Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

【twitter企画】江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集』全収録作の好きな短編投票のお願い


みなさまこんにちは。東京創元社翻訳班Sです。

今年の4月、江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集』(全5巻)のリニューアルが完了しました。そこで全収録作の魅力をもっと伝えたいと思い、Twitter企画をおこなうことになりました。ぜひ『世界推理短編傑作集』のうち好きな短編3作を選んで投票していただきたく、お願い申し上げます! 全5巻すべてを読んでいない方でもお気軽に投票していただければ幸いです。また、旧版の『世界短編傑作集』(全5巻)で読んだよ~という方も歓迎いたします。

【投票のやりかた】

*江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集』(全5巻)の全収録作のなかで、好きな3作を選び、twitterでハッシュタグ( #世界推理短編 )をつけてつぶやいてください。ハッシュタグがない投票は結果に反映されませんので、ご注意ください。

※この記事の文末に、全収録作リストを掲載しております。ご活用ください※

*投票の際、選んだ理由などのコメントを記載される場合は、どうか未読の方へのご配慮をお願いいたします。

*投票されたツイートは、togetterのまとめページや〈Webミステリーズ!〉に掲載させていただく場合がございます。

*全5巻すべてを読了済みでなくても結構です。お気軽にご投票いただけますと幸いです。

【投票締切】

*2019年9月30日まで

【結果発表】

*集計後〈Webミステリーズ!〉で発表させていただきます。

*    *    *

みなさまの投票をお待ちしております!!

とはいえ、『世界推理短編傑作集』はかの江戸川乱歩が選んだ傑作・名作ぞろいのミステリ・アンソロジーです。もはや「傑作だけ収録されている」といっても過言ではない!!! 3作だけなんてとてもじゃないけど選べない!! という声が聞こえてきそうです。そこで選ぶ楽しみ(苦しみ?)をいろんな人に味わってもらおうと思い、リニューアル担当のミステリ研究家・戸川安宣氏と、東京創元社社員にも3作を選んで投票してもらいました!

その結果がこちらになります!

【戸川安宣氏の選んだ3作】

1「医師とその妻と時計」アンナ・キャサリン・グリーン 井上一夫訳
2「赤い絹の肩かけ」モーリス・ルブラン 井上勇訳
3「十五人の殺人者たち」ベン・ヘクト 橋本福夫訳

(コメント)
今回原文と照らしながら精読して新しい発見のあった作品を選びました。発表当時、世の関心を集めていた話題を作品に活した1、凄い作家だと再認識させられた2、そして大好きな作家の好編3。順番は発表年代順です。

【東京創元社社員の投票結果】

1位 「銀の仮面」ヒュー・ウォルポール 中村能三訳
   「二壜のソース」ロード・ダンセイニ 宇野利泰訳

2位 「ボーダーライン事件」マージェリー・アリンガム 猪俣美江子訳
   「十五人の殺人者たち」ベン・ヘクト 橋本福夫訳
   「信・望・愛」アーヴィン・S・コッブ 田中小実昌訳
   「赤い絹の肩かけ」モーリス・ルブラン 井上勇訳
   「盗まれた手紙」エドガー・アラン・ポオ 丸谷才一訳
   「夜鶯荘」アガサ・クリスティ 中村能三訳
   「妖魔の森の家」カーター・ディクスン 宇野利泰訳
   「クリスマスに帰る」ジョン・コリアー 宇野利泰訳

どうですかこの2位が8作あるという驚きの結果!  
そして以下が投票時のコメントの抜粋です。

(コメント)
  • 「二壜のソース」「クリスマスに帰る」「十五人の殺人者たち」。どれも「ミステリを書く」ということは「人間を書く」ということだと思わせてくれる逸品ばかりでした。
  • 「赤い絹の肩かけ」「信・望・愛」「十五人の殺人者たち」。痛快だったり戦慄したり心温まったり。バラエティに富んだ後味も魅力です。
  • 「赤い絹の肩かけ」「銀の仮面」「ボーダーライン事件」。肩かけのみを手がかりに推理していく過程がエキサイティングで、キャラクター小説としても抜群に面白いルブラン、いわゆる〈奇妙な味〉風もの中では極めつけの不気味さが読後に残りつづけたウォルポール、単なる推理クイズという印象が新訳版で読んで小説としての奥行きにひっくり返ったアリンガムの三作を選びました。悩んだ悩んだ。
  • 「ダブリン事件」は深町先生の新訳がほんとうに素晴らしかったです。
  • 読んだときのインパクトが強かったものを挙げます。強烈な不可能性がしっかり手順を踏んで解体されていく「十三号独房の問題」、みんなが選んでいるので外したかったけど何回読んでもトラウマに残る「銀の仮面」、謎解きも真相も非常に近代的で、この無情さも含め冒頭に相応しい「ボーダーライン事件」。

