじめとしたトラックドライバーたち。犯人の真の目的は? テロに襲われた東京で、無事にオリンピックを開催できるのか? 最後まで息をつかせぬ展開でお届けした本作品の、激動のエンディングをぜひ確認してください。

2019年も残りわずかとなりました。来年も『ミステリーズ!』をどうぞよろしくお願いいたします!
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。