このような感じで投票してくださったみなさんのコメントも記事に掲載させていただき、これから『世界推理短編傑作集』を読んでみたいという方へ魅力をお伝えできればと考えております。

みなさまの投票をお待ちしております! どうぞよろしくお願いいたします!

※※『世界推理短編傑作集』全収録作リスト※※

『世界推理短編傑作集〈1〉』
  • 「盗まれた手紙」エドガー・アラン・ポオ 丸谷才一訳
  • 「人を呪わば」ウィルキー・コリンズ 中村能三訳 
  • 「安全マッチ」アントン・チェーホフ 池田健太郎訳
  • 「赤毛組合」アーサー・コナン・ドイル 深町眞理子訳
  • 「レントン館盗難事件」アーサー・モリスン 宇野利泰
  • 「医師とその妻と時計」アンナ・キャサリン・グリーン 井上一夫訳
  • 「ダブリン事件」バロネス・オルツィ 深町眞理子訳
  • 「十三号独房の問題」ジャック・フットレル 宇野利泰訳


『世界推理短編傑作集〈2〉』
  • 「放心家組合」ロバート・バー 宇野利泰訳
  • 「奇妙な跡」バルドゥイン・グロラー 垂野創一郎訳
  • 「奇妙な足音」G・K・チェスタトン 中村保男訳
  • 「赤い絹の肩かけ」モーリス・ルブラン 井上勇訳
  • 「オスカー・ブロズキー事件」オースチン・フリーマン 大久保康雄訳
  • 「ギルバート・マレル卿の絵」V・L・ホワイトチャーチ 中村能三訳
  • 「ブルックベンド荘の悲劇」アーネスト・ブラマ 井上勇訳
  • 「ズームドルフ事件」M・D・ポースト 宇野利泰訳
  • 「急行列車内の謎」F・W・クロフツ 橋本福夫訳


『世界推理短編傑作集〈3〉』
  • 「三死人」イーデン・フィルポッツ 宇野利泰訳
  • 「堕天使の冒険」パーシヴァル・ワイルド 橋本福夫訳 
  • 「夜鶯荘」アガサ・クリスティ 中村能三訳
  • 「茶の葉」E・ジェプスン&R・ユーステス 阿部主計訳
  • 「キプロスの蜂」アントニー・ウィン 井上一夫訳
  • 「イギリス製濾過器」C・B・ベックホファー・ロバーツ 井上一夫訳
  • 「殺人者」アーネスト・ヘミングウェイ 大久保康雄訳
  • 「窓のふくろう」G・D・H&M・I・コール 井上勇訳
  • 「完全犯罪」ベン・レイ・レドマン 村上啓夫訳
  • 「偶然の審判」アントニイ・バークリー 中村能三訳


『世界推理短編傑作集〈4〉』
  • 「オッターモール氏の手」トマス・バーク 中村能三訳
  • 「信・望・愛」アーヴィン・S・コッブ 田中小実昌訳
  • 「密室の行者」ロナルド・A・ノックス 中村能三訳
  • 「スペードという男」ダシール・ハメット 田中小実昌訳
  • 「二壜のソース」ロード・ダンセイニ 宇野利泰訳
  • 「銀の仮面」ヒュー・ウォルポール 中村能三訳
  • 「疑惑」ドロシー・L・セイヤーズ 宇野利泰訳
  • 「いかれたお茶会の冒険」エラリー・クイーン 中村有希訳
  • 「黄色いなめくじ」H・C・ベイリー 宇野利泰訳
『世界推理短編傑作集〈5〉』
  • 「ボーダーライン事件」マージェリー・アリンガム 猪俣美江子訳
  • 「好打」E・C・ベントリー 井上勇訳
  • 「いかさま賭博」レスリー・チャーテリス 宇野利泰訳
  • 「クリスマスに帰る」ジョン・コリアー 宇野利泰訳
  • 「爪」ウィリアム・アイリッシュ 門野集訳
  • 「ある殺人者の肖像」Q・パトリック 橋本福夫訳
  • 「十五人の殺人者たち」ベン・ヘクト 橋本福夫訳
  • 「危険な連中」フレドリック・ブラウン 大久保康雄訳
  • 「証拠のかわりに」レックス・スタウト 田中小実昌訳
  • 「妖魔の森の家」カーター・ディクスン 宇野利泰訳
  • 「悪夢」デイビッド・C・クック 小西宏訳
  • 「黄金の二十」エラリー・クイーン 小西宏訳

彩坂美月『みどり町の怪人』、三津田信三『魔偶の如き齎すもの』…「ミステリーズ!96号」(2019年8月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2


 彩坂美月『みどり町の怪人』(光文社 1700円+税)は、帯に“都市伝説×コージーミステリの野心作”という惹句(じゃっく)が躍る全七話からなる連作集だ。


 都心からさほど遠くもない穏やかな町――みどり町。しかしこの町は、二十数年前に起きた未解決事件に端を発する、若い女性と子供ばかりを狙う〈みどり町の怪人〉という都市伝説がいまも囁(ささや)かれ、地元のローカルラジオ番組でもリスナーから情報が寄せられていた……。

 こう書くと、このあと町で都市伝説をなぞるような惨劇が起こり、町民たちが疑心と狂気に駆り立てられ――といったストーリーを想起してしまうかもしれないが、予想に反して物語は、忌(い)まわしい都市伝説のある町に暮らすひとびとの人間模様を丁寧な筆致で綴(つづ)っていく。著者は青春ミステリ的な作風を持ち味にしてきたが、嫁姑(よめしゅうとめ)の間に湧き上がる不穏なイヤミスのごとき空気を温かに転じてみせるなど、本作で新たな魅力を発揮している。都市伝説の成り立ちにフォーカスしていく展開と、恐怖が襲い掛かってくる方向の意外性にも注目。

 三津田信三『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』(講談社 1700円+税)は、おなじみ〈刀城言耶(とうじょうげんや)〉シリーズの最新事件簿。大学を卒業して3年ばかりが過ぎた時分に言耶が遭遇した四つの怪事件が収められている。
 二重殺人事件の裏に見え隠れする、ひとに憑く服のような妖しきもの「妖服の如き切るもの」。ある村で起きた人体消失事件の真相に迫る、異形(いぎょう)の特殊設定ミステリ「巫死(ふし)の如き甦(よみがえ)るもの」。山中に現れる奇妙な家の怪異に言耶がひとつの解釈を導き出す「獣家(けものや)の如き吸うもの」。当代随一のホラーミステリ作家ならではの恐怖と推理が今回もたっぷりと味わえるが、なんといっても白眉(はくび)は四話目に用意された表題作だろう。

 所有する者に「福」と「禍(わざわい)」をもたらすという土偶の骨董――魔偶。その話を耳にした言耶は、自分を訪ねてきた女性編集者――祖父江偲(そふえしの)とともに旧家の屋敷へと赴く。するとそこには言耶たちと同様に興味を示す関係者が集い、魔偶があるという卍堂で事件が……。

 シリーズのレギュラーキャラである祖父江偲が言耶と初めて出会う記念すべきエピソードである。魔偶の謎もさることながら、注目は一度しか使えない仕掛けだ。愛読者の皆なら簡単かな? と微笑(ほほえ)む著者の顔が浮かぶようだ。







道尾秀介『いけない』、浅倉秋成『九度目の十八歳を迎えた君と』…「ミステリーズ!96号」(2019年8月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1


 細かな点に目を向けさせず力業で押し切ってしまうものもダイナミックな魅力で捨てがたいが、やはりミステリの仕掛けは、丁寧(ていねい)に施され、精度が高く、驚きの威力が抜群であるものが理想的といえる。

 道尾秀介『いけない』(文藝春秋 1500円+税)は、まさにその好例というべき、練りに練られたアイデアといくつもの技巧の冴えが存分に味わえる作品だ。物語は、白沢市と蝦蟇倉(がまくら)市というふたつの街を舞台に、四つの章から成り立っている。


 その道を南下するとき左手に見える「弓投げの崖」を見てはいけない――といわれるいわくつきの道路で起きた痛ましい事件の容疑者が、後日、同じ場所で何者かに撲殺される、第一章「弓投げの崖を見てはいけない」

 5歳のとき中国から家族とともに日本にやって来た孤独な少年が文具店で目撃してしまった衝撃的な出来事、そして白い袖を揺らしながら現れる“あいつ”が迫る、第二章「その話を聞かせてはいけない」

 自宅マンションで死亡していた、宗教団体の幹部女性。ベテランの刑事は、自殺と考える捜査方針にひとり疑義を唱える新米刑事と調べを進めるが、ある手帳に記された絵と文字が思わぬ結末へとつながる、第三章「絵の謎に気づいてはいけない」

 各章のラストには一枚の写真が用意され、それを目にすることで読者は本文を読んでも気づかなかった真相と物語の全容を理解し、あっと声を上げることになる。道尾秀介といえば、これまで仕掛けの鮮(あざ)やかな手際によって物語を様々に輝かせ(ときには黒々と染め変え)てきたが、その巧者が活字のみならずヴィジュアルをも駆使してこれでもかと驚きを演出し、読み手を手玉に取ろうとするのだから、たまらない。

 ところが、である。最終章「街の平和を信じてはいけない」において、読者はさらなる驚きと本作に秘められた真の狙いに舌を巻くことになる。あのラストシーンも、たとえば登場人物たちが背負ったもの、これから続く人生を考えてみると、たちまち色合いが変わってくる。二読、三読することで、さらに新たな発見がありそうな奥の深さを備えた充実の一冊である。

 今年3月に青春本格ミステリ『教室が、ひとりになるまで』(KADOKAWA)を上梓(じょうし)し、好評の浅倉秋成。早くも届けられた最新作『九度目の十八歳を迎えた君と』(東京創元社 1700円+税)は、不思議なタイトルのとおり目を疑うような光景から幕が上がる長編作品だ。
 残暑厳しいある朝、印刷会社の営業マンである間瀬が電車を待っていると、向かいのプラットホームに二和美咲(ふたわみさき)を見つけて混乱する。高校の二年、三年のときのクラスメイトだった彼女は、なんと当時と同じく制服姿で18歳のときのままだった。後日、母校の前で再会した彼女は、やはり十八歳のまま高校生を繰り返している、あの――間瀬が想いを寄せていた二和美咲だった。本当なら自分たちは間もなく30歳を迎える年齢なのに、なぜ彼女だけ18歳を繰り返しているのか。それが自らの意思であるなら、その理由はいったいなにか。最初の三年生のときに原因があるに違いないと考えた間瀬は、かつてのクラスメイトや恩師を訪ね、真相を探り始める。

 大人の視点から10代を振り返る青春小説はとくに珍しいものでもなく、ミステリとしても謎と構成だけ見ればいたってシンプルといえる。しかし一読するや、これがもう大変に素晴らしく、感激してしまった。シンプルさのなかに現代と過去のエピソードが交互に連なり、それらが重なることで新たな読みどころが増えていくストーリーテリングの妙。魅力的な登場人物の造形(とくに主人公を“サニー”と呼ぶ教頭が秀逸)。「ミステリ」をこのような形で仕立てるのかという文芸センス。そして先の先まで考え抜いて巧みに配置する手際のみならず、あからさまに見せるからこその効果まで熟知した伏線の扱い方には大いに目を見張った。

 間瀬が二和美咲にまつわる謎の真相を見抜いたあとの展開は、とくに大人の胸を痛烈に射貫(いぬ)くものだ。ひとには、大人になることでようやく気づけることがいくつもある。けれど、呑み込み、受け入れなければならないことも出てくる。年齢を重ねることに背を向けようとする者に、前に進む人生の意義を、果たしてどのように示すのか。思わず心が奮い立つ力強いラストを見届けていただきたい。







東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






Amazonライブリンク